2007/10/6

頑張る男  芸能人・お笑い

今日の「めちゃ2イケてるッ!」2時間30分スペシャル
久々の岡村隆史のオファー・シリーズであった。
この放送でかれこれ第11弾になるそうで、第1弾のSMAPのコンサート乱入編は
大いに楽しませてもらった。
そんな岡村も第1弾から10年も経っており、すっかり「おっさん」の部類に
入ってきた(笑)。
今日はそんなお話。

今回のオファー主「EXILE」は、歌とダンス・パフォーマンスで多くのファンを得ている。
そんな彼らが岡村に出演のオファーするところから、話は始まる。

いつも思う事だが、この「めちゃイケ」のスタッフの演出は秀逸で
悪く云えば「やらせ」なのだが、不思議と「やらせ」感がなく
適度の笑いを交えたドキュメント風に仕上げてくる。
今回も見事に2時間30分を、演出して魅せてくれた。

・・・とは云っても、実際に行動を起こす岡村にしてみては
大変だっただろう事は想像に難くない。
「EXILE」のダンスには、体力・パフォーマンスにアスリート並みの身体能力
必要とされるそうだが、37歳のお笑い芸人に対してどれだけ過酷な事か・・・。
これは演出だろうが、当初の予定では出番は1曲だけだったが
最終的には、予定外(予定?)の参加ということで3曲に出ている。
番組では準備期間が一ヶ月としていたが、ハッキリ厳しいはず。
(もっと前から練習している?・笑)
しかし練習風景では、お笑い以外では生真面目な岡村の姿が見て取れて
これがまた感動を呼ぶのである。
オファー・シリーズは、「笑い」と「感動」の2本立てなのだ。

体力的な限界は、ある程度の年齢を重ねた人間なら必ずぶつかる問題である。
私と年が近い彼が、その問題に真っ向から取り組む姿勢も共感できる。

岡村隆史と「めちゃイケ」スタッフには、賛辞の拍手を送りたい。
0

2007/10/4

女王様・・・哀れなり  芸能人・お笑い

「女王」というのは、最近の流行なんですかねぇ(笑)。
「ブログの女王」の「真鍋かをり」やら、「SM女王」キャラの「にしおかすみこ」
はたまた現在巷を賑わせている「女王様」キャラの「沢尻エリカ」。
その沢尻エリカが、炎上しているようだ。
今日はそんなお話。

芸能人に疎い私としては、女王様キャラの沢尻エリカしか知らないのだが
彼女は昔からこういう人だったの?
新聞・雑誌で見聞きする情報では
記者が選ぶ「2度と取材したくない芸能人No.1」だったり
「横暴さがとんでもない」なんてのがあった。
実際、女王様キャラが確立された(地が出た?)ことで
メディアの露出が多くなったのは確かで、私的には事務所の売り出し方針だと
思っていた。
キャラは全く違うが「小倉優子」が、独特な不思議キャラが受けてブレイクしたのと
同じものだと思っていたのだ。
当の小倉優子は、年齢的(23歳)に
もう、このキャラはきついと感じているようだが・・・(苦笑)。

しかし、今回の事件で事務所的なフォローが入らず、沢尻個人が叩かれているのは
何か可愛そうな気がしないでもない。
元々こういう性格であるならば、人前に出ればトラブルになるのは必然で
事務所サイドが当然教育していなければならない。
また、このキャラが売り出しの為の方針なら、暴走気味の時には指示を出して
コントロールするのが、事務所の役目であろう。
そういった面をこの事件では、垣間見る事が出来ない。
セルフコントロール出来ない沢尻エリカが批判されるのは、しょうがないことだが
同時に事務所が表に出てこないのも、卑怯な気がする。

話は替わるが、「和田アキ子」ってのは何者なの?
沢尻エリカを「しめる」って云ってたけど・・・(大笑)。
0

2007/9/15

寄生虫  芸能人・お笑い

最近、ドランクドラゴン塚地武雅(つかじむが)
メキメキその才能を開花させているようだ。
ドランクドラゴンと云えば「はねるのトびら」のレギュラーであるが
この枠に出演しているお笑いコンビは、出世を約束されたようなものである。
過去に遡っていくと・・・「めちゃ²イケてるッ!」(とぶくすり)・・・「夢で遭えたら」・・・と
放送時間は違っても同じ系統の番組である。
ちなみに「めちゃイケ」は、ナインティナインを中心に
よゐこ極楽とんぼ(加藤浩次)が出演しており
「夢で遭えたら」に至ってはダウンタウンウッチャン・ナンチャンが出演していた。
そんな出世コースに乗っているドランクドラゴンの塚地であるが
映画やドラマにも進出し、高評価を受けているのだ。
今日はそんなお話。

持っている才能を努力の積み重ねで開花させるような人間が、私は好きである。
お世辞にも彼は容姿に恵まれていないが、そのマイナス面をキャラクターとして
確立する事でプラスに転じさせている。
見習いたい面でもあるし、益々応援したくなるのである。

そこへいくと相方の鈴木拓(すずきたく)は、どうにも使い物にならない。
塚地曰く、お笑いに対して全くやる気がなく、少ないセリフを覚えることも
ままならないらしい。
そういう一面は、TVを観ている(彼は見たくないが)と常に感じられ
とても不愉快である。
そのくせに金にはうるさいらしく、ピンでドラマ出演している塚地のギャラも
折半で貰っているようだ。
しかも、それが当然のように・・・。
まぁ、実際に給与明細を見た訳ではないので真偽は定かではないが
(ネタかもしれないが)、この話題の時の塚地の表情を見ていると
あながちネタでもなさそうだ(笑)。

何故、未だにコンビを組んでいるのか理解し難いが
こんな寄生虫芸人とは、早くコンビ解消をすればいいのにと思うのだ。
0

2007/8/15

そんなの関係ねぇ!  芸能人・お笑い

私、お笑い大好きです。
大好きが講じて、ココで能書きをたれちゃったりしております。
ネタのクオリティーがどうのだの、安易な笑いを求めるなだの・・・と。
最近のお笑い芸人はそれぞれ工夫をしてはいるが、どのコンビも笑いの質は
似たり寄ったりで、結局は完成されたお笑いの「島田紳助」とか
ダウンタウンの「松本仁志」などには遠く及ばない。
今日はそんなお話。

な〜〜〜んて書いてはみたものの、最近の芸人のキャラクター作りは
昔のソレより凝っていて、不覚にも「出オチ」で笑ってしまうものも少なくない。
ただ実力とネタがついて来ない為に、単発で終わってしまうのだ。

以前、ココに書いた「にしおかすみこ」は、キャラと本人の地のアンバランスさが
面白いが、やはりネタ的には弱い。
しかしTVに出てくると、何故か笑ってしまう(笑)。

最近では物凄い勢いでTVに出始めた「小島よしお」なんかは
海パン一丁のキャラは全く意味不明。
今風に云うところの「キモキャラ」度なら、「アンガールズ」より上であろう。
ネタも大したことはないし・・・しかし、あのコミカルな動きや
「そんなの関係ねぇ」のフレーズは何故か頭に残り
限りなく苦笑に近いが何故か笑ってしまう。

私の脳味噌も連日の暑さでイカレてしまい、このくらいのお笑いしか
消化出来なくなっているのかもしれない(大笑)。
でも、そんなの関係ねぇ!
0

2007/8/10

みの王国の崩壊  芸能人・お笑い

ギネスに「生放送のテレビで世界一長い時間喋る男」と認定された
売れっ子司会者「みのもんた」。
朝から晩まで、チャンネルを捻ると「みのもんた」(笑)。
仕事のし過ぎは身体によくないというけれども、この人の場合は
「脳」に来ちゃっているかもしれないね。
朝イチの番組から居眠りをしているかと思えば
「社保庁の問題は国民の責任だ!」などとトンチンカンな発言をする。
お〜〜〜、怖っ!
今日はそんなお話。

朝から連続して帯番組を持つ人気者「みのもんた」であるが
流石に露出が多過ぎたのか? 視聴者に飽きが来ているようだ。

4月から放送が開始されたTBS「キャプテン☆ドみの」の打ち切り以降
TBS「みのもんたの朝ズバッ!」の不二家事件の発覚
日テレ「午後は○○おもいッきりテレビ」も放送終了(同枠はみの司会の番組)など
凋落ぶりが目につく。

「みのもんた」と云えば、「プロ野球珍プレー好プレー」のアテレコでブレイクした
くらいしか思い浮かばないのだが、いつの間にか文化人づらして偉そうな物言いが
鼻についていた。
その最たるものが安倍総理と合体しての前述の発言だが、仕事のし過ぎで
頭がおかしくなったのか、それとも元々おかしいのか
トンチンカンな発言のオンパレードである。

これは「みのもんた」の責任ではないが、某住宅会社のCMのセリフも
一般人の暮らし振りを知らない意味不明なもので、本人がセリフを考えたのでは
ないにしろ腹が立つものだ。

まぁ、いづれ政界に進出するのか、家業を継ぐのか・・・。
私的には、早い所ブラウン管から消えてもらいたいものだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ