2008/5/14

ハチワンダイバー(3)  似ってるブランド?

先日、「溝端 = ウエンツ」論をぶち上げたばかりだが
ヒロインのこの人にも、そのような話はあるのである。
まぁ、結論を急がず、順に話を進めていこう。

原作で描かれている「アキバの受け師」こと、中静そよという謎の少女は
こんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

これはメイド「みるく」の状態

さて、これを仲里依紗さんが演じると、こうなります。


クリックすると元のサイズで表示します

しかし、真剣師「アキバの受け師」は、普通の女性の姿でして・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

声から性格から全く違うこの2人を、仲里依紗さんは見事に演じています。
今回「似ってる・・・」の対象になるのは、「みるく」の状態ではなく
「受け師」の状態の時の彼女。
スタイルとか雰囲気から、最近CMでしか見ないこの人に
似ている気がするのですが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

見事に「悲運」の女性が定着してしまったソニンさん。

最初に躓いてしまい、それから何を仕掛けても花が開かない感がある彼女。
躓きの元も最近、獄中に行くことになり
これで躓きの元の姉共々、飛躍を期待したい所。
また昔から、何故か応援したくなる彼女。
頑張り屋の彼女だから、今後の活躍を期待します。
0

2008/5/12

ハチワンダイバー(2)  似ってるブランド?

将棋界の期待を、一身に受けた「ハチワンダイバー」
無事に、第2話の放送を終えました。

皆さん、観ましたか?

いかがだったですか?

メインキャストが素人同然ですが、ゲストや脇を固める俳優の方のお陰で
作品としては、チャンとしたものになっていると思います。

それはさておき、主人公の菅田健太郎というのは、原作ではこんな感じでございます。

クリックすると元のサイズで表示します


・・・じつに、冴えません(笑)。

この菅田を、第19回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で
グランプリを受賞した溝端淳平クンが演じると、こうなります。


クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します

イケメンの顔を、クシャクシャにして熱演中です。

おっとっとっと・・・、今回はそんな話ではなく溝端淳平クンが
誰に似ているかという話でした(苦笑)。

この熱演ぶりを観ていると、この人とダブってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

偽イケメン こと ウエンツ瑛士クン

どちらかと云うと、原作にはウエンツの方が似ている気がしますが
彼が演じると、コミカルになり過ぎるかも・・・(笑)。
対局シーンでは、ほとんど顔がクシャクシャな溝端クン。
これからに期待です。
0

2008/4/10

強面の人々  似ってるブランド?

同じ遺伝子を持つものは、どこか似た特徴を持っているものである。
私と私の親父殿は電話口の声が、人には判別が出来ないそうである。
しかし、顔はあまり似ていない・・・と思う。
逆に他人とは云え、顔の骨格が似ていると声まで似てくる傾向があるようだ。
声帯の妙である(笑)。
今日はそんなお話。

私は常々、この人たちは雰囲気が似ているなぁと思っていた。

クリックすると元のサイズで表示します      クリックすると元のサイズで表示します

小林よしのり氏          江本孟紀氏

ご両人とも、舌鋒の鋭さが「売り」である。
いわゆる「毒舌」というやつだ。
そしてこのご両人、顔の雰囲気から声の雰囲気まで、似ていると思われないだろうか?
それぞれ舌鋒の鋭さで、売り出していた時期は違うが
どちらかというと、今は鳴りを潜めているのは同じである(笑)。
また私の記憶では、この2人が対談したことはなかったと思うが
この2人に対談というより対決をさせたら、どのような展開になるのだろう(笑)。

是非、見てみたいものだ・・・・・・別にそうでもないか(大笑)。
0

2008/3/24


みなさんにも、好きな女優や俳優がいると思うが
当然、私にもそのような存在の人物はいる。
私の場合、少しひねくれているせいか(苦笑)、主役級の俳優より
脇を固める、少しアクの強い俳優の方が多いようだ。
逆に、女優の方は何故か顔が綺麗な方が多いようだが・・・(笑)。
今日はそんなお話。

そんな俳優の一人が「柄本 明」である。

クリックすると元のサイズで表示します

この人の事は、「笑っていいとも!」の前身番組「笑ってる場合ですよ!」
「劇団東京乾電池」の一員として、出演していた時から知っているが
掴み所のない雰囲気が、お気に入りだった。
その後、「志村けん」とのコントや、映画やドラマなどに出演して
益々、掴み所のなさに磨きが掛かってきた(?・笑)。
そして、その存在感は数々の賞を受賞するまでに、大きくなっていったのは
ご存じの通りである。
今や、日本の名優(怪優?)の一人と云ってもいいだろう。
さて、この人の実際の人と成りは知らないが、一目見た感じ気難しさが感じられる。
その道の頂点を行く者特有の、雰囲気と云ったらいいのだろうか?
チョッと、近寄り難い雰囲気である。
そして、その雰囲気と共に顔の方も似ている人がいる。

クリックすると元のサイズで表示します

漫画家 本宮ひろ志

今の人なら、「サラリーマン金太郎」の作者と云えばわかるだろう。
私の世代だと、「俺の空」や「さわやか万太郎」の方が通りがいいかな。
男臭い漫画を書かせたら、右に出るものはいないだろうと思う。
この人も長く第一線で活躍しているため、独特の感性と雰囲気を持っている。
やはり、チョッと近寄り難い感じ・・・ね(笑)。
0

2008/3/11

偶然の産物  似ってるブランド?

現在、私のPCの上の方には、カレンダーが飾ってある。
本当は実用的な方がいいのだが、若干ミーハー的なカレンダーである。
まぁ、今月のページは「華」があって、まんざらでもない(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します

私は競艇を電話投票で購入しているので、「TELE BOAT」からの贈り物である。
ちなみに、何故か同じものをもう一本持っているので、欲しい方は連絡下さい(笑)。

御覧の通り、3月・4月のページは「女子レーサー」のページとなっている。
右下は「寺田千恵」選手で、左上は「横西奏恵」選手である。
この両名は、男子レーサーに混じって
SGレースの優勝戦に進出した、女子レーサーである。
云うなれば、女子レーサーのトップの2人である。
残念ながら他の2人は、それほど詳しい訳ではないので存じ上げない・・・(汗)。

・・・で、この写真でいくと「横西」選手は、おしんの「小林綾子」さん
似ている感じがしないですか?
そこから、いつもの如く画像探しが始まった・・・。
しかし探せど探せど、全く似ている画像がない。
途方に暮れていると、ヒョンなところでいいものを発見をしてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

「大原由子」選手

この大原選手はなかなかの逸材で、昨年は1着どころか3着にも
入賞出来なかったらしい(苦笑)。
それはそうと、この大原選手。
この人に似ていると思う。

クリックすると元のサイズで表示します

2度目の登場、松嶋初音嬢。

私はこの娘、割と好きなのだが・・・
あんまりパッとした活躍が見られないのは、残念である。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ