2008/6/21

心の隙間  プロ将棋鑑賞会

本日、6月21日(土)に、愛知県豊田市の「ホテルフォレスタ」において
第79期棋聖戦第2局が行われた。

「佐藤康光棋聖(1勝0敗)」VS「羽生善治三冠(0勝1敗)」

もうご存じだと思うが、4日前に羽生二冠は森内名人を下し
悲願の永世名人位を獲得して、羽生三冠となっている。
悲願を達成した後の人間の心理というものは、どうなるものなのだろうか。
羽生三冠ほどの男である。
ポッカリ穴が開いてしまった、なんてことはないと思うのだが・・・。
そこへ敢然と立ちはだかるのが、佐藤棋聖である。
得意の一日制のタイトル戦、5番勝負の緒戦で快勝とノリに乗っている。
そんな相手に微妙な精神状態、心の拠り所は佐藤棋聖との相性だけか。
今回、後手番の羽生三冠は、今密かに流行中の4手目3三角戦法を採用した。
それに対して佐藤棋聖は穴熊へ、羽生三冠は飛車を振って持久戦へと突入した。
しかし角を手持ちにしての持久戦は、陣形的に云えば後手に理がある。
果たして、佐藤棋聖は誘いの隙か、或いは本当の隙なのか
角を打たせるという、大胆な作戦に出た。

クリックすると元のサイズで表示します

上図は、佐藤棋聖が▲5七銀と隙を見せたところ。
当然、羽生三冠は△4七角と角を打ちこみ、抑え込みに掛る。
焦点は先手が捌くか、後手が抑え込むかの一点になった。
佐藤棋聖とすれば、羽生三冠の抑え込みを掻い潜れば勝ちとなるので
あちこちに火種を撒き散らし、必死の手作りである。
羽生三冠の方はと云えば、成駒や金を駆使して、こちらも必死の抑え込みである。
そして一目、それが功を奏したかに見えたのだが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

先手の全ての大駒が当たっていて、羽生三冠の苦労が報われたかに見えたが
ここで冷静に▲4九飛が好手で、△5五金▲3四角とされてみると
抑え込みの裏に回られる格好となり、後手の目論見は崩壊してしまった。
こうなると、後手はもういけない。
抑え込みにいった駒が上ずってしまって、守りの役には立たないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

午後6時49分、総手数99手。

穴熊は手つかずの上、自玉は急所に手がついていては
流石の羽生三冠でも、粘る気が起きないのだろう。
▲7四歩を見て、無念の投了となった。
本局は、羽生三冠の不出来(抑え込みの方針がどうだったか)よりも
佐藤棋聖の剛腕を讃えるべきだろう。
それほど、この将棋は佐藤棋聖らしさが存分に出ていて
佐藤棋聖の代表局と云えるかもしれない。
さて、これで羽生三冠も名人戦熱から醒めて、ピリッとして来るのか。
それとも佐藤棋聖が勢いのまま、一気に土俵の外に持って行ってしまうのか。

羽生三冠のカド番となる第3局は、7月2日(水)
兵庫県洲本市の「ホテルニューアワジ」で行われる。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ