2008/6/3

誰が儲かっているのか  ひと言物申す!

ガソリンの高騰は、どうにかならないものか?
今月、とうとう170円台に突入した。
街中を走る車も、心なしか少なくなった感じがするし
実際にガソリンスタンドに立ち寄る車も、少なくなっているらしい。
軽油などはリッター60〜70円だったのが、気が付いてみると150円台になっていて
「ハイオクの値段か!」とツッコミたくなる。
これでは運送会社も、堪ったものではない(なんとか頑張って下さい、社長)。
これが「道路、道路」と云っていた、政治家達が望んでいた結果なのか?
今日はそんなお話。

このガソリン高騰の原因は、マネーゲームにあるという指摘もあるが
根本的なものは、先を見通す事が出来ない政治家の無能さにあるだろう。
このような事態を予想していなかったのか、それとも予想していたが
国民に全てを、押し付ける算段だったのか(後者の線もかなり濃いが・・・)。
何をするのせよ、常に後手後手の体たらくで、シワ寄せはいつも国民に来るのである。
まあ、この分ではリッター200円なんてのも、強ち冗談ではなくなって来たね(苦笑)。

さてここ数年、小さいガソリンスタンドが潰れているのをよく見掛けるが
このご時世においては、零細企業(こう呼んでいいのか)では立ち行かないのだろう。
それでは全てのガソリンスタンドが厳しいのかと云えば、実はそうでもないようなのだ。
現在、私の家の近所に、新しくオープンするガソリンスタンドが作られている。

クリックすると元のサイズで表示します

このご時世に商売になると踏んでいるから、出店するのであろう。
「蛇の道は蛇」なのかもしれない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ