2008/3/18

キャスティング・ミス  芸能人・お笑い

様々な事件が起きても、「出会い系」というのは無くなりませんな。
売り手市場と買い手市場のバランスが保たれている為
資本主義原理の上からも、無くなる道理もなく・・・(笑)。
しかし、これが「結婚相談所」となると、「出会い系」とは似て非なるものとなり
割と保護されるものに変わります。
今日はそんなお話。

私は独身ですが、「お見合い」や「結婚相談所」にお世話になったことがありません。
よって詳しくは語れませんが(笑)、イメージとしてこういうものというのは持っています。
「結婚相談所」というと、事務所みたいなところに行って
相手のプロフィールなどのファイルを見て、セッティングしてもらうといった
捉え方をしていますが、あながち間違いでもないでしょう。
しかし、現在はネット時代。
事務所に足を運ばずとも、ネット検索出来るようになっているようです。
こうなってくると、大して「出会い系サイト」と大差ないような気もしますね(笑)。
ただ「出会い系」と違うのは、資本も当然そうでしょうし
モグリの業者ではないので、大々的に広告を打てるというところにある訳です。
「出会い系」がAV嬢や、どこかのモデルをイメージキャラにするのと対照に
「結婚相談所」の方は有名芸能人や、アイドルなどをイメージキャラにしています。
しかしイメージキャラの選考も、各社それぞれ基準があるのでしょうが
イマイチ選考基準が、理解に苦しむところも多々ありますよね。
業者名はあえて出しませんが、イメージキャラに「さとう珠緒」
「KABAちゃん」というのは、どうも解せません。
「さとう珠緒」は現在34歳、某番組では「負け組キャラ」が定着して
「結婚」のイメージが湧かない。
また「KABAちゃん」は、わざわざ説明する必要もないでしょう。
最も「結婚」とはイメージが掛離れている人物である。
別に彼女らをどうこう云うつもりはないですよ、念の為。

ただ商品が「結婚」なのだから、広告もそれなりのイメージが必要だと思うのだ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ