2006/8/3

長兄はツライよ  スポーツ

勢いだけでは、どうにもし難い事ってあるよねぇ・・・。
昨日のWBA世界ライトフライ級王座決定戦
つくづくそんなことを考えさせられた一戦であった。
今日はそんなお話。

サッカー・ワールドカップで見通しの甘さを露呈したマスコミのバカ騒ぎに
乗せられて、ついに昨日の「亀田興毅」の試合を初めて
観ましたよ(笑)。

才能と努力は認めるが、チョッと早かったんじゃないかって云うのが
正直な感想だな。
下馬評にあったアゴが弱いんじゃないかって云うのも、1Rで証明する形に
なっちゃったし・・・(苦笑)。

初めて最初から観るんで(試合のダイジェストはある)、彼の試合の時の
雰囲気がわからないんだが、彼のインターバルの表情っていつもああなの?
恒例のリングに上がる前の儀式を済ませ、気合を入れたまでは、いつも
観る「亀田興毅」の表情ではあった。
しかし、リングに上がってゴングが鳴るまでの彼の表情は、瞳孔が開いて
いるというか、どうしたらいいんだろうという表情に見えた。
正直、いじめられっ子の顔だった。
途中のラウンドでも、親父さんに救いを求めるような表情は止まらなかった。
親父さんも、彼が弱気になったのを見抜いたんだろうな。
しきりに檄を飛ばし、ビンタで励ましていた。
相手のパンチより親父さんのビンタの方が、ダメージがあったんじゃ
ないだろうか(笑)。

彼のビッグマウスを駆使したキャラは、親父さんが彼の心の弱さをカバー
する為に作ったものじゃないのかな。
虚勢を張って強いキャラを演じることで、心の弱さが前面に出てこない
ように・・・って。
あの表情は、メンチを切っている時の人間と同じ人間のものとは思えない
もの。

こんなことを考えながらコレを書いていると、つい「北斗の3兄弟」のことを思い出してしまった。
北斗の長兄「ラオウ」は、本当の自分を殺して
己の「野望(他人の希望)」を果たそうとした。
そこには、己の為だけではなく自分より下の兄弟の模範になるように
との思いもあった。
「亀田興毅」「ラオウ」がだぶるのである。

彼には「大毅」「和毅」の弟がいる。
共にボクシングで頂点を目指しているのである。
長兄である「興毅」が、一番最初に挫折する訳にはいかないのである。
長兄はツライのである(笑)。


確かに相手のキャリアに、翻弄された試合であった。
ジャッジも私は、逆を予想していた。
しかし見所は、一杯あったと思う。
1Rのダウン後、ペースを掴めないまま12Rまで粘ってみせたファイト内容。
普通の世界戦なら、アレが本当の試合の流れなのだ。
過去の日本人チャンピオンも、皆通ってきた道なのだ。
それをマスコミに踊らされて、みんな忘れているだけなのだ。

でも今回のシンドイ試合の経験が、彼を一回りも二回りも大きくするだろう。
次の試合は指名試合になるから、その次の試合が真価を問われる
だろうな。

「地位が人を成長させる」事もあるのだから、がんばれよ!
「亀田興毅」
さあ、ここからが正念場だ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2006/8/5  15:38

 

上司たちと居酒屋で美味いモツ煮をつまみながら飲んでいました。

その店は、照明が暗くてカクテルがメインないかにも若者向けな居酒屋…ではなく
通勤帰りの渋いおじさまたちで賑わう、味のある居酒屋。 ホッピーとか標準(笑
好きなんだよなぁ… ワタシ。 後者のタイ... 

2006/8/4  1:09

 

引き篭もりオタなのでスポーツをやるのは苦手…と言うよりやらない
逆に見ているのは好きな方なので先日のW杯やゴルフの全英オープンなどを観て楽しんでるわけですが
今回の亀田興毅の世界ライトフライ級王座決定戦のTV中継…

ボクシングなんてルールとかテクニックな... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ