仕事について

2009/11/9 | 投稿者: きちゅー

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ ランキング参加中!

最近、調子がいいきちゅーです。
ノド以外は。
…まだガラガラ声っす。職場には念のためマスクして行ってます。(咳は出ないけど。)

突然話題が変わりますが、あるブログに一つの詩が紹介されていた。
吉野弘さんという現代詩人の作品です。
著作権云々という問題はあるかもしれんが、いろんなところで吉野さんの詩を乗っけてるHPがある(しかも吉野さんは快諾してるらしい)ので、それに紛れてちょっと載せてみます。
なかなかいい詩なので。
ちなみにこの吉野さんはうちの地元出身の方です。

「仕事」

停年で会社をやめたひとが

― ちょっと遊びに

といって僕の職場に顔を出した。

― 退屈でしてねえ

― いいご身分じゃないか

― それが、一人きりだと落ち着かないんですよ

元同僚の傍の椅子に座ったその頬はこけ

頭に白いものがふえている。

そのひとが慰められて帰ったあと

友人の一人がいう。

― 驚いたな、仕事をしないと

  ああも老けこむかね

向い側の同僚が断言する。

― 人間は矢張り、働くように出来ているのさ

聞いていた僕の中の

一人は肯き他の一人は拒む。

そのひとが、別の日

にこにこしてあらわれた。

― 仕事が見つかりましたよ

  小さな町工場ですがね

これが現代の幸福というものかもしれないが

なぜかしら僕は

ひところの彼のげっそりやせた顔がなつかしく

いまだに僕の心の壁に掛けている。

仕事にありついて若返った彼

あれは、何かを失ったあとの彼のような気がして。

ほんとうの彼ではないような気がして。


・・・・
どうっすか?
フツーなら、再び仕事にありついて生き生きと若返った「彼」に対して、
「いや〜よかったねぇ〜!」
と思うところでしょうが、吉野さんはそうではない。
その姿は何かを失ったあとの彼であり、ほんとうの彼ではないような気がする、と言う。

「仕事」に対して、吉野さんは日本の現代社会の「常識」とは違った見方をしている。

「オトナになったら、なんで仕事をしなきゃならないんだろう?」
と、元来怠け者の性格のアタシはコドモの頃から常々思っておりました。
そんな問いへの答えは、「一人の人間として社会に貢献うんぬん…」などとというのがが模範解答なのかもしれません。
が、ぶっちゃけ現実的に突き詰めて考えると、「仕事」って究極的には「生活の糧を得るための手段」でしかないと思うんですよね。

生活の糧を得るための手段にすぎない仕事を、それをいい感じで昇華させて、仕事を「人生の目的」にしてる人が大半だと思う。
だから、日本語の「仕事ガンバル!」とか「仕事ガンバッテル!」ていう言葉はいい響きに聞こえるんだと思う。

ただ、そんな「仕事」が手段や目的から、「生活そのもの」「人生そのもの」にすり替わってしまうと非常に危険だ。
それを吉野さんは言いたいんではなかろうか、と。

仕事がなくなると、自分が自分でなくなる。
仕事って、人生の中の一部分でしかないのに、それをとっぱらってしまうと自分を失ってしまう。

詩の中に出てくる定年後の同僚の新しい仕事を見つけて生き生きしてる姿は、美しいのではなくて、ただ単に仮面をかぶり直しただけではないか。
要するに、新しい仕事で自分の本当の姿を再び隠しただけなのだ。

アタシも、(そう)うつ病で仕事を辞めざるを得なくなった時、ひどい自己喪失に陥って、
「仕事ができないくらいなら、死んだほうがマシ〜!」
と思って、一時期余計に病気が悪化したことがある。
が、ここ数年仕事を休んで、ちょっと回復して社会復帰してる今は、
「この病気で、『仕事抜きの自分、本当の自分ってなんだろう』ってことを考えるいい機会になったかなー。」
とボチボチ思えるようになった。
療養期間は、仕事を失くしたら実は何も持ってなかった本当の自分とガッツリ向き合う時間だったのだ。

倒れる前の自分は、本を読むにしても、どこかへ出かけるにしても、何か新しいことを始めるにしても、
「仕事にもきっと役に立ちそうだから。」
と、なにかにつけ、仕事に結びつけたがってたような気がする。

しかし、そうではなくて、仕事とは全くベクトルの向きが違う趣味や目的を持つなりして、「生きている意味」を多様に持つことが、人生を本当に豊かにするんではないかなぁ。

かといって、まだ今も、そーゆー趣味や目的を探してる真っ最中なんですけどねー。

今日のネコ写真:去年の画像から。
クリックすると元のサイズで表示します
ベッタリ座り。

応援にぜひポチポチッとな!→人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ