自立支援法が廃止?変更?

2009/9/19 | 投稿者: きちゅー

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ ランキング参加中!

あ〜、今日の午後からなんとなく気分が浮上してきた。。。
暦を見たら、今日の3:44は新月であった。やっぱり新月の影響で気分が沈んでいたのか?先月といいナゾだ。
ちなみに、気分が沈んでるとはいえ相変わらず仕事は時間通りきっちりこなしているし、家のこともやってるので、前のように気分が落ち込んでいるからといって「なんにもしないでうずくまってる」わけではないです。念のため。

そうそう、今日のネットニュースで気になったものが。
障害者自立支援法の廃止表明(Yahoo!ニュース)というもの。
政権交代でなんだかいろいろ福祉政策も変わりそうだ。

アタシはこの法律にお世話になっている。
アタシの(そう)うつ病の症状は"重度かつ継続"に該当するので、心療内科の医療費と薬代は1割負担で済んでいるのだ。
(しかし実は、バセドウ病の方が検査代も薬も毎月高いのだが、こちらの病気は「障害者」扱いにはならないのでフツーに3割負担である…。病気ごとの線引きが難しいとはいえ、なんだかな〜。)

このように、障害者自立支援法は通院レベルの精神障害者にとっては、とてもありがた〜い制度と思っているのだが、実はそうではないらしい。
特に、身体障害者の重度の方からは「負担を重くする法律」として批判されている。ホームヘルプなどのサービスを利用すればするほど自己負担が増えるため、「収入がないのに障害の重い人ほど負担も重くなる」からだ。

ちなみに、この法律ができる前までは「自己負担0円〜5%」だったらしいす。
それなら、文句が出るのは当然だなぁ。。。

民主党を主とする連立政権は、この自立支援法を廃止して「利用者の応能負担を基本とする総合的な制度」を考えてるらしい。
そうすると、動けない=働けないほどの重症患者さん達は、以前の制度のように自己負担は0円になる可能性が高くなるだろう。
しかし、今のアタシのように中途半端に収入がある患者は、もしかすると今の1割以上の負担を課せられるイヤ〜な予感がする。

でも、昔のように「みんな一律自己負担0円」は予算的に難しいと思うので、通院レベルの患者の負担増は仕方がないことなんかな…。
でも、それだったらただ法律を「なくす」だけではなく、障害者の社会参加がしやすいような法整備をいろいろして欲しいとは思う。

しっかし、政権交代がこんなに早く身近に影響してくるとは思わなかった。
自分は結婚もしてないしコドモもいないから、民主党が一生懸命言ってた「子ども手当て」とか「配偶者控除の廃止」とか自分には全くカンケーない話だなと思っていたからな〜。

今日のニャニゴ:天気のいい日は玄関先で「シーサー」してる。
クリックすると元のサイズで表示します

少しずつランキングリアップ中!5位まで復活ありがとうゴザイマス。応援にぜひポチポチッとな!→人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!


↑Amazonでは11月4日まで本の配送料無料キャンペーン中ですよ!

猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ