障害基礎年金

2009/1/13 | 投稿者: きちゅー

先週末、障害年金申請書類一式が郵送で戻ってきた。
「障害厚生年金」の申請を取り下げ、「障害基礎年金」で申請しなおすことになる。

医師の診断書や受診状況等証明書、病歴・就労状況等申立書などほとんどが使いまわしできるようであった。ホッ。
ただ、「障害給付裁定請求書」だけ、「国民年金障害基礎年金裁定請求書」の用紙に書き直し。
それもほとんど内容は同じで、書く欄や○をつける欄には鉛筆で薄くしるしがつけてあったり記入されてあった。社会保険事務所の人が書いてくれたらしい。

それでもよう分からんところがあって、先週末電話すると、担当者がインフルエンザで倒れ休みだという…おおぅ。
他の人では細かいことが分からぬということで、今日改めて電話してもらった。

「傷病の発生した日」が、躁うつ病で初診を受けた日ではなく、バセドウ氏病で初診を受けた日になるので、かなりさかのぼって平成8年のことになる。
それで「傷病名」はどう書けばいいのかと聞いたら、「躁うつ病」ということで申請になるらしい。
「躁うつ病」について障害年金を受け取ろうと考えているのだから、それはそれで納得はできるのだが、平成8年時点では思いもよらなかった病名で申請になるのは合点がいかない。
しかし前の申請で「躁うつ病とバセドウ氏病は相当因果関係がある」という結果になったので、そう書くしかないのだという。
つまり、書類上では、アタシは平成8年から躁うつ病になってたことになるのだ。

「障害給付の請求事由」も変わった。
前は「障害認定日による請求」だったのが、「事後重症による請求」になるらしい。
その理由として「初診日から1年6ヶ月目の症状は軽かったが、その後悪化して症状が悪くなった」ことになるらしいからだ。
普通は初診日から1年6ヶ月目の状態で障害の実態を認定される。アタシの場合は、躁うつ病をバセドウ氏病として発症し(ここがややこしい)、1年6ヶ月目は普通に過ごせるほど回復したが、その数年後、躁うつ病の症状が顕著に現れて悪化した、ということになるんだとか。

もう一つややこしいことがあった。
バセドウ氏病の初診日が「傷病の発生した日」と認定されるのだが、その当時お世話になった母校の病院に書いてもらった「受診状況等証明書」に、「近医の眼科による紹介によって当病院を受診」と書いてあったため、初診日がその眼科を受診した日になるという。(コンタクトレンズの不具合で眼科を訪れた際に「バセドウ氏病じゃないか」と言われて大学病院を紹介されたのだった。バセドウ氏病には「眼球突出症」という症状もあるのだ。)
しかも、今これから、その眼科医に「受診状況等証明書」を書いてもらえという。
が、その当時の診察券なんてすでに持ってないし、ネットで調べたが、どこの眼科医を受けたのか、さっぱりわすれてしまって全く手がかりなし。
当時からだいぶ古い、おじいちゃん先生だったので廃院してしまったのかも…。
そのことを話したら「受診状況等証明書が添付できない理由書」という書類を送ってるはずなので、その書類の医療機関名に「不明」と書いて、理由に「医療機関名を忘れてしまい、分からないため」と書いて署名捺印すればいいというので、その通りにした。

これで、無事に書類作成終了。
申請書には市町村役場に提出、と書いてあったが、社会保険事務所宛ての切手つき返信封筒がついていたのでそれで返送した。社会保険事務所が代理で提出してくれるという。
案外親切だな。

今度審査するのは都道府県の機関になるらしい。ということは県の審査機関ということで、多少は審査期間が短くなるらしいがそれでも2〜3ヶ月はかかるという。
今度こそ無事に通って欲しいが…。

郵便で無事提出したのはよいのだが、その後、夜ゴハンを食べた後に久しぶりにゴンゴン頭痛がしてきたので3時間ほど寝て、このブログを書いている。
まだ頭痛が治らない。まさか社会保険事務所の人のインフルエンザが電話ごしにうつったんじゃないだろうね…。

今日のニャニゴ:朝目が覚めたら隣にいた。
クリックすると元のサイズで表示します

障害年金通りますように!応援でぜひポチポチっとな!→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ