5ヶ月待ってこれかよ

2009/1/7 | 投稿者: きちゅー

今日は両親揃って仕事が休みなので、3人でドライブがてら日帰り温泉と、やや高めのおいしい回転寿司屋に行ってきた。
で、気分よく帰ってきた午後3時過ぎに、アタシの携帯に社会保険事務所から1本の電話が来た。

出ると、8月初めに申請していた障害年金の結果が出たという。
やっとか、と思って話を聞いてみると、以下のようなことを言われた。

「躁うつ病ということで申請を受けたが、審査の医師たちが、躁うつ病と既往症であるバセドウ氏病は因果関係がある、という審査結果を出した。それで、障害認定日(発病した日)が躁うつ病の初診日ではなくて、バセドウ氏病の初診日になる。
そうすると、今回の手続きは躁うつ病の初診日が厚生年金加入時ということで『障害厚生年金』の手続きであったが、バセドウ氏病の初診日は国民年金加入時(大学生時代)となるので、新たに『障害基礎年金』へ申請しなおして欲しい。」と。

はああああーー!?こんだけ待たせておいてまたゼロから申請しなおしかよ!
しかも障害基礎年金として認定されたとしても、障害厚生年金より受給額が少ない(つまり厚生年金分が少なくなる。普通の年金と同じ仕組み)。
そんでまたバセドウ氏病と因果関係て…。躁うつ病が発病する7年も8年も前になった病気がなぜ関係してると言えるのか。しかも毎年血液検査をして躁うつ病発病時も再発はなかった、ということを申請書に書いたのに!(申請当時も今のようにバセドウ病は再発してなかった。)
どう考えても、国が年金受給額を減らそうとする陰謀なのではないのかと疑ってしまう。

「バセドウ氏病との因果関係があるってことが納得しかねるんですけど。」
と強く言ったら、
「一度そのように認定されてしまったので、この場合再申請しても結果は同じになると思います。。。」
だと!
「診断書を含めた申請書すべてを郵送でお返ししますので、その際に障害基礎年金の申請書も入れておきます。丸写しすれば大丈夫です。そして今度は都道府県での審査になりますので、市役所で申請になりますので云々…。」
とかなりの低姿勢声で言われたが、またあのメンドクサさとじりじり待ってる日々が再来かと思うと体がわなないてくる。

うつ病で初めて心療内科受けた時に、バセドウ氏病の既往歴なんぞ言わなければよかった…。

しかし、障害認定日が過去になればなるほどその分だけさかのぼって年金が受けられるのか?時効は5年と聞いたことがあるが、そうなると少しはもらう額が増えるのか?って、バセドウ氏病が「障害」扱いになるの?
それと障害基礎年金として再申請するに当たって、有料で取り寄せた医師の診断書は使い回しできるのか?(これが一番の気がかり。)
再申請してまた結果が出るまで3ヶ月ほどかかるらしい。くわー!(怒)

とにかく、申請書一式が戻ってきてから再度冷静に考えることにするか…。

今日のくろこ:なぜか暖房の入っていない和室をお気に召したようで。
クリックすると元のサイズで表示します
妹達が来たときに出して、しまおうとたたんでいたコタツ布団の上。

行政機関の仕事の遅さにイライラきてる人はぜひポチポチっとな!→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ