地元で美容室

2008/7/18 | 投稿者: きちゅー

先月の1日に腰まで伸ばしまくってた髪をバッサリ切ったというのに、1ヶ月半ちょっとしかもたなかった…。
自分、髪伸びるの早い??

とにかく前髪が顔にかかってジャマー!暑いしイラー!
せっかくショートカットにしたのになんで毎日ヘアバンドして過ごさなあかんねーん!!

ということで、今日美容室に行って来た。
ホントは東京でずっとお世話になってた美容師ニッシーに頼みたかったのだが。
知らない人に髪をいじられるのって実はかなりのストレス。考えただけでもイヤだ。
こういう時はマジで東京に帰りたいと思う。
でもそんな用事くらいで東京に行くカネはないのでしょうがない…。
ニッシーごめんよ。

地元で髪を切るなんて、7年ぶりくらい??

久しぶりに帰った地元は、実は美容室だらけ。
車で3分まっすぐ走ってる間に8件の美容室がある場所もあったりする。
だからここは人口10万人しかおらんのだってば。なんだこの東京青山みたいな美容室密集状態は。
(多分他県で美容師資格をとって、数年修行してカネ貯めてUターンして開業、というパターンやと思う。みんな儲かっているのかはナゾ。)

個人経営の美容室だらけでどこに行ったらいいかさっぱり分からないので、今月できたばっかりの全国展開のチェーン店に行くことにした。(HPがあって料金も事前に分かったので。)

入った途端、店内のあちこちから
「いらっしゃいませー!」「いらっしゃいませー!」「いらっしゃいませー!」

「…予約してたきちゅーですが。」と言うと、また店内中から
「お待ちしておりましたー!」「お待ちしておりましたー!」「お待ちしておりましたー!」

…あああ、これはアタシのキライなパターンや。
何か終わるたびにいちいち、
「おつかれさまでしたー!」「おつかれさまでしたー!」「おつかれさまでしたー!」
と美容師さん全員が叫ぶ美容室。
恥ずかしいし、余計疲れるからヤメテクレ。。。

受付をすると、美容師さんの経験年数によって料金が3段階あるらしい。
カットだけを頼むので「お店で一番上手な人」を頼んだ。
「男性と女性どちらがよろしいですかー?」
と聞かれたので、
「あまりしゃべらない人だったらどちらでも。」
とお願いした。

鏡の前で座って待ってたら、男性美容師さんがイキナリ横に来て片膝をつき、
「今日担当させていただきますコージです。」

と自己紹介された。
ここはホストクラブかっ。(行ったことないけど)
そしてナゼ苗字じゃなくて下の名前を…。お前はイチローかっ。
と心の中で突っ込んだが、このスタイルがこのチェーン店の特色らしい。

お願いした通り、あまり余計な話をしない美容師さんだった。
チェーン店の美容師さん、しかもできたばかりのお店なので、多分どこかのお店から転勤になってうちの地元に来たのだろう。しゃべり方も標準語だった。
地元の話もしないし、仕事なにやってんのとか余計な詮索もしない。
美容師さんの話題にムリヤリ合わせてしゃべって疲れ果ててしまうこともなかった。(これが一番コワい。ヘンなハイテンソンになるので。)
丁寧な仕事をやってくれたし、全体的には満足。

…ただ。
やっぱり初めて会った美容師さんに、話だけで「してほしい髪型」を伝えるのって難しい。
東京の美容師ニッシーなら、
「ああハイではこんな感じでどうでしょう〜。」
とぼそっとプラスアルファの提案をしてくれて、思った以上の髪型にしてくれたのだが。

どんな髪型かは…明日、1年ぶりに会うお友達カネゴンちゃんが判断してくれるでしょう(笑)。

今日のネコども:久々に日中に動くくろこを発見。ニャニゴに代わってシーサー役か?
クリックすると元のサイズで表示します

いつものシーサー役とはこの距離のようにビミョー。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ