サーファーになるで!

2006/12/28 | 投稿者: きちゅー

アタシの正式病名は、「内因性躁鬱(そううつ)病」
(このブログの題名もホントは「そううつとねこのてろてろ生活」になるんだろうな。…長いわい。)

実際の体調は、躁:鬱=2:8ってな感じで、うつうつの方が多いですが。(薬も)

ちなみに「内因性」というのは、生まれつき躁鬱(そううつ)の気質を持っているということで、健康な時は特に何もないが、ある要因(ストレス)のせいで(アタシの場合は多分…過労とかいろいろ?)、病気に発展しちまった、ということです。

アタシはそーゆーわけで、うつ病(抑うつ病)の方よりひとつ「躁(そう)」という困った要因を持ち、なおかつ「内因性」ということで、病気の引き金になったストレスを取り除いただけではなかなか病気が治りにくい、ということになります。
あと、病気が治っても再発の可能性がうつ病より高い、らしい…。イヤーン。

このブログに来てくれてる人には、うつ病の方が多いと思います。
なので、なかなか躁(そう)ってどうなるもんなのかがよく分からないと思います。

ちなみにアタシの躁状態(ハイテンソン)は下記のようになるらしいです。
※相方はん調べ

・おしゃべりになる。

・声がデカくなる。

・つまらんことで笑う。人の話に絡みつく。

・人の話を聞いてるのか聞いてないのか分からんほど相づちがうるさい。

・自分の行動をいちいち言葉で言う
例)「茶碗洗うぞ!その前にお湯沸かさな…あ、ぞうきんどこどこ?(探す)」

・話の内容が異常に飛ぶ。で、話の中身はどうでもいい内容。
 例)「ねこまた(親友)がな、遊び来いっていったんだけど、前小田原行った時ニャニゴがさぁ…あ、そういえば山形な、今年暖冬みたいやけど、くろこさんが寒がりで…でも大学んときな、キジ追いかけとったんやでぇー。」(我ながら内容がつながっとらん)

林家パー子のように楽しそうに?見えますが、あまり楽しいことばかりではないです。
あとで疲れがどっとくるし。

それと、相方はんがアタシの26日のブログを見ながらこう言った。
「あんさんな、この『おっしゃー』って部分がハイテンソンなんやで。」

えっ、そうなん!?(驚)

「普通、抑うつの人はこーゆー場合、頭痛が回復しても『あーあ。今日はこのまま横になっとるわぁ…』て、おとなしく寝てるのが普通やで。」
(相方はんはうつ病経験者です)

…低気圧のせいやなかったんか、あの激しいアップダウンは…。

まぁ、とりあえず躁鬱(そううつ)の病気は病気としてとらえてですな、しっかり治療するとして、この気質とは一生うまく付き合っていくことを身につけなあかんなぁ。
気分の波、体調の波をうまくとらえて、自分でコントロールして波乗りせにゃならん。
これは抑うつ(うつ病)の人も当てはまるかなぁと思います。

というわけで、アタシは躁+鬱やから、ハイレベルなサーファー目指すで!
しかし当分は、房総半島沖でおぼれてそうやな…。(と、相方はん。ヒドイ!)

今日のくろこさん:こちらも久しぶり!(というかお初の人も多い?)山形の実家の猫です。
(妹がケータイで撮影…が、背景しくったな、妹よ…)

クリックすると元のサイズで表示します
昼間は猫ちぐらで寝てて夜しか行動しません。
しかも、もう14歳とご高齢。ニャニゴを「うるさい若者だニャ」と思ってる!?


お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
登録ランキングを増やしました。
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ