22点で休職

2006/2/13 | 投稿者: きちゅー

今後のことを決めに病院に行くと、Y先生からいきなり
「きちゅーさんは22点です!」と言われました。
何なんだ、その中途半端な数字は??赤点やん?と思っていると、うつ病の自己診断シートの結果の点数だそう。そう言えば前に書かされてたわ。(先に言えよY先生…)

ちなみに何点までがセーフで何点からが軽度、中度、重度うつかはさっぱーり分かりません…

「22点なので(そんなあんまり良くない数字繰り返さんでもええわっ)、きちゅーさんは中程度のうつってことです。まぁ最低休職1ヶ月は必ずしてほしいですね。仕事のことはすっぱり忘れて休養に専念してください。」と言われました。
いわゆるドクターストップですな。(ちょっと響きがかっちょいいわぁ♪)

で。会社と相談してとりあえず12月一杯休ませてもらうことになりました。
12月は年末ですし、会社は一番忙しい時期です。
「なんでこんな時期に休まなあかんの〜。あーあ、迷惑なヤツって思われるわ…」と罪悪感を感じていると、上司ほか会社の同僚たちが、
「一番寒くて一番忙しい時に堂々と休めるなんて、こんなにラッキーなことはないぞ!うらやましい!そのラッキーさ(?)を存分に堪能すればいい!」
と口々に言ってくれました。
(で、みんな多分ある意味本気でうらやましく思っているに違いない…おいおい。)

そして「温泉に行け」「エステでリラックスだ」「南の島で休養しろ」だのアドバイス?を次々にくれました。
(あの、あたし病気で休むんですけど…)

でも、こういう理解ある職場環境にあたしはすごく救われてる。改めて感謝♪

Y先生には「なんなら入院してもいいですよ。食事は自動的に出るし、ラクですよ〜。」と勧められましたが、「でも、うちネコいますので…」とお断りし、まぁ近くに妹家族も住んでることだし大丈夫だろう、ということで自宅療養を選択しました。

「で、『自宅療養』って何してたらいいんですか?」と聞くと、Y先生はにこにこしながら、「心配しなくても、ルボックスを飲んでいれば2週間くらいは寝っぱなしになりますよ!別にこの薬は睡眠薬ではないんですが、今まで脳が休んでなかった分、勝手に休みます。」とのこと。

ホントかよ〜?(疑)と思ってたら本当だった…

自宅療養開始から2週間半、ゴハン、トイレ、お風呂以外一日中寝っぱなし状態!外出する気などさらっさら起きず、ゴミ出しもやっとやっと、ポストの中すら見ない状態が続きました…よっぽど疲れがたまってたんやな。びっくり。

続く…

今日のニャニゴ:だらけすぎです。まぁ気持ちよさそうだからいっか。
(実はこいつ2年前まではバリバリ外ネコだったのに、東京に来てから内ネコに専念。順応性があるというか、単に性格が内向的というか…)

クリックすると元のサイズで表示します

↓お気に召したら↓
人気blogランキング




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ