精神分析家はこう見た

2006/12/18 | 投稿者: きちゅー

週の初めの今日は精神分析治療の日。
毎週、名古屋にいる精神分析の先生に電話をかけて、自由連想で話をします。

自由と言っても、今日頭に浮かんでくるのは例の「病院の受付事件」のこと。
4日間寝っぱなしだったから、ほぼ一週間まるつぶれや。ぶー。
自分にとっては大ごと。大事件や。

「…というわけで、4日間も参ってた訳ですよおぉぉぉぉ〜。」
とほとんどグチ口調で話す。

「言われたことや言われ方自体もショックだったんですけど、もし仕事に復帰して、ちょっと批判めいたことを言われたら、また同じように寝込むことになると思うと怖い。
それと、外に出ることやバス・電車に乗ることが嫌というより怖いと思ったことは今回初めてで、自分にとってよりショックだったんですよぉぉ。」
と話した。

しかし、先生は同情してくれるかと思いきや、
相づちが
「ほーほーほ−ほー。へーへーへーへー。」
だけやんか!ゴラー!

一通りアタシの話が済むと、先生が話し始める。

「つまり、今回の出来事は、その受付の人の行動で、きちゅーさんの心の積み木がバーーンと崩されたわけなんだよ。で、それに関連すること…例えば電車とかに乗ることさえもできなくなるほどダメージを受けたんだよな。それで4日間引きこもっちゃったわけさ。」

まっ、そーゆーことですな。

「ところで『自我』って分かる?」
分かりますがな!
「じゃ〜説明してみて。」
「えっ…すいません。分かるけど説明は難しいです。」
「そりゃーそーさぁ。きちゅーさんは専門家じゃーねーからさぁ。(←名古屋弁調で…ム〜じゃあ聞くなよぉ…

精神分析学の世界では、『自我』っていうのは『心の芯』のことなんだよ。
きちゅーさんはそれがとてもナイーブなんだよ。つまり、繊細ってこと。だからうつの症状が出る、と精神分析学では考えるんだよ。」

ほぉぉ…(黙)。。。

みんな聞け!アタシはナイーブだってさ!!
よっ、アタシ繊細っ!!


…ってゴラッ、そこの知り合いの奴笑うな〜!!!

「でも4日間寝込んだくらいで済んでよかった。相方はんや妹さんの協力もあったとはいえ、もう少し前のきちゅーさんだったら、寝込むどころじゃ済まなかったと思うよ。」

はぁ?例えば??
「もっと長い間寝込んじゃって起き上がれないとか、ゴハン作ってもらっても全く食べられないとか、ひどいと自傷行為しちゃうとかね。

でも今回はそれがなかった。

上の積み木が崩れても土台はしっかりしてきたんだよ。つまり、『自我』がちょっとやそっとじゃ崩れなくなった、強くなったってことだよ。


これは、回復してるって証拠だよ。 
もっと自信を持っていいことなんだよ。


へー。そうなんやぁ。
そう分析されたか…。ニャルホド。

というわけで、そんなに気を落とさなくてもよいそうです。薬はちゃんと飲んでね、とのこと。
まっ、とにかく良い方向にいってるんだってさ。
ラララ〜♪(←現金な奴)

今日の…シリーズ:今日はネタがない!ノラ猫にも逃げられた…(泣)
というわけで、友人から送られたYouTube動画ですがオモシロいものを紹介します♪
ちょこっとですが、ニャニゴによく似たネコも登場します。しかも犬に噛まれてる(笑)

    「言葉にできない」(←クリック!注:音が出ます!)

これを見て爆笑してうつうつを吹き飛ばしましょう!
見られない人ゴメンなさい。。。


お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
登録ランキングを増やしました。
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ