2010/6/18 | 投稿者: きちゅー

この前でも書いたとおり、保育士事業の社員さん達は皆、来月20日付で「会社都合による退職」をしてもらうことになった。
そして、社会保険関係もそういう手続きで社労士さんにお願いした。

が。
そこまでやっといて、シャチョーが
「細々でいいから保育園事業を続けたい。」
と言い出した。

うちの地元、実質的に待機児童はゼロ状態。
だから、親側が保育園を天秤にかけて選びたい放題、てのが現状っす。
都会では考えられないことであるが…。

しかし公立保育園が多いので、土曜日は保育時間が短いとか、希望日だけ一時預かりといった需要には対応してくれないところがほとんどらしい。

でも、うちの保育園は当日飛び込みで一時預かりもOKなのよね〜。
少しの熱くらいだったら、保育士が近くの小児科に連れてくよ、みたいなノリだし。
まぁそこが一番のウリだったので、親のいろんな都合で週2〜3日だけ定期的に一時保育として来ている子が多い。
そういう子たち(需要)をバッサリ切るのが惜しくなったかシャチョー。。。
(なんだかんだいってもある程度設備とか育児用品、玩具は一通りカネかけて揃えたしね。)

そもそもうちの保育園閉鎖の発端は、シャチョーがハローワーク(以下ハロワ)で求人募集を出そうとしたところ、
「10人ハロワ経由で一気に雇ってくれたら、国から給与補助金が○年間どっさりもらえるよ。」
と言われたことらしい。(シャチョー曰く「そそのかされた」らしいがw)
ただし、いくらハロワ経由でも新卒者と縁故者はその10人枠に入れられないそうな。
しかし、うちの地元で事業を始める際に新卒者を一人つかまえてた&社長の縁故者の入社をすでに決めてたそうで、
「少し多いかな」と思いつつ、1年くらい全員の給料は補助金でなんとかなるだろうと10人採用した。(アタシはその中の一人。)
だが、園児がまだいないのに、イキナリ正社員の保育士(+保育補助)を6人も採ったのはさすがに多すぎ。。。
しかも、ドッサリ出るはずの補助金がフタをあけてみたら全く足りない…という有様だったんだとさ。

保育士を選んでクビ切りするより、全員一斉解雇の方がカドが立たない(?)と思ったらしい。
で、シャチョーの思惑として、また再雇用しようと陰で数人に根回ししてるっぽい。
が、保育園事業にはドシロウトのシャチョーの発言に、この短い期間でも散々振り回されてきた保育士さんたちが、
果たして残るのかー・・・?

イナカは悪いウワサが広まるのが早いからな〜。
ただでさえ「東京人が経営してる」ってだけで、このドイナカはマイナス要因だからな〜。

とにかくアタシは保育園が存続してくれたら個人的には大変うれしい。
一時はヘコんだが、ちょっとは望みがあるかな〜と思って、今日は園庭の草抜きをして前に園児たちがポットに種まきしたヒマワリを地植えした。
ヒマワリが咲く頃に保育士はもちろん、コドモもいてるのかは謎だけどね。

今日の猫写真はお休み…。

応援にぜひポチポチッとな!→人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

★アマゾンが今、購入金額に関わらず、なんと全商品送料無料!(好評につき延長中♪)


猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中




AutoPage最新お知らせ