2010/1/12 | 投稿者: きちゅー

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ ランキング参加中!

昨日の夜、「ハリー・ポッター」シリーズ第一巻(賢者の石)の映画DVDを見た。
実はこんなに有名な作品なのに、見るのは初めて。原作も全く読んだことなし。
ただ、主人公ハリー演じるのはダニエル・ラドクリフで、友人の魔女ハーマイオニーはエマ・ワトソンという女優さんで、実際彼女はとても頭がよくて名門大学の合格通知を複数もらって、アメリカの大学を選んだ、ということはなぜか知っている。(こりゃ単なる芸能ネタか…)

年下の友人(平成生まれの高校生)が、
「きちゅーさんがハリー・ポッター見たことないって!?あれはぜっったい面白いから(映画を)必ず見るべきだ!」
と何度も力説するので、とりあえず借りてみた。

うんうん、なるほど確かに面白い。
魔法のファンタジー物語だし、かつイギリスの寄宿舎学校のスクールライフの要素もうまく取り入れてるし。
原作はもっと複雑なんだろう。映画は2時間半と短いので、ややぎゅうぎゅうに内容を詰め込んだという感じに思えた。

原作も読んでみたいかも。
ウワサで日本語訳版はちょこちょこ誤訳が多い、とも聞いたことがあるので、直接英語で読んでみても楽しいかも。
でも魔法用語とか特殊な単語が多くて難しいかな。それと児童文学なのに挿絵が全くないって本当なんだろうか。

ただ。
こういうファンタジー作品によくありがちなんだが、
元々才能を持てる者と持たざる者の明確な違い…。
がひっかかる。

まず、魔法を持てる種族と魔法を持たない種族。
作品の中では魔法を持たない普通の人を「マグル」と呼んで差別する場面がある。
あと、魔法使いの中でも元々血筋がよい(魔法をうまく使える)のと、血筋がよくなくてやや才能が劣るのと。
ハリーは血筋が良くて、生まれながらにずば抜けた魔法の才能を持っていて、魔法界では赤ちゃんの頃から有名人(しかし自分は知らない&才能にあまり気づいてない。)、という設定。
そりゃーアンタ多少苦労はしても最後は報われるわ〜。
ま、それが物語として面白いとこなんだろうけどね。
(ある意味「のだめカンタービレ」の話も似たようなところがありますね。のだめ&千秋に非常に高い音楽才能ありき、の作品だし。)

やっぱ世の中持ってるもん勝ちなのかなー。
まぁ現実世界では、
「一体自分が何を持っているのか」
を探すのがまず一番の一苦労なんだろうけど。
「自分は実は何も持ってない」というのを知ると、夢や希望が高かった分だけかなり落胆するんだよね…。(なんだか離職後のアタシの心境そのものだな。。。)

楽しい作品なんだけど。
コドモだったらそんなつまらん裏を考えないで、もっと無邪気に楽しめる映画なんだろうなあぁ。

と言いつつ、続きをまた借りて見てみようかなとは思う。

今日のニャニゴ:最近奴は寝てばっかなので、写真撮ってもオモロない。奴ももう年なのかにゃ〜。
ので前の画像をば。

クリックすると元のサイズで表示します
食べた後とトイレの後はなぜか必ず爪をとぐ。(くろこもそうだな。)

応援にぜひポチポチッとな!→人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

★アマゾンが今、購入金額に関わらず、なんと全商品送料無料になってます!(いつまで続くか分からないけど)★


猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中




AutoPage最新お知らせ