2009/11/19 | 投稿者: きちゅー

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ ランキング参加中!

アタシではなく、ニャニゴです。

夕方、丸まって寝てたところをムリヤリ拉致りました。
そして車で10分ほどのかかりつけの獣医さんに到着〜。

最初は心細いのか、怖いのか、それともムリヤリたたき起こされた不満からか、「ニャー」と鳴いていたが、獣医さんとこに着いたらまな板のコイのような心境になったのか、なんだか急におとなしくなった。

待合室にてしばし待つ。

その間、同じく猫を連れてたオバちゃんと歓談。
オバちゃんの猫(メス)は一週間前に避妊手術をしたらしく、今日は抜糸だと。

話してる間、長靴姿でいかにも農業が職業だぞといった体のオッサンが入ってきて、受付でカリカリフードを買っていた。
ナント、2キロで3000円以上(税込み)…高いぃ!(犬用か猫用か分からなかったが。)
そうしたら、オバちゃんが、
「んまー2キロで3000円だと!」
と待合室中に聞こえるような大きい声で言って、外を見た。そしたら、オッサンが買い物を終えてちょうど自分の車(軽トラ)に乗り込むところであった。
そしたらそのオバちゃん、その様子を見て、
「見て見て! 動物さはすごいカネかけったんさ、人間は軽トラだよ!人間はかなり質素な生活しったのー!!」
と大笑いしていた。
ま、まぁ軽トラで高級なフード買いに来ても別にええやん…。

その後ニャニゴの診察だったのだが、体重を量ったら、なんと2.45キロ…3キロ切っとる(汗)。そりゃー軽いハズだわ。
先生も「なんだかやつれましたねー。」と。ううむ・・・。
口の中も診察されて、
「これはかなりイタいでしょうねぇ。」と。

猫の口内炎というのは、まだ完全に原因が分かっておらず、今のところ治療法もないので、対処療法でいくしかないのだとか。
あと、口内炎になる猫の半数はやはり猫白血病か猫エイズが発症してる可能性が高いのだとか。ニャニゴは親不明の元ノラ猫だからその可能性は高いかもな…。これも発症したら治療法がないので、どうしようもないなぁ。
それと、急に悪くなったのは、最近の「寒さ」が原因かと。
寒いと、いつもは口内炎に対処している体内の抗体?が寒さ対策の方に持っていかれてしまい、口内炎が悪化することが多いとな。
「夏は比較的大丈夫だったでしょ。」
と言われ、確かにそうだな〜と。

まず食欲を戻すことが先決なので、注射をすることに。
看護婦さんから手際よくエリザベスカラーを巻き付けられ、横にさせられ、手足を抑えられて、
「ちょっとこの注射は痛いからゴメンねー。」
と先生が言ったと同時にニャニゴのお尻にブスッとな!

ギャーと叫んでた・・・これはかなり痛そうだな・・・。

「今日の夜か明日の朝くらいには薬が効いてきて、食欲が出てくると思いますから、その時はおいしいものをたくさん食べさせてくださいね〜。」
との先生の言葉通り、夜にはカンヅメをパクパク食べてた。
ちなみにこの注射は1週間〜10日近く持つという。その後また悪くなるようだったら飲み薬を出すと。(この注射以上の強い薬はないという。)

家に帰ったら、いつものようにリビングのヒーターの前の「ニャニゴ基地(湯たんぽ入り)」で丸まってた。
でも、家族中から
「ニャニくん、今日は大丈夫だったかー!?」
とかわるがわる抱っこされたり、なでられ続けて少し忙しかったようだ。

これからもっと寒くなるから、薬が効いてる間に少しでも体重が増えるといいんだけどね。

今日のニャニゴ:獣医さんとこに出発前の様子。
クリックすると元のサイズで表示します

応援にぜひポチポチッとな!→人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中




AutoPage最新お知らせ