2009/9/12 | 投稿者: きちゅー

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへランキング参加中!

タモリの名言の中で、自分が年を取ったことを実感する瞬間について、

1.甲子園球児が年下になる
2.横綱が年下になる
3.校長先生が年下になる

というのがある。

恐ろしいことに、2.までは既に体験してしまっている…。(白鵬なんて9歳も年下だよ〜ギエェ。)
最近、衆議院選挙の候補者で自分と変わらない歳の人が何人もいてビビってたりしてた。衆議院て立候補するだけで300万円かかるんだよ…スゲーなぁとか。(実際は政党から補助金が出て、本当の個人負担分てのは少ないんだろうけど。)

そうでなくとも、この働き盛りの大半を病気とともに過ごしているアタシは、歳をとるという悲しさを人の数倍も強く感じていると思う。

特に、アタシの今の仕事は自分の年齢の半分くらいの年下を相手にする商売なので、日ごろから自分の年齢(世代)をかなり身に染みて実感せざるを得ない。
こないだは話のネタで「山瀬まみ」を話題に出したら「誰だか分からない。」と、真顔で言われ、本当に悲しかった。
山瀬まみ、ホリプロなんだよ山瀬まみ。(なんとなく一句。)

そんな何もせずに歳を取ってることに対してヘコみぎみのアタシが、今日テレビを見ていて、
「あ、自分はまだいける、大丈夫。」
と思った瞬間があった。
それはいとうあさこを見たときだった。
「朝倉南、39歳です!」の自虐リボンネタをやる女芸人さんだ。

(↑このYouTubeも著作権とかですぐに消されそうな予感がするのでお早めに見てください。ちなみにこの画像ではまだ38歳ですね。)

いとうあさこより年上の人、ゴミンナサイ・・・。

今日のニャニゴ:もうこんなに寒くなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

最近、来訪者の数はあまり変わらないのになぜかランクがガタ落ち気味で悲しいです!応援にぜひポチポチッとな!→人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中




AutoPage最新お知らせ