2009/8/6 | 投稿者: きちゅー

この前、仕事へのモチベーションが高いようなことを書いたが、実は現在のアタシ自身そんなことはない。
まぁ仕事ですから、自分が引き受けた以上はそれなりの高いクオリティで労働力を提供したいと思ってはいますよ。

現在のアタシの仕事は簡単に言うと登録・派遣型である。
仕事が受注されると、事務所から連絡が来てこちらに仕事がやってくる、という仕組み。
仕事をいったん引き受けると、ひとつの仕事は1日2時間、週2〜3回ほどなのであるが、たいてい1月〜3月まで継続して続けないといけない。冬に向けてだんだん忙しくなる。
それなりに勉強や準備が必要な仕事でもある。(これでだいたい職種が分かったでしょうか。分かってもコメント欄には書かないでくださいね。)

夕方〜夜の仕事が多いこの業種に珍しく、今現在アタシが引き受けてる仕事は午前中〜お昼過ぎくらいのもの。これで週5日働いている。1日4時間程度。
アタシはこの今の状況に満足している。
復職間もないし、「ムリして働かず」が今年のモットーだから。

がっ、この事務所が最近、アタシにどんどん仕事を入れようとした。
突然夜に電話をかけてきて、
「次の仕事きちゅーさんで決まりましたから、先方に今日明日中に連絡して日程と時間を決めてください。」
という。

…派遣の仕事って、フツー、仕事の細かい内容とか、仕事に行く先方の状況とか、アタシに前もって知らせるなりして、根回しとゆーか打診とかしとくもんじゃね?

てか、もうこれ以上労働時間を増やしたくないし、その先方の内容じゃ、アタシはクオリティの高い労働力を提供する自信が全くないよ。

ということで、
「もうこれ以上仕事いりません。」とお断りした。

らっ、案の定、次の日事務所で1時間近く「なんでですかどうしてですか」攻撃された。
先方はアタシ宛に仕事がじゃんじゃん来てるのに、なぜじゃんじゃん働いてじゃんじゃん稼ぎたくないのか、甚だ疑問&不満らしい。
しかし、最初の登録の時に「週3〜4日で」と伝えてあったのだ。それが今は週5日働いている。
しかし、ここで意見というか見解がアタシと違ったのは、事務所の考えでは、「週3〜4日勤務=8時間労働×3〜4日=週24〜32時間」という考えだったらしいのだ。
しかし仕事の性質からいって、1日8時間ぶっつづけで働くことはまず不可能。それと、ある程度1日で日銭を稼ごうとすると、その分移動時間や調整時間がかかる。しかもそういった時間は時給が全くもらえないから、拘束時間だけが長くなる。

「断る理由がどうしても分からない」と何度も言われるので、仕方なく、
「心理的にいっぱいいっぱいなんです。」と言った。
そしたら、
「体調が悪いのか、精神科とか行ったことがあるのか。
と聞かれた。

・・・。
アタシは今の病気を事務所には話しておりません。

「なんだか知らんが使えない奴」と思われたかもしれないが、そもそも自分で仕事量を決められると聞いたから今の仕事を始めたわけだし、時給制のテンポラリー・ワーカーなのに移動や準備や勉強、先方へのやりとりや書類作成なんかで自分の時間がとられるし、ぶっちゃけ時給がもらえる時間以上はできるだけ仕事に関わりたくないし、仕事のことは考えたくないよ!

と、「心理的に負担」という言葉だけでいさぎよく断ったのいいが、来たのは大うつの波。
アタシが断りさえしなければ、人並みに働けさえすれば、世の中うまく回るんだろうな〜と思ったり。

昨日〜今日の夕方までうんうん苦しんでおりました。。。
でも、手元にあったジェイゾロフトとデパスを飲んだらちょっと落ち着いてこのブログを書いてる。

病気隠して社会復帰もくろむのも、なんだかしんどいなー。。。

今日の黒吉:ねこまたから黒吉の写真をもらったので掲載。お久々〜。
クリックすると元のサイズで表示します
何やってんだ…。

応援にポチポチッとな!→人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中




AutoPage最新お知らせ