2009/2/23 | 投稿者: きちゅー

先週の暖かさとうってかわって寒っ!

今日は仕事。
いつもの自分のデスクを離れて、作業用の長机で黙々と台車(家庭用)に山積みされた書類を整理していた。

ら、突然隣で別の作業をしていたバイトのおばちゃんから、
「ねぇねぇ、前の人の咳気になるね。なんだかやだよねー。」
と話かけられた。
その突然の問いかけに
「はあぁ?」
とすっとんきょうな声で答えてしまった。

そう。アタシは作業机の前に人が座ってて、こちらに向かってゴホゴホ咳をしてることに全く気づいていなかったのだ。
その人は作業机にパソコンを設置するべくゴソゴソしていたのだが(外部の人)、おばちゃんに言われて存在に初めて気がついた。
まぁパソコンが新しく増えたなぁとは思っていたけど。
その人がトイレかなんかで席を外したときに、おばちゃんが賛同者を得るべくアタシに話しかけてきた、という。

「あぁ…咳ですか…。」
というと、
「まー気付かなかったの?あんなにヒドい咳1時間近くもしてたわよ。うるさいし、こっちになにかうつりそうだし、マスクぐらいしてほしいもんだわー。」
と、おばちゃんはべらべらしゃべり終わった頃に、その咳の人が戻ってきたので話題は打ち切りになった。

言われてみれば確かにすごい咳だ…半分何か吐きそうなくらいひどい咳。これに1時間も気がつかなかったのか自分…。
てか別に時間に追われる仕事でもなし、大した時給でもないのにムダに集中しすぎだろ!

あーまた周りが見えなくなってしまっていたわー。
こんなんだから倒れるのよね。イカンイカン…。
それにあんまり仕事に没頭してると、自分に「近寄るな邪魔するな」みたいな余計なカベ作ってるみたいに見えるだろうしー。

と、作業机での仕事が終わって自分のデスクに戻ったら、隣の席のおねえさまが
「あ〜なんだか今日の天気は気が滅入るわねー。こんな時は『サンタルチア』が歌いたくなるわよねー。」
と、突然『サンタルチア』を歌い始めた。(ナゼ…?)
そしたら、向かいの若い20代前半の男子社員が
「その歌なんですか?中国の歌ですか?」
とのたまいやがった!
「えっ!サンタルチア知らないのっ!?中国じゃなくてイタリアよっ!義務教育の音楽の時間で絶対やるわよ!一般常識よ!」
「いや〜やりませんでしたよ。聞いたこともないですよ。」
との2人のやりとりを聞きながら、このくらい雑談が聞こえるくらいの気楽さで仕事をしよう、と思いつつ、今の20代はサンタルチア知らんの知らんの…?と内心ものっすっごく気になってしょうがなかった。

↓万が一『サンタルチア』知らない人のために。昔、音楽の授業で日本語で歌った記憶が。

なぜ初音ミクの音源しかないんだよ…。

小田原ねこまた実家のネコ:お初。最近、この家の猫になりましたタマちゃん。
クリックすると元のサイズで表示します
でっぷりモチモチしてて触りがいアリ。黒吉より1歳くらい年上だと思われる。多分元どっかの飼い猫。引っ越しかなんかで捨てられた可能性あり。マッタクこんなかわいい猫を〜。

集中しすぎ没頭しすぎは躁のもと!ぜひポチポチっとな!→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中




AutoPage最新お知らせ