2009/2/19 | 投稿者: きちゅー

今日は朝から甲状腺専門病院に行ってきた。(バセドウ氏病のため)

この病院のHPを改めて見てみると、再診の診察時間は午前8時からやっているのだが、受付スタートがなんと午前6時から!!
なんだそりゃー!めっちゃ混んで(実際かなり混んでる)かなり待たされるからそんな早くから受付してんの!?と戦々恐々としつつ、でもまぁ今日は仕事も休みやしと意を決し、待ち時間対策のため本を2冊持って出かけて行った。
といっても、到着したのは午前10時過ぎ。(まぁ朝はいろいろ忙しくてそんなに早く家を出られんのですわ。)

着いたらすぐに血液検査をする。
検査結果が出るまで約1時間かかるというので、前に聞いたアイソトープ治療の説明DVDを見に医療相談室へ行き、15分間ほど見る。

で、それから20分ほどだらだら本を読んだりし、さてそろそろ診察室がどこかくらいは決まってるかな〜と、だいたいの順番や診察室が分かる機械に診察券を通すと、順番が出てくるどころか
「もうすぐ診察です。」
と出てきて、すぐに放送で番号と名前を呼ばれた。

いやいや、検査してから1時間も経ってないんですけど。早っ。

で、すぐ診察。それから本を読む間もなくすぐ会計(機械で)。そして院内薬局で薬をもらって終了。全部終わって11時半頃。
混んでるわりかし、パッパパッパと事が進むのが早い病院ということが分かった…。
この素早さを他の甲状腺診察してる病院も見習ってほしい。山形の内科の3時間待ち(しかも血液検査結果は4〜5日待ち)は明らかにヒドすぎる。

ところで診察なのだが、
「アイソトープ治療希望しまーす。」
ということを伝えようと思っていたが(詳しいいきさつは前回2/7ブログ参照)なんだか担当医(前と同じ先生)の態度が明らかに違う。
なんと、アタシの血液検査の結果がすべて正常値に戻っているというのだ。

「再発して、薬飲み始めて2か月くらいで正常値に戻ったっていうことは、積極的にアイソトープ治療なんてしなくていいかもしんないね〜。」
とな!
なんだよ!人がだいぶ考えて、医療相談室で念入りに説明まで受けて、妹にまで治療費の金策相談までしてきたのにそれかよ!
「アイソトープは再発しても治るのにかなり時間がかかる人にはお勧めなんですよー。でも甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の反対の症状(甲状腺機能低下症)になるリスクも3〜4割あるんです。そうなると、亢進症よりは身体的にも費用的にもラクなんですが薬を一生飲み続けないといけない。
だから、こんな風にすぐに正常値に戻っちゃうくらいなら、低下症のリスクを考えるとわざわざアイソトープまでしなくてもいいと思うんですよね。」
と。

そ、そうっすか…。
まぁ実際アイソトープをするとなると、海藻絶ちを1週間以上続けないといけないし(甲状腺ホルモンの原料となるヨードを取り込まないようにするため)、治療後も甲状腺ホルモンの値が落ちつくまで半年〜1年くらいは1か月に1回は検査しなきゃならんメンドクササもあるし、実際その検査の度にカネもかかるしね。

家に帰って妹に報告すると、
「専門の医者がやらんでいいっていうなら、別にわざわざやらんでもいいんでない?」
と妹も言うので、今回は結局、アイソトープ治療は見送ることにしましたー。

ヒャッホー治療費のカネが浮いた!(実際はカネがないので、そもそも浮くカネなどないのだが。)

一番びっくりしたのはお会計。
血液検査までして、お代が薬代込みでたったの1300円で済んだ。
普通、甲状腺の血液検査費は一般の血液検査より高く、3000〜5000円ほど取られるのが普通。プラス診察費と薬代を取られる。
これも専門病院ならではのコストパフォーマンスのよさってこと?

でも、薬がゼロになるまでしばらく半月に1度の通院は続くよ…。(正常値に戻っても薬は急にやめられないため。ここら辺は(躁)うつ病の薬と似てるね。)

くろこさん画像:東京は毎日青空だが東北は雪だとか。くろこは寒がりだから、ねこちぐら(ホットカーペットつき)で縮こまってるだろうな…。
クリックすると元のサイズで表示します

病気が1つずつ治るのはよいね!ぜひお祝いにポチポチっとな!→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中




AutoPage最新お知らせ