2009/2/10 | 投稿者: きちゅー

昨日の靴の汚れは、義弟が貸してくれた革製品用クリーナーと、あらまぁさんがアドバイスしてくれた通り除光液(妹の)でにゃんとか無事とれました!
しかし底についたのはあまりにもベッタリなので、厚い部分はカッターで削り落として、あとは見えないからまぁいいやくらいにしときました…。

さてさて、今アタシは妹宅に安寧として居候しておるが、一時期は妹一家と仲が険悪になっていたことがある。
それは、明らかに躁うつ病のせいであった。

このブログを昔から読んでいる方は知っているかもしれませんが、アタシがまだアパートにニャニゴを抱えて一人暮らしで休職&自宅療養していた頃、具体的には躁うつ病を発症して初めての夏頃だったと思うが、アタシは体調の波が激しくて、具合が悪い時はもはや自分で食事を作れないくらいだった。

それを見かねた妹が、「夜ゴハンだけでもうちで食べたら?」と言ってくれたのだ。
それで、そのご厚意に甘えて毎日夜7時に妹宅にお邪魔してごちそうしてもらうことになった。

妹宅までは歩いて5分という近さ。
しかし、当時一日中ほぼ寝たきりで過ごしていたアタシは、夜でも午後7時という決まった時間に決まった行動を起こすのがツラかったのだ。

2週間くらい経ったある日、とうとう起きて妹宅に行けなくなった。
心配した妹が電話をかけてきて、
「今日は刺身だよ。イキが悪くなるから早く来てよー。」
と言った。
しかしアタシはあまりにもダルくて頭がもうろうとして何を言ったか分からない。

しばらくして、妹が様子を見に家にやって来た。
なのに、アタシはそれを迎えるのに玄関に立つのもやっと。
具合が悪くてやっと、というより、気分がすごく落ち込んでいて、と同時にものすごくイライラカッカしていたのだ。
体は具合悪いのに、気分は明らかに悪い方の躁状態。
それで、妹に、
「なんで具合が悪いって言ってんのに家に来るんだ、もうほっといてくれ!」
とかなんとか、そんなことを言ったような気がする。

妹から見れば、心配して見に来たのになんで怒られなきゃならんのかと怒り爆発。
アタシは躁状態に任せて、
「そんなに心配でゴハン食わせたいんなら、夜ゴハンをタッパーにでも入れて持ってこいやー!」
と暴言を吐いた(ようだ)。
それには妹も、
「アンタ何様のつもりなの!もうほっとくからねっ!」
とカリッカリに怒って帰って行った。それを聞いた義弟もかなり怒ったらしい。

数日経って、躁状態から覚め、我に返ったアタシは自分の態度や言ったことを激しく後悔した。
世話を焼いてくれる妹&義弟に悪いことをした…というのもあったが、それより怖かったのは、もうかわいい姪っ子たちと会わせてくれないんじゃないか、会えないんじゃないかということだった。
それで、戦々恐々と思いっきり低姿勢でおわびのメールと電話を入れたのであった。
そうしたら、あっさり、妹と義弟は許してくれたのだ。

躁うつ病は、人間関係を崩壊させる危険性があるというが、ホンマにそうだったのよ。
もし、姪っ子がこの世に存在してなかったら、妹とは絶縁していたかもしれん。「子はかすがい」というのは夫婦間だけの話とは限らんのだ。

ちなみに、アタシの尋常ではないキレ具合に、怒りと共により心配になった妹はその後、うちの親に電話して相談していたらしい。(あといろいろ躁うつ病について調べたらしい。)
そこから、きちゅーは自分の世話もニャニゴの世話もあやうい状態だ、ということが実家にもバレてしまい、秋にはニャニゴは山形に引き取られることになり、アタシは山形に帰るのがイヤなので元相方さん家に本格的にお世話になる、という流れになったのであった。

・・・今振り返ると懐かしいね〜。

躁うつ病の症状がほとんどなくなった今、妹宅にはできうる限りのことをやりたいというのは、いろいろ前々から心配かけてる&世話になっていたからなのだ。
まぁ今も世話になりっぱなしなんだけどね。

今日の児童画:小1かーの書いた絵。かわいい絵の中に一つだけ意味不明なものが。なんでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します
妹は「カブトムシとかじゃね?」、アタシは「ナウシカのオームだろ!」と自信満々に答えたが、どちらも間違いであった。

・・・答えは「お魚だよ」。全く分からんって…児童画は奥が深い。


躁うつ病は良くなるのだ!ぜひポチポチっとな!→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中




AutoPage最新お知らせ