2009/1/6 | 投稿者: きちゅー

元々ちょっとやそっとのことでそうそうヘタレたりはしないアタシではある。それでも躁うつ病のせいでちょっと気弱になっていたのだが、最近はほとんどそんなこともなく、世間は不況だなんだとガナリ立ててる中で日々穏やかに過ごしているこの頃。

しかし、昨日の夜のネットニュースで久々にガツンと衝撃を受けた。
それは、『ウエッジウッド(Wedgwood)が経営破たん』のニュース。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090105AT2M0502O05012009.html
負債4億ユーロ(約500億円)…。ヨーロッパ経済は悪い悪いとは聞いていたがこんな老舗が潰れるまでとは。

ご存知とは思いますが、Wedgwoodは英国(アイルランド)の高級伝統陶磁器メーカー。英国王室御用達でもある。
↓ウエッジウッドコレクション。誰もが一度は見た柄があると思います。
http://www.wedgwood.jp/#/our_products/product_category/cup_collection/

ウエッジウッドのカップを初めて見たのは大学生の頃。大学の近くにこじゃれた喫茶店ができたというので友人と行ったときのことだ。
コーヒーか紅茶か、当時何を頼んだのか忘れてしまったが、注文した飲み物が皆違うカップで出てきたのだ。
その喫茶店のオーナーが言うには、陶磁器が好きで、マイセンだとかウエッジウッドだとか欧米の陶磁器を集めて、この喫茶店を開いたらしい。
アタシのカップはウエッジウッドで、白地に青と銀のふちどりで竜(ドラゴン)が描かれていた。初めて見るその美しさに頭をガーンとたたかれたような、そんな衝撃を受けた。
その後自分で百貨店なんかをはしごして調べてみたら、一客2万円はするシロモノであった。(その当時はネットで手軽に調べるなんてできなかったんすよ。)
もっと衝撃を受けたのは、友人の一人が
「あ、そのカップうちにも同じのがあるよ。うちのお母さんウエッジウッド好きで、専用の食器棚を買ってその中にいろいろたくさん集めてるよー。」
とサラリと言ったことだ。
その友人宅は北関東の某県でガソリンスタンドを何軒も経営してるようなお金持ちだったのだが。。。うちの実家には5客セットで数千円の安いコーヒーカップしかないのに、あるところにはあるんだな…と格差を感じたもんである。

で、いつかお金をためてウエッジウッドのカップを買ってやろうと思っていたが、一客も買わずに今の歳になってしまった。
アタシが迷ってるその間に、ウエッジウッドは百貨店の隅っこ鎮座ましましてる商売はやめてしまって、ジャスコやら家電量販店やらで安いセットを売るようになり、格式をガクッと下げてしまったので、アタシの購買意欲を逆に鈍らせてしまったということはある。
まぁそんな商売するようになってからなんだか内実はヤバそうだなとは思ってはいたが、結婚式の引き出物では相変わらず人気が高いらしいし、さすがに潰れるとは思ってなかった。

若い頃に衝撃を受けるほど感動したものがこの世からなくなるかもしれないという危機を見ると、かなりの衝撃を受けるもんなんだな、と思ったのでした。

どっか救済してくれるいい企業が現れるといいにゃ。。。

今日のニャニゴ:ねぐらで半分ネボケ。
クリックすると元のサイズで表示します

ウエッジウッド好きもマイセン好きもぜひポチポチっとな!→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中




AutoPage最新お知らせ