2008/12/12 | 投稿者: きちゅー

「スピリチュアル【spiritual】」と一言で言うと簡単だが、日本語にすると、「精神的な」「霊的な」「魂の」などと、意味が全然違った訳語が複数出てくる。

まぁ半分日本語になりつつある「スピリチュアル」、アタシはけっこう好きだ。
もちろん、拝金主義的に霊世界の認識を強要したり、現実社会を破壊するような行動等は論外である。

身体と精神のバランスがとれてこそ真の「健康」だとよく聞く。
特に精神に限って言えば、考え方とか思考のよりどころが健全であれば、精神は健康といえるのではないか。(ここでいう「健全」とは「科学的」という意味とは異なる。)

まぁ難しいことを言ってるけれども、前に「言霊(ことだま)」のことを書いたと思うが、簡単に言えばそういうんが好きなんである。

スピリチュアルな観点から精神病をとらえ、考える人がいる。
そんでまた自己のスピリチュアルな力をもって、他人の精神病を治そうとしてる人がいる。

単純におもろい。興味が湧く。
そんな人たちのブログやサイトをいくつか見ている。
彼らはあくまでも誠実で、スピリチュアルな視点だけではなく、きちんと西洋医学の知識も持って対応している(らしい)。

その人たちがみんな繰り返し言ってることは、おおざっぱにまとめると、「考え方を前向きに変えなさい」ということである。(躁うつ病患者の場合、あんまり前向きすぎるとハイテンソンになるのでその辺舵取りは要注意ですが。)

スピリチュアルな法則によると、悪いことを言ってると悪い未来が訪れる、ということらしい。

なるほど、やっぱ言霊って重要やね。

と思ってると、あるスピリチュアルな人のブログに、
「金融危機は終わりました。日本経済は死にません。」
と書いてあった。

ぶっちゃけフイタwww。だって今、経済危機まっさかりやーん。

けれども、その人が言うには、
「マスコミは悪いことばかり誇張する傾向が直らない。これから景気が悪くなるとすれば、それは真の金融危機の影響ではなく、マスコミの風潮被害だ。」
とな。
まぁ確かにそういう一面はあるかもな…。

情報過多な今の時代、情報の取捨選択能力が大切になってくる。どの情報を信じるか、それによって自分の立ち位置はもちろんのこと、精神状態まで左右するかもしれない。

自分の芯を1本、きちっとしたものを持ちたいものだ。どんな状況にもブレない、調子がよいからといってホイホイ流されないような強い芯を…。
と思うのでした。

今日のニャニゴ:足の毛が気になるのねん。
クリックすると元のサイズで表示します

スピリチュアルな情報選択は重要やなぁ〜と思った方はポチポチっとな!→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中




AutoPage最新お知らせ