2008/12/5 | 投稿者: きちゅー

昨日、一人で昼ゴハンを食べてたら、冷戦中のおかんが突然帰ってきて5千円をテーブルに置き、
「車がないと検査行けないんだろ。」
と。

先日の「手がふるえる」件だ。
バセドウ病再発の可能性があるので、おかんから「金をやるから血液検査に行ってこい」と言われていたのだが、例の言い合いでおかんとは冷戦状態になり、そのことはもう反故にされたかと思っていた。

仕事は午前中だけだったのか?よく分からんがありがたくお金を頂戴し、車を借りて検査に行ってくることにした。

甲状腺疾患に詳しい内科の個人医院に行った。
午後の診察は3時から。その15分前に着いたのだが、待合室はすでにいっぱい。
受付で「診察番号18」という札をもらった。まぁちょっと待てばすぐ順番だろう…と思ったら、呼ばれたのは午後6時過ぎ!
いくら初診とはいえ、病院でもない個人医院でこんなに待ったのはおそらく初めてではないだろうか…。

看護婦の問診から、医師の診察とエコーで首の甲状腺の検査(30秒で終わる)、血液採取と全て終わったら7時近く。
医師の見立てでは、甲状腺は特に腫れてはいないが確かに手が震えている、血液検査の結果は来週には分かるのでその結果次第と。

まぁ予想通りだな…血液検査の結果はすぐに分からないところがメンドクサイ。

が、予想外だったのが診察前に量った体重。
日ごろ体重を量る習慣はあまりないのだが、体重計の数字を見て自分の目を疑った。
なにもしてないのに1ヶ月で4キロも減ってる!!!(怖)
おかげで体重が40キロ前半。別に食べる量が減ってるわけでもなく(むしろ逆)、過酷な運動をしてるわけでもないのにどうしてなのか。モデルでもないのに痩せる必要なんてない。痩せてるとみずほらしいから逆に太りたいくらいなのに。

家に帰って、もう一度ボロ体重計で量ってみると、やっぱり間違いではなかった。
ちなみに、急激な体重減少はバセドウ氏病の病状の一つとも言われている…。

今飲んでる青木さん(アモキサン)でも手や体のふるえが出るというので、まぁ多分それだろう、安心するために血液検査すればいいだろうくらいに軽く思ってたのが、とんでもないところで不安になってしまった。。。

おおお、早く来週になって検査の結果を見たい。そして早く安心したいよ。

ちなみに、おかんとの冷戦はまだ終わらず。検査の件はおかんから言いだしたことなので勧めないわけにはいかない、というところか。
ゴハンなどは作ってくれたりはしてくれるので、それはありがたく思うことにして、おかんがアタシと話したくないんだったらまぁそれでも別にいいや、と思う。

今日のニャニゴ:真上から。頭クルクル。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中




AutoPage最新お知らせ