2008/7/24 | 投稿者: きちゅー

ヤフーオークションに出品するには、月額有料会員費(Yahooプレミアム会員)として294円近くとられる。
しかも、1つ出品するたびに出品料として10.5円取られる。
落札されなくても、この2つの料金はとられるのだ。結構イタい出費だ。

今日もお昼前からいくつかオークションに出品する手続きをしていた。
らっ、お昼を過ぎたらイキナリ「出品料0.0円」。

ぬわにっ!と画面を見たら、今日の正午から明日の午後7時まで出品料が無料になるキャンペーンが突然始まったのだ。
そんな告知事前にあったかー!?てか、「プレミアム会員」なんだから、メールかなんかで知らせてくれてもいいんじゃないのっ!?

正午前に出品した数品…てか数十円…損した。
でも、不用品はまだまだあるので俄然張り切って出品出品♪

もっと出すもんはねぇがー!
とナマハゲ調(それは「泣く子はいねぇがー!」だ)で探してみると、押入れに懐かしいような赤いファイルが。

開いたら、なんと高校時代に文通してた子の手紙が綴じられていた。
なつかすぃぃーーー!!

その子はなんとブルガリア人。
そうでつ。当時、つたない英語で文通をしていたのであります。
おかげで、英語長文を読むのが苦痛じゃなくなった覚えがありんす。

彼女は、ブルガリアの首都ソフィアに住んでいる同い年の高校生で、イギリス留学の国の推薦生になるほどの才女だった。
日本人でも知らんような田舎に住んでて、英単語を覚えるのにヒィヒィ言ってるアタシとは雲泥の差。
お互いに写真や「今流行ってる曲ベスト」というテープ(時代を感じる)を作って交換したりした。
ちょうどドラマ「101回目のプロポーズ」が流行っていた時期だったので、その主題歌(チャゲアスね)を送った記憶があるな。
彼女からもらったテープ、実は今でも持っていて本棚の引き出しにある…。でも手紙はどうしたっけかなぁ〜と思っていたら、昔のアタシ、案外マメに整理して押入れの奥にしまっていたのだ。
エライぞ昔のアタシ!

アタシは「国際文通の基本例文」みたいな本を買って、ほとんどそれを丸写し(汗)していたのだが、彼女は流暢な英文で身の回りのことを書いて送ってくれた。
両親は離婚してお父さんはいない、お母さんは歯科技工士で働いている、弟がいる、イギリス留学の件は最終段階で落ちてしまってがっかりしたこと、大学入試の不安などなど…。
(なぜかお互いコイバナには縁がなかったな…。)

アタシが一足先に大学に受かって(日本は入学が4月だからね)、「おめでとう!」という手紙をもらったっきりで文通は終わっている。
当時、ブルガリアは社会主義国から資本主義へと激変していた時期で、それがうまくいけばいいのだが、当時はどんどん物価が高くなり、生活が苦しくなり…という時代だった。
手紙をもらうたび、便箋の質が落ちていくのが分かるのだ。紙まで値上がり。そして質の悪い製品。
それを「ごめんね」と文中で謝る高校生…。

当時、日本はバブル時代で世の中ウハウハ状態。この同い年の子の環境の違いを思い出すと今でも泣けてくる。(別にアタシはウハウハではなかったけどさ)

彼女は無事に大学に行けたのかどうかは分からない。
んで共に33歳(今年で34歳)。なにやってるのかにゃー?
結婚はしただろうか?コドモはいるのかな?仕事は何やってるのかな?
まさかアタシと同じく離婚してたりして…(と縁起でもないことをwww)。

さっきBSを見たら、「ブルガリアの旅」みたいな内容を流していた。
今は政局も経済も落ち着いているみたいだ。そしてなかなかキレイな国〜。
なんとヨーグルトに塩コショウを入れて飲んでるよ!(驚)

オークションよりも英語を勉強しよう…。(ブルガリア語はムズいしね)
最近英語サボりがちだった。。。(このブログでも以前紹介したiKnowサイトとか…1週間近くログインしとらん。)

住所は変わっていないかな?
いつかまた働いて、お金をためて、東欧ブルガリアに行ってみたいの〜。

その前に、手紙をかいてみようか…。久々に英語で…くわぁ。
またいい感じにやりたいことが増えてきたぞー。

今日のニャニゴ:こう見るとニャニゴちっせー!
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!




AutoPage最新お知らせ