2008/3/31 | 投稿者: きちゅー

今日は久しぶりに朝食を食べて、家の車を借りて市役所へ行った。
転入届を出して、5年?6年?ぶりに地元民に戻りました。
正直、『振り出しに戻った』という感じっす…。あーあ。

国民健康保険証も新しくなったということで、地元のクリニックに行った。
実はそこのクリニック、むか〜し一度だけお世話になったことがある。
7年前くらい前、まだ「うつ病」とか「心療内科」「精神科」という単語が今よりも一般的でなく、ちょっと世をはばかる感じだった頃であった。

当時離婚のゴタゴタの最中、当時の夫と
「言ってることオカしいから医者行って見てもらえ!」
「いや、そっちこそ頭オカしいから医者行けっ!」
とかなんとか言い合いになり、
「じゃあアタシがまず医者に行ってオカしくないことを証明してやる!」
と、当時地元にできたばかりの心療内科クリニックに行き、先生に、
「アタマは全くおかしくないけど、ちょっとうつ症状みたいだから軽い薬を出してあげるよ。」
と、軽い精神安定剤をもらって終わったのであった。
(ちなみに元夫は結局行かなかった 怒)

その時に行ったクリニックの先生がけっこうよかったので、地元にいる間はここにお世話になろうかと思います。
てか、うちの地元、総合病院の科を含めて、心療内科(精神科)の件数、たった6件しかないよ…。
しかも県立病院の精神科は他県の病院から先生が週一回来るだけ。
典型的な医療過疎地の我が地元。。。

東京の源一郎(仮名)先生からの紹介状を持って、いざ出陣!
昔はガラガラだった待合室は、けっこうな人数の患者さんが待ってる。

地元の先生はゴツくて、一見「接骨院の先生か?」という感じの風貌。
源一郎(仮名)先生の紹介状の内容を見て、一瞬凍りついていた。

「…読めますか、先生?」
「…なんとか。」


そう、源一郎(仮名)先生からの紹介状はバッチリあの解読不能に近い乱筆の手書きであったのだ。

アタシの昔のカルテがあったらしく、
「いやー、あれからいろんな所に行っていろいろやってたんだねぇ。」
とな。ほんまにそうですねぇ。
「でも今、うつ病の人のしゃべり方じゃないなぁ。」
と先生。
「ああ、それは昨日から姪っ子と妹が東京から遊びに来てるから、ちょっとハイになってるかもしれませんね〜。」
とアタシ。
コドモがいるとハイテンソンにならないかい?アタシだけ?

源一郎(仮名)先生の処方箋を見て、
「マイスリー(睡眠剤)は躁うつ病の人には普通処方しないんだけどなぁ…。」
とポツリ。
えええ!!源一郎(仮名)!!(もう呼び捨て)
シロートには分からないがなんだかいろいろあるんやなぁ〜。

とりあえず、今までと同じ薬で2週間様子を見ることに。
まぁいい先生(多分)がいてヨカッタヨカッタ。

今日のニャニゴ:姪っ子(左は新3年生のひー、右は新1年生のかー)と一緒♪
ひーはドラマ「薔薇のない花屋」の雫ちゃん役の子役さんに似てると言われます♪
かーは多分新一年生では一番大きいと思われ…。アタシより食欲アリアリ。
そんな2人にニャニゴはけっこうなついてる。


お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/29 | 投稿者: きちゅー

昨日のネタですが。

夜、NHK教育の健康番組で「うつ病について」の内容がリクエスト再放送してた。
はー、やっぱり現代の注目度の高い病気なのねん。
その中に、珍しく躁うつ病も取り上げられてた。
ちなみに、躁うつ病の正式名称は「双極性気分障害」といいます。ややこしやー。

で、ゲストに呼ばれてたのが俳優の萩原流行
この方です→クリックすると元のサイズで表示します
ウエスタンカーボーイ姿で出てた…NHKのおカタい番組なのに。めっさ浮く浮く。
なんでこいつが?と思ってたら、彼もアタシ同じ「躁うつ病」なんですってー!!
知らなかった…。

「躁(そう)のときはお金バンバン使ってましたー。」
と萩原さん。
おおお、アタシがうつで倒れる寸前と同じ症状だ…。ハイテンソン。
(つまり、アタシの病気はうつで倒れる前からすでに始まってたことになります。)

「うつの時は体が動かなくなって、本読み(台本の読み合わせ)にも行けませんでしたー。」
とな。俳優としてはもう致命傷やん。

それでも今、元気に(多分)役者をやってる。
すごいなぁ。完治してんのかどーかは番組では分からなかったが、ここまで回復できるもんならバンバンザイやん。

躁うつ病で有名人といえば、作家の故中島らも氏、北杜夫氏が有名ですね。
この二人は自分で「躁うつ病だもーん。」って言ってましたしね。
(てか、北杜夫って元々精神科医だよな…。)

あとは、夏目漱石、三島由紀夫、外国人ではゲーテ、ゴッホ、ヘミングウェイ、チャーチル首相などなど。
でもここら辺の方々は躁うつ病でなくて「うつ病」という説もあるけど。

…て、ここまで書いて躁うつ病の有名人て、女がいないではないか!
女性も活躍して欲しいなー。

で、話は180度変わりますが、今日テレビで初めて「ハリーポッター」なる映画を観ました。
原作読んでないので映画の展開の速さに「???」となりつつも、案外おもしろかったす。
たかだか児童文学やーん。本買うのにナニ行列作っとんねん。
と「読まず嫌い」しとったが、なかなかこれはバカにできない。

で、何が言いたいかというと、この「ハリポタシリーズ」を書いた作者のJ・K・ローリング女史(英国人)は、外国のポルトガルで結婚・出産・離婚を経験し、娘を連れてイギリスへ帰ったものの、シングルマザーではなかなか生活ができず、貧しくて生活保護を受けていたとか。
その上うつ病にまでなったらしいです。
その中で「ハリポタ」を書き、今の大成に至ります。

うん、素晴らしい!
て、ハリポタ本読んだことないくせに、こーゆー裏話は知ってたりするアタシ。

まぁ言いたいことは、うつ病や躁うつ病を患っても希望はあるな!てことです。
目指せ!病気持ち有名人!!(なんか違うか。)

「そんな夢見る前に、起きてちゃんとゴハン食べろ!!」(byおかあ)
ハイ、そうですね…。

今日のくろこ:梅咲く春なので、ピンクの風呂敷で包んでみました。
クリックすると元のサイズで表示します
今日東京はのお花見日和だったそうで…。こちらは冷たい雨でした。さむー。

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/28 | 投稿者: きちゅー

おかあに、
「あんた、最近ぬけがらのように見えるわ〜。」
と言われた。

ずっと見ていたドラマが年度末で次々と終わったからか。
(ああ、毎日の楽しみが…)
東京の桜が満開というのを聞いたからか。
(こっちは梅止まりです…)
郵送で手続きしていた転出届が前住んでいた区の役所から届いたからか。
(あーもう東京都民じゃないや…ガク。)

春になっていろいろ動き回ってるように見えるアタシだが、人に言われて初めてやっとカラダが動く状態なのは去年あたりと変わらず。

今一番困ったちゃんなのは、気力と食欲が出ない。
朝、目が覚めるのはいいが、
「あ〜〜、どうせ起きても何にもやることもないし〜〜。」
と思って、朝食も食べずに二度寝してしまう。

いや、やることは考えればあるんすよ。
ネコトイレをきれいにするとか、庭の草ひきとか、障害年金の申請書を書くとか、いろいろ。
でも、ダルくてカラダが布団にぴったりついて離れない〜。
そして昼食も食べずに午後過ぎまで寝てしまう。

で、おかあが夕方から仕事から帰ってまだ布団の中にいるアタシを見つけて、
「まだ寝てんのかーーーー!?」
と驚かれる。
「お願いだからゴハンは食べてくれ〜。」
と言われ、朝食?昼食?をモグモグ。
その後で夜ゴハンを食べられればいいが、お腹がいっぱいの時は家族と食べず、夜中に一人で食べることもある。

お願いされて食事するってどうよ、自分〜。何様や。
てか、お腹がそもそも空かないんだよにゃ。

「せっかく入院して身につけた規則正しい生活はどこ行ったのー?」
とおかあ。
確かに。。。でも、入院前よりは全然いいのよこれでも。

「おっし、明日こそは何とかするどー!!」
と夜に思っても、朝にはどんよりしてしまうのー。

あさってには妹と姪っ子たちが来るから、なんとか生活を立て直さねばの…。

今日のネコ写真:くろこに逃げられてしまったので後でアップします…

代わりに、といっちゃなんですが、地元の山紹介。
クリックすると元のサイズで表示します
鳥海山(ちょうかいさん)です。別名「出羽富士」。標高2236m。東北で2番目に高い山です。
山すそが日本海にすーっと入ってこれまたキレイ。
富士山よりも女性っぽくて好きだにゃ。富士山の形は完ぺきすぎて違和感感じる。


お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/25 | 投稿者: きちゅー

天気もよいのに外に出ず、家の中でぐうたら過ごしていたら、夕方5時に突然ケータイが鳴った。

「きちゅーちゃん、落語に興味ある?今から行かない?」
なんと、こないだ会ったばかりの大学時代の友人うっちぃからであった。

うっちぃと一緒に行くハズだった友人が、突然の高熱で行けなくなったという。
てか、今日落語を見に行くことをうっちぃはすっかり忘れていて、アタシに電話する直前に高熱の友人からゴメンナサイの電話をもらって、初めて思い出したという。

「誰が出んの?」
と聞いたら、
「えー誰だっけかな。有名な人だよ。今から自分の分のチケット探してそっちに迎えに行くから待っててー!」
と、おうおう大丈夫かいな的状況の中、とりあえずこちらは外出の準備準備。

車に乗せてもらってから聞くと、内容は「林家木久扇 独演会」でした。
あの、「笑点」に出てくるボケ役の黄色い袴の人です。去年「木久蔵」の名前は息子にあげたんだよな確か。
東京にいたくせに上方落語ばっかり聞いてた。(吉本の舞台を元相方はんとよく見に行ってたので必然的にそうなった)
江戸落語は久しぶりに生で聞くなぁ〜。

場所は隣の市の文化ホール。
通常は国道を使って40分くらいかかる距離を、開演まで時間がないからとナント高速道路使用。10分で着いた。おおお、うっちぃ大丈夫か…(彼女は前にも書いたが県教員です)。

会場は満員!
ぐああ、久しぶりにこんな多い人を見たよ!しかもほぼ熟年層。
席は自由席。ギリギリに着いたので、うっちぃと座席がバラバラになってしもた…。

林家木久扇が出る前に、お弟子さん2人が前座。
最初のお弟子さんは多分まだ20代。誰でも知ってる「じゅげむ〜…」のネタをやってたが、まだカミカミ。
二人目のお弟子さんは真打ちかな?すごく上手でした。師匠までネタにし、津軽三味線まで弾いてた。
あるイミ師匠より上をいくのではないか!?

そして、とうとう木久扇登場!
いやー3人比べると、階級?で袴(着物)の品質の違いが遠目でも分かるね〜。
「帽子をかぶって駅前を歩いても誰もいない〜。気づいてもらえない〜。」
と、ご当地を早速ネタにしておった。
そうっす、ご他聞に漏れずと隣の市もうちの市も駅前はシャッター商店街なんだよにゃ…。

内容は、うーーーむ、自分は上方落語のほうが面白いかなぁ。
江戸落語はちょっと毒が強すぎな気が。人を小バカにして笑わすというか。
上方落語も人を蹴落として笑かすけど「バカ」にはしてない気が。
落語家によって違うんかな?
それか自分、大学院時代に関西に染まりすぎたか?
木久扇はんは「関西弁が嫌い」とはっきりおっしゃったのを聞いて、ちょっと悲しくなった。
まぁ生粋の東京日本橋生まれの人はそう思うのも仕方ないのかもなぁ。

でも、久しぶりに聞いた生の落語は楽しかったす!

夜ゴハンに、うまいパスタのお店に連れてってもらって、また家まで送ってもらいました。うっちぃありがとう。
ちなみに、春休みといえども県教員は休みがないんですってよー。でもなんでまた平日に落語をー…??

最近、うつうつもなくなってよい感じ。相変わらずグータラはしてるが。
今日久しぶりに人ごみに出て、これで明日も体調が大丈夫だったら回復基調はホンモノ!?

と思って去年のブログを見たら、春に体調が良くなって会社に一時復帰してた。
で、梅雨にダウンしとった…。
長期的に物事は見なアカン。

あ、ちなみに「きくぞうラーメン」は開演前に売り切れちゃったらしくて買えなかったす。残念。

今日のニャニゴ:奴の定位置は実はこんなハンパなとこだったりする…動線が交わるところ。かなりジャマ〜。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/24 | 投稿者: きちゅー

うっちぃと久しぶりの外出をして、次の日に多少疲れが肉体的に精神的に来るかな…と警戒していたが、杞憂に終わった。
目覚め快適〜感激♪

で、外で何かガサゴソ音がするので窓を見ると、仕事が休みのおかあが庭仕事をしていた。おお、ガンバッテますな。

おかんが昼過ぎに、片手ナベが壊れてホームセンターへ買いに行くというので、ついていくことに。
車に乗る時にふと庭を見ると、牛ふん堆肥が土の上に撒かれていた。
「…おかあ、堆肥は土と混ぜないとイミないよ。」
と言うと、
「あ、そうなの?知らなかった。ヒマな時混ぜといて。」
と。…そうなると思った。

行ったホームセンターは冬の間だいぶ改装し、売り場拡大して最近全体オープンしたのだった。改装オープンしてから行ったのは初めて〜。
片手ナベと日用品を少々買い込んでから、ガーデンコーナーへ行ってみようということに。
おお、新しい&広い!うちの地元では一番の広さではないだろうか。

おかあが、
「ここに来た記念に何か植物を買っていこう!」
と珍しく財布のヒモを緩める発言をした。
でも、残念ながら品揃えと品質は従来のホームセンター止まり。欲しいモノがなーいーわーぁ。(←めっさヤな客)

でも、唯一目に止まったのがこれ。
『モンステラ・デリシオーラ』。略して「モンスちゃん」。
クリックすると元のサイズで表示します
780円。品質や大きさの割にはまぁお買い得やね。かなり若い株で葉に切れ込みが少ないからやな。
しかし札には値段と「特別特価商品」としか書いてない…いくら安くても植物名くらい書いとけや!!だから植物の流通業は手数料ばっかりとりやがってなんちゃらかんちゃらと消費者に文句言われるんだー!(業界人ココロの叫び)

「あと行きたい所ないか?」とおかんが聞くので、
「あー、気になる花屋があるから見たいなぁ。」とお願いしたら連れてってくれた。
そこは、こないだうっちぃと行った台湾飲茶の店の中の花のアレンジをやってたのだった。
アレンジの仕方と花材がうちの地元では見たことのない、イナカ離れして洗練されたものだったのだ。

やはり、アタシが地元を離れている間にできた花屋であった。小さな小さな花屋。
店頭に仏花を置いていない、中の花の置き方も都会のオサレな花屋と同じ。
絶対東京で修行した人がやってるに違いない。

早速中に入って見る。いやー、今までの地元の花屋じゃ見たことのない花や品種が置いてあるよ!
お店の人に自然と、
「実はアレンジを別のお店で見まして〜。東京かどこかでご修行なさったんですか?」
と聞いてるアタシ。
お店の人は最初ビックリしてたが、アタシが働いてる(た?)会社の名前を言うと、ナルホドナットク的な顔をしてにこにこ答えてくれた。オーナーはやはり東京の有名老舗店で修行したらしい。
「切花はどこから仕入れているんですかー?」と聞いたら、「プ○○○ージさんからですよ〜。」と。やっぱり東京から仕入れているのか。地元じゃこんな変わった花材は入らないもんなー。(ここら辺はかとんさんあたりが分かってくれればいいです 笑)

20分ほど和気あいあいとお話して、最後にはしっかり名刺交換。
…て、ああ結局仕事?営業?しとるやないか自分!!

おかんはい、つの間にか車に戻っていた。
そして、
「アンタはよくしゃべるなー。」
と。
そう言えば仕事をしてる自分て親に見せたことなかったなぁ。

そして今日。
雨が降っていたが、体調も気分もとてもよろしおす。
春とともに回復基調に乗ってきたかな?

今日の黒吉とたぬー画像:ニャニゴとくろこもこうなってくれればなー…と淡い夢。というかムリな話だよな。。。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/22 | 投稿者: きちゅー

いっつも「東京帰りたい、帰りたい」と言うてるアタシですが、今日は地元の話をば。

昨日、いきなり大学時代の友人であるうっちぃから、
「明日ねこちゃんたちの顔見せてもらいがてら遊びにいっていいかな?」
と、メールをもらった。

うっちぃはアタシが住んでる市の隣の市出身で(本当はそのまた隣の町出身だったが『平成大合併』でいつの間にか隣の市になってた)、そこで教師をやっているのだ〜。
センセーだどーセンセー!!

前にもお誘いをもらったのだが、まだ寒かったのと体調がイマイチだったので断ったのだった。
でも、今回は体調万全!
こないだのおかんとの「庭いじり権利」の件はアタシが2日間引きこもり&フテ寝断食をして、一応解決した(?)し。

さっ、ネコらをキレイにしとくか〜。
と、急遽コロコロカーペットで毛づくろい。(←嫌がられる上にあまり効果ナシ)

うっちぃが車で家まで来てくれた。
実は会うのはもう6年ぶりくらい?アタシが離婚した年に会ったっきりだから。
あとはどっちも基本無精者なので、年賀状でやりとりのみでお互いの生死を確認しとった…。

うっちぃは変わってなかった〜!
まずニャニゴとご対面〜。
アタシの布団でぬくぬくしていた奴をひっこぬいて、抱っこ♪
…そしたら、ニャニゴめ、キャラに似合わずイヤイヤをしおった(怒)。
多分、うっちぃの実家でもネコ(名前は「ちゃちゃ」)を飼ってるので、多分そのニオイが服についていたためだろうと思われます…。

次に、くろこさんと対面。
うっちぃとは学部は違うが大学寮で一緒だったので、若い頃のくろこさんの存在を知っているのだ!
(ええ、くろこさんは大学寮で飼っていたのですよ、ええ…。当時の寮母さんすいませんね。)
でも、くろこさんは元々人嫌いなので暴れて終わり…ああ…(泣)。

うちの実家はぐちゃぐちゃしとるし、耳の遠いおばば様がうろうろしてるしで落ち着かないのでもう早速外へ出ることへ。
天気がいいいぃ〜。やっと地元で梅が咲きました…。

お昼を食べようと思っても、アタシ、地元の店全っ然分からん。
と思ったら、うっちぃがめっちゃ詳しいこと!
「インド人がやってるカレー屋があるよ!」
とのことで、そこに行くことに。

本場のカレーが好きで、東京で元相方はんとお店を開拓したり、毎年代々木公園でやってる「ナマステ・インディア」まで行ってたが、まさかこの山形県のはじっこでインド人のカレーが食べられるとはな!
「ナンがびっくりするほどデカいんよ〜。」とうっちぃ。

出てきたら…ほんまにめっちゃデカい!今までに見たことないデカさじゃ!!
長さが手の先からひじまであるんですけど。幅はテレビのリモコンくらいある。
しかもサフランライスまでついてる。
そして、ナンはお代わり自由。て、食べられましぇん。。。
で、土曜日なのにフツーにランチサービスをやってて、サラダとドリンク(アタシ達はラッシーを頼んだ)付き。カレーはもちろんめっさウマー♪

で、お値段800円です!安い!!やっていけるのか!?
東京だったら、このボリュームだと軽く2000円以上は取られるな…。(もちろんナンのお代わりなしで)

次に、カフェに行くことに。
地元のクーポン券付きフリーペーパーでよさげな店があったので、そこへ行くと。
なんもない住宅地にポツンと一軒。
恐る恐る入って、メニューを見る。
うーん、パフェがないなぁ。と思うと、「ありますよー。」と。裏メニューかっ!
写真が置いてあって、そこからも選べるらしい。
アタシは3段重ねでカシスアイス付きのパンケーキ、うっちぃはチョコパフェを頼むと、
「時間がかかるから〜。」
と、コーヒーがタダで出てきたっ!なんだそりゃ!
(コーヒー、メニューに載ってるやん!?)

飲んで食べてダラダラしゃべってると、
「残り物で悪いんだけど〜。」
と、キウイと生クリームがはさまったミルクレープが出てきた!うまいっ!
コーヒーのお代わりもくれた。
おいおい、やっていけるのかー!!
もちろん、お代はオーダーしたもののみ。
ちなみに3段重ねのパンケーキは500円という安さであった…。考えられん。
クリックすると元のサイズで表示します
↑500円のパンケーキ。カレーも画像撮ればヨカッタ。

もうこのまま夜ゴハンも一緒に食べようぜ、ということになり、うっちぃが収集しているたくさんのお店の名刺から、台湾式飲茶の店をチョイスしてくれた。
でもけっこう食べまくってるし、お腹がいっぱいなので、軽食と台湾のお茶を楽しむことにした。

オーナーが台湾の人らしく、メニューを見るとかなり本格的だ。
お店の人が台湾式(中国式)のお茶の入れ方を教えてくれた。
…いつの間にか地元はオサレな店が多くなったなぁ。
そして、やっぱり値段がめっちゃ安い!!
やっていけるんですかー!?東京じゃ何千円もとられるよ…。(そればっか)

「イナカもいいでしょー?このままいたらー?」
と、うっちぃ。
ううむ…。と調子に乗って臨時教員の空き具合まで聞いてしまった。
(アタシ実は中学と高校社会科の教員免許まで持ってるんです…ホンマ、ムダだのぅ。)
ちなみに臨時教員の空きはいつでもウエルカム状態らしいです。山形県…。
(実際、社会科はどーだか知らんよ。)

最後に、うっちぃの住んでるアパートの家賃を聞いてビビった。
1人暮らしなのになぜか3LDKに住んでる彼女。
外に物置、駐車場2台分(消雪機能付き)、窓は2重サッシで、東京(区内)の1Kの家賃の平均額より2〜3万も安かった。

お昼に待ち合わせして、別れた(というか家まで送ってもらった)のが夜の10時半過ぎ。少し、おごってもらいました。。。(ううう、スマンよ。)

いやー、旧友との再会は楽しかったす。
今回帰ってきて初めて「ああ、イナカもいいかもなぁ。」とちらりと思った。
天気もよかったしね。
うっちぃ、ありがとう♪

今日のわんこ(お初です):実家の隣の家の犬。確実に10歳以上です。番犬ですぐ吠えるがアタシにはなぜか吠えない。(うちのおかあとおとうは吠えられる 笑)
クリックすると元のサイズで表示します
名前は「アダム」です。最初のニンゲンの名前をつけるってどうよ…バチアタリちゃう?

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/20 | 投稿者: きちゅー

昨日の朝早くに、おかあにどやされて起きた。

朝っぱらから何だ〜?と思ったら、何年か前におかあが買って来て植えた多年草を、こないだの庭いじりでアタシが勝手に抜いたことに激怒しているのであった。

はー?
こっちは植物のプロとして何年キャリアがあるのか知ってんのか。

枯れ枝で突っ立ったままのハーブを庭のフロントに置いたままで平気っちゅー美意識が分からない。
抜く時も、もちろんちゃんと確認しましたがな。枝はパキパキ簡単に折れ、根っこは腐っておもしろいほとよう抜けたんや。
あれのどっから「春に新芽が出る」っちゅーんや。寒さにやられたのが一目瞭然。

最後には、
「あんたがいなかった5年間、庭を管理してたのは私なんだから勝手にいじるな!」
とな。

…ぴきっ。

実家を今の場所に建てて11年、新興住宅地特有の砂だらけの盛り土に、腐葉土と堆肥を混ぜて土づくりをし、花壇を作り、基本的な樹木と多年草を植えて今の庭の原形をコツコツ作ったのはアタシだぞ。

といっても、実家の土地はアタシの名義じゃないし、いじるな言われたらしゃーないわ。
もう絶対いじらないことに決めた!
頼まれたって草ひきはしない!水やりもしない!アタシに関係ない庭だからな!

というわけで、「園芸作業療法」もあっけなく終わり〜。

根無し草(アタシ)はフワフワフ〜な感じで、気持ちの居場所がない。
それがまたハラ立つっ!

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/18 | 投稿者: きちゅー

今日は晴れ。
猫らが外に出たくて、にゃんにゃがにゃんにゃが朝からウルさいので、ドアを開けてやると。

ほんわりあったか〜。珍しく風がない。

玄関の脇に福寿草が咲いていた。満開。
10年近く前にアタシが植えたものだ。
クリックすると元のサイズで表示します

入院しているねこまたにメールしたら、
「今さら福寿草かよ〜。」とな。
…ふん、どーせこっちは梅も咲いてない北国ですよーだ。

よく見ると、雑草が生えてきている。
ちっちゃいうちに抜いておこう。
抜き抜き…。

ハーブの新しい芽が出てるのに枯れた所が気になる。
茶色いところは切っておこう。
チョキチョキ…。

去年畑だったところに今から堆肥まいてちょっと耕しておこう。
ざくざく…。

アタシが実家にいないうちに、おかあが植えた植物の位置が気になる。
ぐああ〜気にいらねぇ〜!

はっ。

いつの間にか外に出ているではないか。
そして自然に体が動いちょる。
ガーデナー(庭師)の血が動く。
(ワタクシ、『グリーンアドバイザー』なるあまり役に立たない資格を持っております。。。)

イカン。
いきなり動くとまたバタっとくる。

…というわけで、2時間弱で自主的園芸作業療法は終了〜。

作業療法の間、2匹の猫らは近くでうろうろ〜ゴロゴロ〜。
くろこなんか砂で「しろこ」になってた。。。

午後はやっぱり疲れで昼寝〜。
ニャニゴが布団に入ってきて撫でたら砂がザリザリ〜!ギャー!!(泣)

今日のニャニゴ:福寿草バックにぬっくぬく。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/17 | 投稿者: きちゅー

胃炎を克服してから、調子いい感じのように思われてるかもしれませんが、とんでもないっす。

「自分から〜したい!」という意欲が全く沸かないのに今一番困ってる。

温泉とか買い物など外出してるように思ってるかたもいるかもしれません。
が、それは誰かが(ちうか親が)誘ってくれるので、一緒に便乗するだけ。
友人が遊びに誘ってくれたこともありますが、残念ながら体調悪くて断ってしまったことが2回。

雪が溶け、最近は10度を過ぎる暖かい日が続いてるのに、庭はもちろん玄関の外にすら1歩も出てない。
猫らが出たい時はドアだけ開けてあげる。
あんなに昔好きだった庭いじりも、全くする気が起きない。

元相方はん家でよくしてた読書もしなくなった。
本を買うお金がないし、立ち読みするにも本屋が少ない。
なによりイナカは図書館で本を借りるにも車がないと行けない。

とにかく能動的に物事をすることがほとんどない。
ゲームも能動的にする作業なのでやる気が起きない(自分で動かすでしょ)。
受動的に情報をくれるテレビと新聞、ネットサーフィンで、ただ座って時間を潰してる。
あとは、布団の中でくったりしてる。

実家に着いたばっかりの頃は雪かきしたり、もうちょっとカラダが動いてたような気がするが、
「実家に帰ってきて世話になってるからには何か動かねばいけない!」
と、頑張りすぎたのだろうか。
その反動が今きているのか?

能動的にやってるのは、猫のトイレ掃除と食事の世話、食事の手伝いと後片付け、たまの風呂掃除と、このブログを書くこと。
これでも少しずつできることが増えたのだよー。

いきなり話題が変わりますが、親友ねこまたが数日前に大手術をして入院中です。
(詳しくは左のリンクから奴のブログを見て下されぃ。)
奴は、ハラをかなりかっさばいて手術して、まだ痛みがあるのにもかかわらず(傷口を写メで送ってもらった 笑)、DSをしたり庭の模型を作ったりしているらしい…。
どっからそんなヤル気が起きるのか??

自分が入院中で調子がよくても、そんなことする気は全く起きなかったなぁ。(散歩もイヤだったし)。
やっぱ病気の違いか。

「きちゅーさんはハイテンションになりやすいから、『人よりちょっとテンションが低いかな?』というくらいがちょうど良いんだよ。」
と源一郎(仮名)先生や、入院先の美紀(仮名)先生に常々言われていたが、今の状態はテンション低すぎやしないかーー?

いろいろしなきゃいけないこともたまってきた。
まずは住民票を移さねば。
それをしないことにはいろいろ手続きが進まない。

東京の前住んでたとこの区役所に行かなくても、今は郵送でできるんやね。
でも、ああ、封筒と便箋を用意するのも気が重いわー。

ちなみに、胃炎の時点滴してもらった腕の跡がまだ青アザで残って痛い。
もうあれから半月経っとるのに。
どんだけヘタな看護師やったんや…。

今日も黒吉:ちめちゃまをチラ見。その目は立派なオトコやな。
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに、ちめちゃまはかなり年上姐さんで黒吉を相手にしません。その昔、ニャニゴも振られました。(それからちめちゃまはニャニゴの「永遠の心の恋人」。)

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/16 | 投稿者: きちゅー

春は眠い。ついでに生理も近いから余計に眠い。

というわけで、昨日両親が仕事に行った後で二度寝をニャニゴと楽しんでたら、突然妹からケータイに電話があった。
「おーい、今クリニックにいるぞー。先生に代わるけどいいか〜?」

半分寝ぼけて「おー?おぅ。」と言ったら、なんと源一郎(仮名)先生に代わった。

こちら(山形)に来てから、薬は元相方はんに頼んでいたのだが、あのようなことになってしまったので、それからは妹に
「3月の1ヶ月間だけ(2週間に1回なのでつまり2回)お願いしますぅ〜。」
という条件付で源一郎(仮名)クリニックに行ってもらい、薬を送ってもらっていたのだ。
昨日はその最後の日で、山形のクリニックに紹介状も書いてもらうお願いもしていたのだった。

「きちゅーさん、お久しぶりです〜。どうですか〜?お変わりありませんか〜?」
と、いつものゆったりとした源一郎(仮名)先生の声。
「はぁ、ぼちぼちですね…。」
と、近況と最近の症状を話す。
「紹介状を書くのにですね〜、きちゅーさん、このまま山形にずっといるのかな〜と思ってですねぇ〜…」
いいえっ!こっちにいると職がないので、働けるようになったらぜひそちら(東京近辺)に戻りたいと思います!!(即答)」
と言ったら、
「そうですか〜。じゃ、『現在は実家で療養中』て書いておきますね〜。では紹介状は妹さんに渡しておきますから〜。お大事にね〜。あせらずにね〜。」
と、電話は切れた。

ああ、源一郎(仮名)先生…。
顔が作家の『高橋源一郎』に似ているから、と勝手にアタシがつけたニックネーム…。
たまに本名を忘れてしまう。

病気で倒れて1年は、前に住んでたアパートから近い総合病院の心療内科に通っていたアタシであったが、なかなか治らないのと受付のオバハンの態度で通う気も失せたある日、
「そんな三流大学(by元相方はんの評価)の付属病院に行ったって治るものも治らん!」
という一言で、元相方はんが勧めてくれたのが、一流K大医学部出身の源一郎(仮名)先生クリニックであった。

アタシのしゃべり方と表情で、
「きちゅーさんは、うつ病ではなく、『躁うつ病』ですねぇ〜。」
と、正しい(そしてある意味かなりがっかりした)診断結果を下してくれた源一郎(仮名)先生。
おかげで、なかなかよくならなかった病状が少しずつよくなり始めた。

実は、4月くらいには東京に戻る予定(というか、戻れるくらい症状がよくなっているだろうという勝手な希望的観測)でいたので、まだ東京に住んでた間に「自立支援医療制度」の更新を済ませておいてたのであった。

アタシはこの制度は去年の4月から使っていたのだが、1年更新制なのだ。
しかし、12月くらいには早々と区から更新用書類が送られてきた。
早速源一郎(仮名)先生に書いてもらって、区に提出してたのだ。

その書類記入費4000円。(東京近郊は皆同じ値段らしいよ。)

そして、去年無所得だったアタシは4月から医療費+薬代負担が1割からぬわんと0割!になるのだ!
(ちなみにこの病気に関してだけですよ、一応ね。)

だが、東京に住む場所を失ってしまったし、何よりまだまだ東京に一人暮らしで住むほどの体調には戻っていないので、しばらく実家療養を続けなければならない、というのが実情。
そして、「自立支援制度」は都道府県ごとの制度なので、山形のクリニックに行ったら、せっかく4000円出して更新した4月からの「東京都自立支援医療制度」の認可書類が使えない!!
また4000円(?。山形のクリニックはいくらで書いてくれるか分からない…)出して、山形県の書類で、山形県に申請しなおさなければならない。

くああー!4000円ムダしたー!!(←貧乏人。)

でも、忙しい妹をこき使うのはためらいがあるし、薬を発送してもらうのも1回600円以上かかるしな。。。

さようなら、源一郎(仮名)先生…。
先生に会えてよかったです。
また東京に帰って、源一郎(仮名)先生のところへ戻ってくるのを目標?にします。
(躁うつ病は多分一生薬を飲み続けなければいけないので)

妹が、
「あのクリニック、雰囲気がほわんほわんしてるなー。(妹は精神科・心療内科初体験)それと、あの先生ホントに字汚いなー。」
との感想。
当たってます。
(字の汚さは一度ブログで画像載せた記憶があるな)

今日の黒吉:ねこまたから画像をもらった♪4月で1歳になります。大きくなったにゃ。たぬー兄さんとも相変わらず仲良し。
クリックすると元のサイズで表示します
同じ黒猫でもやっぱりくろことは雰囲気が違うな。

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/13 | 投稿者: きちゅー

前に「ニャニゴが口内炎っぽい」とちらりと書いた記憶があるが、ここ最近特にそれがひどくなってきたっぽい。

口臭がどんどんひどくなり、だんだんエサを食べる量も減ってきて痩せてきたような気がする。
エサを食べてもたまに「ギャギャッ!」とものすごい叫び声を上げて部屋中を飛び回ることも出てきた。多分、ドライフードが炎症部分に当たっているのだろう。
(ちなみにニャニゴはなぜか缶詰、パウチ食品は食べません。)
しまいには、何も食べていないのに突然「ギャッ!」と言って飛び跳ねる始末。
多分舌が炎症部分に当たったのだろう。

一緒に布団で寝ていると、唾液に血が混じってるせいかシーツが汚れる。
(つまり、奴はヨダレをたらしながら寝ているのであります。)

ムリヤリ口を開けて見てみると、歯茎が腫れて出血してるのが分かった。
これは病院に連れて行ってやらなアカン。
…と言っても、アタシは病身、無職、一文無しです。
貧乏はツライよ、トホー。

去年のカリシウィルスで、治療費が万単位でかかったらしく(くろこと2匹分)、獣医師に連れて行くのは消極的(というか恐怖)だったうちの両親も、さすがにかわいそうに思ったらしく、とうとう病院に連れて行くと言ってくれた!
というか、おかあのカテーテル検査&入院費用が思ってたよりかなり安く済んだらしく、そのお祝いのおすそ分けだ(??)、と。

理由がよく分からんが、どうかムスコ(ニャニゴ)を助けて下され…。

で、「買い物ついでに行ってくるわー。」とおかあが車で連れて行った。
アララ、お金さえもらえればアタシが連れて行ったのに…と思ったが、うちの自動車保険にアタシは入っていないのでね。。。(4月から入れてくれるそう)

結果は「歯肉炎」
歳をとったり、ストレスがかかって体の抵抗力が落ちるとなるそうです。人間と同じやな。

ただ、ニャニゴはそんなに歳よりでもないのでストレスが主な原因じゃないかと。
ええー?あんな甘えん坊でやりたい放題やってるニャニゴにストレスぅ〜??

先生が言うには、
「猫にとって寒さは強いストレスになります。」
とな。

ああ…そうか…。
ニャニゴ、お前、元々あったかい淡路島生まれだもんな…。
雪国新潟生まれのくろこは毛がフサフサなのに、ニャニゴは冬毛になってもなんだかビンボーくさい。
西日本の猫は毛が薄い遺伝子なのか。

リビングがいくらあったかくても、ぬくぬく布団に潜っていても、トイレに行く時は暖房のついてない部屋に置いてあるネコトイレにいかなくちゃいけない。
雪が降ってても、たまに庭を散歩したい。

あと、淡路島(半分ノラ生活)→東京(室内飼いの上飼い主出張多く留守多し)→山形、と移動させたのがストレスになったかなぁ。うーん。
新しい土地への引っ越しはニンゲンでもストレスになるもんなぁ。

というわけで、ニャニゴはお尻に注射一本され、飲み薬3日分もらって帰ってきました。

久しぶりにヒモで遊んでやったら、実家に帰ってきて初めてじゃれるニャニゴを見た。
山形に来たらオトナぶって遊ばなくなったと思ってたが、実は遊ぶのもツラいくらい歯肉炎が痛かったのか。

でも、猫の歯肉炎は今の医療では完全に治すことができないらしい。
注射は約10日間は効果があり、劇的に食欲が増し元気になるが、まただんだん症状は少しずつ元に戻っていくそうです。。。ああ〜。

ちなみに今回の診療費は3000円ほどだったそうな。(薬代込み)

最近うちの家族、医者づいてるな…。
(おとうも健康診断でコレステロール値が案の定引っかかってた。再検査!)
くろこは元気。

今日のニャニゴ:案外かぶりモノが好評だったため、第2弾!
クリックすると元のサイズで表示します
気の弱いドロボウネコみたいになってしまった。

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/12 | 投稿者: きちゅー

昨日と今日といい天気が続いている。
やっと家の庭の雪も溶けた〜。
クリックすると元のサイズで表示します

今日はおとうが休みだったので、隣町の温泉に連れてってもらった。

髪を洗ってると、横にちっちゃくてかわいい女の子がちょこんと座った。
アタシがシャンプーを手に取って髪につけると、女の子も同じことをする。
髪を絞ると(アタシの髪は長いので)、おかっぱのくせに女の子も絞るマネをしている。
体を洗うと、彼女もボディシャンプーを手で体にこすりつけている。
お風呂に入ると一緒に入ってくる。

…さすがに鈍感のアタシも「これはっ?」と気がついた。

なんとなく「ヤバイなぁ。」と思い、そそくさと露天風呂に行くと、ちょちょこついてくる。
露天風呂は湯温が熱いのに、平気で入ってくる。
先に入ってたオバチャンが、
「かわいいねぇ〜。何歳?」
と聞くと、女の子は、
「2さーい。」

ウソだ。
この大きさとなんだかませた感じから、コドモがいないアタシでも分かるぞ。
アタシが「ホントに2さいか?」とたたみかけたらあっさり、
「3さーい♪」
…なぜその歳でサバをよむ必要があるんだー!くあぁー、なんかクヤシー!!

周り(平日の昼間なのでババばっかり)には、うちらは完ぺきに親子に思われてるようだ。
これは…!!

20分以上アタシにつきまとってくるので、
「誰と来たんだ?」と聞いたら、
「ばあちゃんと来た〜。」
「ばあちゃんどこにいる?」
「サウナ〜!!」

ばあちゃん…孫置いて一人サウナかよ…。

内湯に移ってうだうだしてると、しばらくアタシから離れて洗い場で遊んでた女の子が、
「ねー、まだ上がらないのー?」ときた。
アタシはもう少しゆっくりつかっていたかったが、この女の子がいちいちついてきてマネするのであまりゆっくりする気分でもなくなってきたので、
「もうそろそろあがるよ…。」
と言うと、待ってました!と言わんばかりに
「わたしもあがるー!!」

えええーー!!
ってちゃっかりアタシと一緒に脱衣所に来てるやんけ!
こいつのババァどこやねん!!(サウナです。)
と思いつつ、女の子の体と髪をふいてやるアタシ…。

そしたら、脱衣所にいた常連らしいババどもが、
「あら〜、あいかちゃん来てたの。今日はママと来たなが〜。いがったのぉ〜。」
「アタシ違います!!ばあちゃんはサウナだそうです!!」
とアタシが叫んだその横で、
「あいかのママは仕事なの〜。」
とかわいい声。

常連のババどもが、アタシに向かって
「あらぁ〜あんたママんねがったんが。あんた美人だから、あいかちゃんに気に入らっちゃんだのぅ〜。」
と言って、あいかちゃんを連れて浴室(サウナのババ?)に連れてってくれた。

ふっ、美人…♪(←ババどもに言われても素直に嬉しい。)
しかしこのご時勢、あんまり人懐こいと危ないぞー。おねえちゃん(33歳で自分で言うな)がマジで連れてっちゃうぞー♪

コドモはめんごいの〜。
うちのムスコ(ニャニゴ)とムスメ(くろこ)もめんごいけどの。
って、アタシの今の状態じゃ猫もマトモに一人で育てられんから、あいかちゃんをさらっても育てられんけどね。

でも、こんなアタシでもコドモ置きっぱでサウナに何十分も入りっぱはしないよ。

今日のくろこ:女社長。「3月は決算だからね。売上げ上げないとね。」
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/11 | 投稿者: きちゅー

ここ数日、ウツウツしててブログ更新できませんでした。。。トホー。
まぁウツウツといっても、以前みたいに心がギューと苦しくなることはなく、
「とにかく考えたくねー。寝逃げやっ。」
と布団に潜りこんでウツラウツラ時をやり過ごす…という感じ。
しかし全身がダルダルダル〜。

入院時から処方されている抗うつ剤(アナフラニール)がバッチリ効いてるから、精神的にどん底までは落ちないんだと思う。

それはいいのだが…。
なにかちょっとあると、すーぐこういう状態になるのはもう勘弁してほしいニャリ。

なにかイヤーなことを言われたとき。
元相方はんの彼から「早く荷物を引き取れ」と冷徹メールが来た時。
ケータイ代をおとうからもらって、申し訳ないにゃ…と思う時。
3月というのに雪を降ってる外を見た時。
つまらん地元ニュースを見た時。
東京のおもしろそうな催事をネットで見つけた時。

あーあ。。。

でも、最近よいことも。
朝、毎日起きられるようになりました〜!!進歩!

地元の白鳥も徐々にシベリアへ帰ってるようです。
春はもうすぐだー!

今日のニャニゴ:くろこのかぶりもの編が好評だったので、奴も。
クリックすると元のサイズで表示します
キジトラ柄は赤はあんまり合わないにゃ…。でも本人はまんざらでもなく。

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/6 | 投稿者: きちゅー

おかあが無事退院してきた。
そもそも、職場の健康診断で不整脈が見つかるのが何度か続いたので今回カテーテル検査をしたのだが、検査結果は「異常なし」。
不整脈は「たまに起こるのだろう。心配する範囲ではない。」とのこと。

ちなみに、血管に異常が見つかった場合、アミアミ状のものを血管に入れて、補強する予定だったんだそうな。
まるで水道管の突貫工事やな。循環器科というか、外科の世界はある意味恐ろしい…。
精神科は薬物療法が主なので、まだ天国だと思う。

普段は会社や家事で働きづくめのおかあなので、この2泊3日の入院はさぞや天国かと思いきや、
「ヒマだったー。場所が変わって眠れないし、食事は少ないし(←一番強調してた)、検査当日は点滴でトイレ行くにもガラガラっていちいち引っ張っていかなきゃならないし!めんどくさいったらもー!!」
と文句ブーブーであった。
初日は午前2時を過ぎても眠れないので、看護師さんに言って睡眠薬をもらったそうだ。
アモバンをたった1/3錠でぐっすりと眠れたそうだ…。
娘はそんな量じゃ眠れないくらい不眠症なんですけどね。うらやましい。

おかあの入院はたった2泊3日の間(実質は3日もいない)だったが、同室(4人部屋)だったおばさん達と打ち解けて、それぞれの身の上話をしっかり聞いて帰ってきた。
うーん、ここが都会の病院と違うところかなぁ。
東京で2回入院したことがあるけど(精神科と形成外科)、みんなベッド周りのカーテンをびっちり閉めたままだった。
だから、隣の人となんかほとんど会話なんかしなかったなぁ。

おかんが話してくれた中で一番キョーレツだったのは、自分の息子が町役場に就職したのだが、3年目に田んぼの真ん中で雷に打たれて死んだ、という経験を持つおばあさんの話であった。
息子さんが亡くなってからだいぶ経っているらしく、
「人生いろいろあるもんだよ〜。」
とおだやかに話してたそうな。
うう、雷か…うちの地方は雷が多いのです。
最愛の息子を天災で亡くすなんて。(しかも農家じゃないのに田んぼで、ってとこが泣ける。)
アタシの人生ごときで「人生山あり谷あり」とか言ってるバアイじゃないかもなぁ。

昼夜アタシにベッタリだったニャニゴは、おかあが帰ってきたとたん、あっさり乗り換えやがった。
ふん。

今日のネコ写真…ニャニゴが検査疲れのおかんと早く寝てしまったので写真ナーシ!

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/3/5 | 投稿者: きちゅー

昨日からおかあがいない。
地元の県立病院に入院したのだ。
といっても、病気や怪我ではなく、心臓のカテーテル検査をするための検査入院。
予定では2泊3日である。
何か異常が見つかったら検査ついでに治療をするそうなので、3泊4日になるとか。
(最近の医療はよく分からん…カテーテルで治療?)

この検査入院は、アタシが実家に帰ってきた2ヶ月くらい前から決まってたことなので特に心配はなし。
ただ実際は、この頃にはもうちょっとアタシの病状がよくなることを自分の中では想定していた。
そして、おかあが家にいない間、安心して検査を受けられるようにちゃんと家事をすることが、ちっとは親孝行にもなるかな〜と思ってた。

なのに、直前に相方はんだった彼とゴタゴタがあったり、ノロにやられたり、胃炎にかかって倒れたりとヘンな所でばたばたして、持病以外に余計な心配をかけてしまった。

イカン、これじゃこの家の長女としてイカンなー!!

と思ってたが、おかあは特にアタシに期待はしておらず、
「おとうが忙しそうだったら手伝ってあげてな〜。あとネコの世話よろしく〜。」
とだけ言い残して病院へ行った。

昨日の夜ゴハンは、おかあが病院へ行く前に速攻で作ってたカレーとサラダで済ます。
…いや、そこまで周到に準備しなくても、小学生やないんだからそれくらい娘が作りますがな…。
とは思ったものの、やっぱりラク〜。

今日はおとうの仕事が休み。
うちのおとうを実際に知ってる人は分かるかもしれないが、とにかくちゃっちゃとめちゃめちゃ動く男である。
そして、好きなことというか趣味は料理である。

アタシが珍しく朝早く起きたら、すでにゴハンの用意ができていた…。
てか、平日より早いんですけど時間が。

その後、おばば(おとうの母)を近所の医者に連れて行ってた。

午後1時からおかんの検査が始まるので、おとうは付き添いのため県立病院へ行った。
(今回のカテーテル検査は万が一のために、家族の同伴が必要なんだそうな。)

病院の帰りに買い物をしてきたらしい。
その後、家でりんごの砂糖煮を作ってた。

夕方、洗濯機を回して干してた…。
ちょっと!それくらい娘がやるって!てかそんなに洗濯物たまってないやん!

その後、お風呂掃除までしてた。
それももうちょっとしたらアタシがしようとしてたのに〜。

なぜかタイミングよく東京の伯母夫婦から浜名湖のうなぎ蒲焼が送られてきたので、それを夜ゴハンにする。

しかしそれだけでは終わらないおとう。
蒲焼を蒸し器でふんわりとあっため(ちなみにおかあの場合は確実に電子レンジ使用やな)、海老の味噌汁とサラダを作ってた。
おかあが前もって作ってた煮物があるよ…なぜそんなにわざわざ動く?

アタシ?
えーと、今日やったことはネコトイレを掃除してネコ餌とネコ水を補充、あとゴハンの後の片付けと食器洗いかな〜。(これらはいくらうちのおとうでもやらない分野)

…こまめに動く父を持っててよかった。

てか、アタシも元気だった頃はちょろちょろ動いてたような気がするな〜。
この病気になってから、いろいろなことを同時進行で動くのはもちろん、考えることもできなくなった。
働いてる人はもちろん、もう60歳以上のおとうやおかあの動きを見てるだけで目が回る。
昔は同じことができた、というより自分はそれ以上動けたハズなのに、今はほとんど引きこもりでモグラ状態。
いつか元に戻れるのか、という不安より、最近は
「いや無理やな〜。てかあんまり考えんとこ。。。」
と達観(?)するようになった。

いいんだろうか…ま、ええか。
あんまり動きすぎはアタシの場合、躁(そう)状態ってことになるしなー。

検査で異常がなかったらしいので、明日、おかあは帰ってきます。
ちなみに、おとうが病院に行ったらおかあはとてもヒマそうにしてたらしい。元々病気で入院してるワケではないですからな。
そして、
「ニャニゴとくろこは元気か?」
と聞いたらしい。

しゅうとめ(おばば)のことはともかくとして、血のつながった娘のことも聞いてくれよ〜。

今日の…久々に黒吉!:ねこまたから画像をもらいました。…こたつの上にあがるな!
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!




AutoPage最新お知らせ