2008/2/29 | 投稿者: きちゅー

ちょい書きたかっただけです。

今日は医者に行って2時間点滴を受けました…。
詳しくは明日〜。

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/2/28 | 投稿者: きちゅー

自分の記事を読み直すと、最近更新が滞ってますね…。
というより、ここ1週間以上自分はほぼ寝たきりの毎日です。トホー。

年末に実家に来て以来、約2ヶ月経ちましたが。
うちの親の、
「1ヶ月くらい家でゆっくりさせておけば治るだろう。」
という甘い見込みが崩れていってるようです。

特に、うちのおかあ。

いや、娘のアタシに「早く治して働け〜。」などというプレッシャーをかけてるわけではないのです。

健康な人ならではの、躁うつ病に対するソボク〜な疑問が続出。

名付けて、「なんで?なんで??」攻撃〜。

「なんで薬飲んでも治らないの?」
(躁うつ病は「糖尿病」みたいなもんです)

「昨日はすごくしゃべってたのに、なんで今日は寝たきりなの?」
(しゃべったら疲れて、その反動で体が動かないのであります。)

「夜は調子よさそうなのに、なんで朝起きれないの?」
(うつ特有の症状だそうです。自分でもよく分からなひ…。)

「なんで外に出たくないの?寒いならいっぱい着ればいいじゃんよ?」
(いや、そもそも「外に出たい」という気が起きないのです。)

発展系攻撃も出てくる。
「動かないと疲れないし、余計に夜眠れないんじゃないの?」
(いや、動いても疲れても睡眠剤飲まないとちゃんとした眠りにつけません。)

「ちゃんと食べないから具合が悪くなるんじゃないの?」
(ちゃんと食べれれば食べます…消化剤飲んでもこの量が限界です。)

「そんなにいっぱい薬を飲んでるから、余計胃が悪くなるんじゃないの?」
(この胃の悪さはうつ病から来てて、薬の量が多いからといって悪くはなりません。てか胃薬ももらってるってば。)

「寝たきりになられるとこっちも夜心配で寝れないよ〜。」
(ひーそれが一番コタえる〜。ごめんよおぉ何もできないムスメで…。)

「そんなに考え込んだってなんにも解決にならないよ!誰も殺しに来るわけじゃないんだから、もっとどーんと構えてたら?」
(考え込ませるような言葉をかけられるからぐるぐる思考が始まる〜。ヒトが殺しに来なくても、あまり追い詰められると自分を殺したくなるから頼むからほっといてくれぇ〜。)

しばらく経つと、母親という立場を横に置いて、三女(戸籍上は四女…すぐ上の姉は生まれてしばらくして亡くなった)ならではの奔放な発言をバンバンかますおかあ!

「こっちだって余裕がないんだから!」
(はい、重々承知しております、スイマセン。。。)

「こっちもあと5年くらいしたら体力もなくなって、面倒見る余裕ないよ〜。」
(はい、分かっております、スイマセン、今はヨロシク…。)

「お互いの将来を考えると、施設に入ったほうがいいんじゃない?」
(はあ、前区役所に聞いたことがありますが満員だそうです。。。スイマセン。。。)

「あんたばっかり好きなことやって、好きな仕事して、倒れて男の人とうまくいかなくなったからって急にこっちに来てもらってもねー。うちもまだ住宅ローンあるし、ローンがなくったって税金納めなきゃなんないしー!」
(いや…別に好きなことやってばっかりいたわけではなくて流れというのは必然的なもので…ああ、仕送りできる経済力があればねぇぇ。スイマセン。。。)

「見てるとあんたは『お互い様』ってのがないのよねー。こっちに頼ってばっかりでさー。」
(今までも『返す』余裕がなくて…これから、「さあ!返そう!」と思った矢先にどうしようもないビョーキになっちゃったもんで〜。スイマセン。。。)

鬼親と思った?いやいや、普通のあっけらかんとモノ言う人だったらそう言うよ…。
しかも悪気がなくケロッと言うから、余計に優等生のムスメにはズッシリ来るだよ…。

と言いつつ、こっちも( )書きの部分をこんなに低姿勢ではなく、
「ウルセー!しょーがねーだろ、こういうビョーキなんだからさああああああ!!!」
と、躁(そう)丸出しで怒鳴りまくるるる〜。

で、ダウンした次の日。
「そんなに考えんな〜。家にいていいからな〜。それにしたってお互い言いたいこと言ってスッキリしたんねが?」

・・・。
この病気は余計に具合が悪くなるのです。
あまり神経をコーフンさせないで下さい。
精神安定剤を飲んでるイミがなくなります。
バタッ。

一番ソボクな疑問。
「相方さん家でもこんなに寝っぱなしだったか?」

まぁ寝っぱなしは寝っぱなしだが、こんなに具合が悪くなることはなかったし、もっと外出してたような気がするが。

はっ。
彼は自分もうつ病持ちなので、アタシの気持ちが自分と同じだってことがよく分かってたんだ。
だから、アタシをこんなに質問攻めにすることはなかったんだ。
ゆっくり眠れたわけだ。
あああ、同じような病気を共有していた彼の存在の偉大さがより身に染みる〜。

時すでに遅し。ふっ。

ネコ写真:今日もなし。ごめんなさい。。
自分がこんなザマなのでなかなか撮れず。くろこさんがいる2階にもほとんど上がらない(上がれない)状態。
すいませんがちょっと待ってくだされぃ。


お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/2/27 | 投稿者: きちゅー

やおら日数を置いて記事更新しといていきなりなんなんですが。

最近自分は『タコ』だと思う。海の。

普段はひとり岩かげでうつうつしているが、つつかれた途端、くわ〜っと出てきて、真っ赤になって墨を吐く。

それだけではなくて、アタシは高速で回転し、敵にぶつかってゆく。

足は8本、吸盤も強力だから、敵は消耗する。

しかし、敵だと思ってたのが、実は味方だったりする。
それは、自分が吐いた墨で視界が悪くなり、見誤ったのだー。

で、しょせんタコなので相手にそこそこのダメージを食らわせるくらいで、自分が摩耗してしまう。

で、また岩かげに潜ってうつうつする。

煮て食べるとウマいので、誰かタコつぼで取っ捕まえてください(笑)。

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/2/24 | 投稿者: きちゅー

『試合に負けたからといって、世界が終わるわけではない。』

さっき見たドラマで出てきた言葉です。

サッカーのワールドカップでどこかの国の監督が言った台詞らしいですが。

なんかいい言葉だな〜…。

ロス:タイム:ライフ(フジ系土曜日午後11:10〜)
http://wwwz.fujitv.co.jp/losstime/index.html

このドラマ、うつ病真っ只中の人、なんとなく死にたいなんて思ってる人は是非見るといいよ〜。
とりあえず生きてみっか!と思えてきます。
そしてドラマ自体も、全日本のサッカー選手の名前が登場人物の名前になったりしていて、かなりおもろい♪です。

終わってしまったけど第四節「看護師編」。
あらすじぜひ読んでください。(結末までね)
今日の題名がテーマの内容でした。
ナース姿の上野樹里ちゃんもカワイイ〜。(←これが一番の目的で見てたりする)

今日のニャニゴ:しっぽ。ニャニゴは尻尾がしゅっとしててキレイだ。
クリックすると元のサイズで表示します
よく振ってるがイミ分かんね。

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/2/22 | 投稿者: きちゅー

今日は2月22日、「ニャーニャーニャー」でネコの日です。
でも、そんなネタで書いてるニュースやブログは死ぬほどあると思うので(爆)、あえて違うネタで。

・・・
昨日の夜明け前、お腹を餅つきで使う杵(きね)で「どんつく、どんつく…」とグリグリされている夢を見た。

ぐっ、ぐるじい(苦しい)…。

目を覚ますと午前4時。暗い。
が、目が覚めてもお腹の「どんつく、どんつく…」が止まらない。

いつもはうつぶせか横向きで寝る自分が、仰向けになって寝ているのに気づいた。
あまりの痛さに、お腹をかかえて右に横向きになったとたん、胃が別の生物になったかのように痙攣し始め、恐ろしい吐き気が!!

な、なんじゃーーー!?と這いつくばるようにトイレに駆け込む。
しかし、前の夜ゴハン分は消化されつくしたらしく、液体以外なんにも出てこない。
そしたら今度は下が!
もう上の吐き気と下のお腹の痛みで上から下から狭いトイレで大騒ぎ!!(汚い話ですいません…)

うちのトイレは暖房がないので非常に寒い…。
ひととおり波が終わると、あったかい布団の中へ駆け込む。
でも布団の中で落ち着いたか落ち着かないかのうちに、また次の波が来てトイレで一人大騒ぎ。

痛みでうなりながらも頭の中はぐるぐる考える。
なんなんだ?昨日自分は何をしたというんだ?ただ部屋の片付けをしただけではないか?ストレスで胃が痛くなったとしても、この痛みは違うぞ。ということは、うつ病と全っ然関係ない…。
あと昨日何か変なもの食べたか?ナマモノはなかったよな。自分ひとり違うものを食べてもないし。
でもこの症状はまさしく食中毒!もしや今はやりの中国産かっ!?

朝7時半。リビングに集まってきた家族の前にパジャマ姿でヨロヨロと出てきて、
「皆は大丈夫か〜…!?」
と聞いたら、全員(というか耳の聞こえない祖母以外)、
「はぁぁ〜?」

…えっ、アタシだけ?

「お前はほんっとに病気のデパートだなぁ。まぁ昔から熱出したりいろいろ大変だったけどな〜。」
と、おかあ。
「とりあえず水分はちゃんと摂って。あと少しでもいいから何か食べて薬飲めな。台所の棚に確かおかゆのパックあるから。」
と言って仕事に行った。

体の中の大騒ぎはだいぶ収まったが、胃はまだキリキリ痛いわ、頭痛までしてきて眠れない。あと熱まで出てきた。
とりあえず薬を飲もう…と、昼過ぎにやっとこさで起きて台所へ行った。がっ、棚を探せども探せどもおかゆのレトルトパックがないではないか!
うわわーん、おかあ、どこにあるねーん!(泣)

…仕方がないのでパンと牛乳を詰め込んで、いつもの薬(抗うつ剤)と胃薬(これもいつも飲んでいる処方薬。胃酸過多なので)、それと鎮痛剤、吐き気を止めるため家にあったキャベジンを飲んだ。

ものっすごい具合は悪いままだが、トイレへ駆け込むほどではなくなったので、夕方までうつらうつらだが眠れた。
ニャニゴが布団の中に来た(奴はアタシが具合の悪い時に現れる)が、かまってる余裕ナシ。

が、夜にまた強い吐き気がして飛び起きる!
しかし、トイレに間に合わず!昼過ぎ食べたパンと牛乳を部屋のゴミ箱(ビニール袋入り)にエロエロエロ〜(T_T)。

冬…ひどい下痢と吐き気…発熱…中国産食べてない…とくれば、答えはひとつ。
ノロウィルスじゃ!

外出もしないアタシが…しかも家で一人だけ…?と思われるかもしれませんが、ノロウィルスはたった100個のウィルスが感染しただけで発症する人もいれば、感染しても発症しなかったり、単なる軽い風邪のような症状で終わる人もいるらしい。
ただ、ノロは発症時の症状はかなり激しいが、普通の食中毒ほどそんなに長く続かず1〜2日で治るそうだ。

なぜアタシがこんなにノロにこんなに詳しいかというと、入院してた時にアタシの担当看護師さんが昔、担当してた患者さんからノロウィルスをうつされ、楽しみにしていたデートをキャンセルしたことがある、それからノロウィルスについて自分で勉強して知識を得たのはいいが、そのせいでインフルエンザやノロウィルスなどの院内感染を防ぐ「特別予防チーム」に入れられ仕事が増えた(ただし、だからといって手当てはつかない)、というとても悲しい話を聞いていたからだ。

あともうひとつ…ノロウィルスは主に2枚貝についていることが多いらしい。しかもすぐ症状は出ず、1〜2日後に出るそうだ。
アタシが発症した2日前の晩、そういえば生ガキ(2枚貝ですよ)の酢の物を食べた!原因はこれか??

ちなみに今日の夜のうちの家族の状況。
アタシ(33歳)…夕方まで寝ていたが、ほぼ完治。
おとう(63歳)…カゼ気味。(多分感染してる?か、最近働きすぎ)
おかん(60歳)…熱っぽい。(感染?)
おばば(95歳)…元気。

おかあに、
「エロエロしたやつを台所のゴミ袋に捨てた。」
と言ったら、早速殺虫剤をかけてました(爆)。殺虫剤て…。

あと、おとうに
「この調子でほかの病気(躁うつ病)も治せや。」
と言われた。
ある意味気分的には治ったような気がする。そのくらいノロウィルスはキツかった〜。

皆さんもノロウィルス注意!
家の中で療養してても、ウィルスはどこからかやってきます。
冬でもうがい&手洗いしっかり!

今日のくろこ:パーカーを着せてみました(ムリヤリ)。黒に赤は似合うね〜。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/2/20 | 投稿者: きちゅー

東京から山形の実家に居候しているアタシは、2ヶ月近く経った今も未だに客間を陣取っている。
お客さん用布団で寝て、スーツケースを畳いっぱいにべろ〜んと開きっぱなしで生活している。

最近、さすがに両親から、
「長期滞在者は2階の部屋へ行け〜ぃ!突然の来客があると困るっ!」
と宣告された。

ていうか、ちょうど客間の上が元々アタシの部屋なのよね〜。しかも客間より広いフローリングの部屋。

でも、アタシが関西行ったり東京行ったりしている間に、アタシのベッドはアタシの留守中に同居を始めた祖母のベッドとして1階に移動され、自分の寝る場所がない。
なぜかソファは1階のリビングに移動されて使われている。
布団も昔使っていたせんべい布団しかない。(粗大ゴミとして出さねば)
しかもネコ2匹分、つまり2ヵ所のネコトイレが設置されている。=くちゃい(臭い)。
あと、姪っ子たちが遊びに来た時のおもちゃだかゴミだか、なにがなんだか分からないものがゴチャゴチャ置かれている。。。

「とりあえずいらんものは捨てよう!」
と、珍しくカラダを動かすことを決心した。

数年前「これまだ着れるかな…。」と躊躇して残しておいていた大学時代のコートやらスーツやらワンピースなど、全部捨てました!
ネットオークションに出す手もあるが、とにかく型が古くさい。
絶対買い手がつかんわ!処分っ!

あと、絶対もう読まんだろうと思われる高校の参考書や問題集など。
これらはアタシが現役中に使っていたものではなく、昔塾講師として働いてた時に参考にしていたもの。
それと、昔勉強した簿記2級やTOEIC、TOEFLなどの本。
…受けないうちにいろいろ制度が変わってしまって今じゃ全然役にたたない。てか、実家にある時点で間違ってるんじゃ…。

古い書類入れや文房具。大学時代のノート(絶対もう見ないと思う)。

全部ゴミ袋に突っ込んで、計4袋(大袋)になりました〜。
あと古本・古雑誌は紙資源ゴミやね。

でも残しておいたものもある。
それは、まずビデオ類…。
アニメ「赤毛のアン」とか全巻揃えたのに〜今はDVDの時代やもんね(泣)。でもなかなか捨てられない。
あと昔ハマってたアニメやアーティストのグッズ類。
それとマンガ。(これは将来姪っ子が読むであろう。多分。)
大学時代に受けた教育実習の資料一式。中にはアタシが受け持った生徒が書いた、アタシの授業に対する感想を書いてくれた紙もあった。
ちらりとみると「つまんなくて寝てしまいました。」との文が(怒)。
これでも卒業後、塾講師になってからは講師の中で能力給が一番だったのよーーー!キー!!

それと、結婚式の時の写真…(爆)。
自分が一番キレイだった時の写真やからねぇ(当時24歳ですよウフ♪)、隣に立ってる男は今でもムカつくけれどもなかなか捨てられないのよね。
まぁ、これらは友人が実家に遊びに来た時、自虐的ギャグとしても使えるし(笑)。

後は妹の荷物があるが、これは来月帰省で来てもらった時になんとかしてもらおう。(妹は実家を新築する前に嫁に行ったので、部屋がないのであります。)

ほっと一息ついてリビングでテレビを見ていたら、おかあが仕事から帰ってきた。
そしたらアタシの顔を見て、
「どうした、その目の下のクマはぁ〜??」
と。
疲れるとすーぐ顔に出るのがアタシの特徴。
「2時間ばっかし動いてその顔じゃ〜なぁぁ。体力なさすぎだー。食べるだけじゃダメなんだなぁ。これじゃ明日から3日間は寝たきりかぁ?」
と言われてしもた。
気持ち的にはかなりスッキリしたんだがなぁ。

社会復帰するには、運動して体力つけな〜。
入院してた時のほうが運動してたなぁ。

今日のニャニゴ:上から見るとツチノコやがな。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/2/19 | 投稿者: きちゅー

皆様の反響にびっくりしているきちゅーです。ありがとうございます!
でもちょっとコメの数が多くてレスできない状況です。すいません。
ただある意味ひとつの区切りがつけられたかな、と自分では思っています。
ひとまずは実家でゆっくりと、そしてネコどもに使われながらのんびり療養していきたいなぁ、と思っています。

ところで、先週東京に行った第一目的。
もちろん、源一郎(仮名)先生のクリニックに行くことです。
このときも寝起きが非常に悪く、せっかく仕事休みでゆっくり寝たい相方はんから散々怒鳴られて起きました。。。
起きる時に、相方はんに対してかなり悪態ついたらしいですが、自分は全く覚えていない…これが躁(そう)状態の恐ろしいところです。うう。すいません。

相方はんに見張られながら着替えをし、玄関まで見送ってもらい、そこから一人でなんとかクリニックに到着。

気になるのは、いつ復職できるか。
もう退院して2ヶ月ですよ。でも、なかなか日常生活がうまくいかない。波がある。

源一郎(仮名)先生が言うには、
「生活リズムと躁鬱の波が落ち着いて2〜3ヶ月経ったら、復職を考えてみましょうか。」
とのこと。

落ち着いてから2〜3ヶ月!?長っ!
しかも、ここ来る前に寝起きに躁(そう)状態でメーワクさんざんかけたし〜!


実家で療養状態だという点は、
「一番いいんじゃないですかねぇ。。。貴方の相方さんも正直大変な状態ですしね…。」(源一郎先生は彼の主治医でもある)
と。
「薬はこのままでいいみたいだから、もし山形に長くいるようだったら紹介状書きますよ。そして、東京に戻ってきたらまたうちに来たらいいですしね。」
と言ってくれました。
でも、山形で診察を受け薬を受け取る場合、住民票を山形に移し、自立支援制度を山形県に申請し直さなければならない。
正直めんどくさい〜…。

でもちょくちょく東京に来るのは楽しいけどお金がかかるしな〜。
アタシ無収入やし〜。
(実際に、源一郎(仮名)クリニックにはなんと九州や沖縄から来る患者さんもいるそうですが、さすがに3〜4ヶ月おきにくるのが精一杯らしいです。)

とりあえず、地元にいいクリニックがあるかどうか探してみようと思います。

今日のくろこ:片手で持つと重い4キロ。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/2/17 | 投稿者: きちゅー

前回の内容でひょえーなコメント数と、個人的なアドレス&mixiのアタシを知ってる方々からのメール多数、誠にありがとうございます〜。

「詳細書く」とか書いておきながら、よくよく冷静に考えてみたら、いろいろな個人的事情が絡まっててあんまり詳しく書けないことが分かったや〜。

それとこのブログはアタシが運営してるワケで、自分の立場から一方的に書き立てることができるし、もしコメント欄に彼の立場から気にくわない反論を書かれたら、アタシはそれを消せる立場にあるわけであって…。
そうだとフェアでないなぁーと。

というわけで、詳細は書きません。スンマセン…。

まぁ詳細じゃないけど、皆様にご心配をおかけしたおわびにあらすじをば…。
諸事情で抽象的に書かざるを得なく分かりづらい点、お許し下さいませ。

・・・
14日のバレンタインの夜、彼と電話で大ゲンカしました。

原因は、彼の行き過ぎた親切が発覚したこと。

アタシは自分のペースで自分が抱えているある問題を解決したかったのに、彼がアタシを飛び越えて、アタシの親にその事情を言ってしまった…。

アタシが病気を抱えたままその問題を解決するのは、確かに難しいと思う。

彼は、
「その問題は親にも知ってもらったほうがよい。だが自分はアドバイスしかできない。これで自分はできる限りの協力はした。」
と。

確かにそうかもしれん。
でも、自分は自分なりにいろいろ考えていた。
が、アタシのペースでは問題がなかなか解決できないどころか大きくなるかもしれん。

でもアタシの親に言うなら、アタシに一言言ってからにして欲しかった…!!

彼の行き過ぎた親切にアタシはキレてしまいました。
瞬間的に自分が「その問題を一人では解決できないヤツ」と侮辱された、と感じてしまった。
アタシは障害者手帳を持ってるが、その前に33歳の成人したれっきとした大人だぞ!
それと彼に対して、
「ここまでアタシの問題に頭を突っ込んだなら、あとは親に任せて自分は知らん顔という態度は許せない!だったらアンタも最後まで付き合え!」
と思った。

感情的にカーッとくると、アタシは悪い口が止まらない止まらない。
今までガマンしてきた細かいことまで次から次へと出てくる出てくる。
もう完ぺきに悪い方の躁(そう)状態。

大ゲンカっていうか、最後にはお互いに一線を通り越して言いたいことをののしりまくり…。

・・・
彼には今まで本当によくしてもらいました。
自分がお風呂屋さんが経営するアパートに一人暮らしで、大家さんが薪を切るチェーンソーがうるさい環境、しかも1年半の傷病手当が切れてアパートの家賃も払えなくなった危機迫った去年の春、
「うちに来て療養したら。」
と言ってくれた。

なかなかしんどくて起きられないアタシの代わりに、忙しい時間を割いてゴハンをつくってくれたり、医者に行けと寝起きの悪いアタシをせかしてくれたり。
彼はうつ病を患ってから長いので、いろいろ専門的な知識を授けてくれた。
今お世話になっている源一郎(仮名)先生のクリニックを紹介してくれたのも彼。
おかげでアタシの病気は実はうつ病ではなく、躁うつ病だということが分かった。

でも、彼の仕事はただでさえ忙しい。
自営業だから経済的にもいろいろ厳しい。
うつ病の薬を飲み、アタシより酷い睡眠障害を持っている。
彼はアタシの存在がかなりの心労になってたと思う。

そしてその心労を敏感に感じてしまうアタシがいる。
余計こちらもそれがストレスになってしまう。

あともうひとつ、かなり前から意識の相違を少しずつ感じていたこと。
それはお互いの存在意義。

アタシは精神的にすぐ相方はんに甘えてしまう。
かわいい甘え方ならよいが、かんしゃくを起こしたりと病気で一番醜い場面を見せてしまうという非常に迷惑な甘え方をしてしまう。

それはアタシが彼を「家族」と思ってしまっていたからだと思う。
この考えが、今回の騒動を引き起こした原因のひとつであるとも思う。
もちろん甘えるだけではなくて、自分も全面的に相方はんを支えていきたいと思っていたし、マイナス面を含めいろいろな面から「相方はん(彼)」を認めていきたいと考えていた。
でも、この体調じゃあ逆にメーワクをかけてばかり、アタシばかりが甘えている現実ばかり…。

『相方はんは家族』という考えは、アタシのひとりよがりな考えだったらしい。
よく彼が言ってた言葉。
「病気じゃなければ、ただの彼氏と彼女として普通に楽しく過ごせるのに…。」

ああ、彼はアタシのこと、ただの彼女やと思ってたんや。
てか、病気持ちやと「普通の彼女」にはならんのかな。
病気も含めてのアタシを「アタシ」と認めてくれんのか…。
でも相方はんの仕事のグチを聞いたり理解をしたり、アタシができる限りのことはやってきたつもりなんやけど、足らんのか…。

あともうひとつ、アタシを精神的に追い込んでいた言葉。
「自分は好きなことをやっていきたい。仕事は自分が食べられる分稼げればいいと思っている。だから人生のパートナーは経済的・精神的に自立した女性がいい。
きちゅーの病気が早くよくなるといいね!」

彼は軽い気持ちで言ってたんでしょうが…。
病気前のアタシやったら完ぺき自立してたけど、治るかどうかお先真っ暗の今言われると相当コタえるよ〜。トホホ。

このままではどっちも完全じゃないから、精神的・経済的にいわゆる共依存状態。
どちらかの病気がよくならない限り、経済的に豊かにならない限り、共倒れになるのは時間の問題。

しばらく連絡もとらず、距離と時間を置こうと思います。
そして、彼には「相方はん業」をしばらく休業してもらおうかと。

今回の件で、アタシは言いたいことをクワーっと言ったので、なんか妙にスッキリした感があるが、彼の方はきっと「あんな恩知らずの口の悪い女なんかもう散々、こりごりだ!」と思ってるやろうなぁ。

とりあえず、この口の悪さは反省しております。。。

あと最後の甘えと思って、荷物はまだ相方はんの家に置かせてもらっています。

多くの皆様の希望通り、「相方はんとよりを戻して仲良し」→「病気も良くなる!」ってゆー筋書きに持っていきたいのもあるんですが、このブログは決して作り話やないんです。
本当のことを書いていきたいと思います。
どうなるか、ドキドキやね!(←もう他人事)

…今日は長くなってしもうた。

今日のニャニゴ:おとうのメタボ腹がお気に入り〜♪
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/2/15 | 投稿者: きちゅー

レス返しやメール返しがなかなかできずすいません。
でもなんとか生きてます。

先日の帰りの上越新幹線は、東京→新潟ノンストップという素晴らしいダイヤのものに乗ったのにもかかわらず、そこから連絡している「特急いなほ」(延々日本海側を這うようにして走る)は、爆弾低気圧の影響をもろに受けて、なんと1時間20分遅れで我が地元の駅に到着いたしました。
もちろん地吹雪ボーボーです。真っ白銀世界へ逆戻り。

思わぬ長旅。非常に疲れた…。

と、実家でのたのたと旅の疲れをとることは問題ないものの、東京での出来事が導火線となって、相方はんといろいろございまして、実家にいてもなかなか精神的にしんどい日々を送っております。

彼のアタシを心配してくれてアドバイスしてくれる内容が、なんだか重荷になってきた。
アタシは元々、世の中は理論整然と動くものとは思ってないし、素晴らしい方法を聞いたからと言ってすぐに戦闘的に動く人間じゃないし、彼のようにすぐに行動を起こせる爆発的エネルギーがない。
そんなアタシを彼はイライラして見ている。
躁鬱の思考力の落ちた頭で、よくよく熟考して立ち回るアタシとしては正直しんどい。

ここでいったん、彼とパートナーを解消しようかな〜、と思っております。

彼はアタシにできるだけのことはしてくれたし、アタシはこの状態ではこれ以上彼にしてあげられることもない。

詳細は追々ご報告いたします。

あ〜、実家に帰って3日も経ってるのにくろこさんに1度しか会ってない…。(彼女は寒さでネコちぐらから出てこない)

ネコ写真は後でアップしますです。2匹とも元気でした!

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/2/13 | 投稿者: きちゅー

ただ今、山形へ帰るべく北へ向かう新幹線に乗っております。

東京には1週間いましたが、用事をこなす以外ほとんど外出せず。
冬とはいえ、東京もうちょっと満喫したかったが自分の体調が悪いので仕方がない。
相方はん家ではやはり甘えが出たせいかなかなか起きられず、ゴハンまで作っていただく始末のくせに、寝起きが悪くて大かんしゃくを起こして相方はんをかなり怒らせてしまった。
久しぶりに会ったのに、全く情けなくて涙が出るほどメーワクばかりかけてしまいました。

最後の2泊は妹宅におじゃましました。
相方はん家でかなり寝た&平日のためか、比較的規則正しく過ごせた。
が、これが実家に帰っても続けられるのか、体調が崩れるか…戦々恐々…。

でもなんとか、東京でしなければならない用事は全部済ますことはできました。ふぅ。

ひとまず簡単に新幹線からケータイでご報告でした。

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/2/8 | 投稿者: きちゅー

昨日から東京におります。相方はん家でお世話になっております。

灰色の日本海側の地方から出てきて久しぶりに上陸した東京は、やっぱりまぶしい。
てか、太平洋側だから太陽出てるし、まぶしいのは当たり前。

それにしてもあったかいな〜東京。手袋してる人いない…。

でも、地元は最高気温1℃、最低気温-1℃と、昼夜の気温差はほとんどないのに、東京は日中太陽が出るので、気温差が5〜6℃あって夜の冷え込みが厳しく感じられる。
特に相方はん家は暖房器具がエアコンくらいしかないので、山形の実家にいるより寒く感じる…。

今回東京に来たのは、主に源一郎(仮名)クリニックに行くためです。
体調のことを報告して、今後の生活のことを相談しようかと。

年末に帰って以来、薬はどーしてたかというと、相方はんにムリ言ってお願いしてクリニックに取りに行ってもらい、送ってもらっていたのです。
抗うつ剤や睡眠剤は薬事法で2週間分までしか処方できませんからな。

あと、自立支援制度の更新など書類のもろもろ手続きもしなきゃ。
東京に来たからといって遊んでるヒマなし。(遊ぶお金もないけど)
ただでさえ長旅をしてきたので、疲れで体調を崩さないために、一日ひとつの用件だけを片付けることにしてます。

ちなみに、今回の交通費は親から出していただきました…ありがとう。

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/2/5 | 投稿者: きちゅー

今、朝日放送「たけしの本当は怖い医学」を見てます。
たまたま、「双極性うつ病」(躁うつ病)をやってるので見てしもた。
お風呂入ろうと思ってたのに〜。

この番組、ナレーションとか音楽とか必要以上に怖いわ〜。
しかも『メディカルホラー・エンターティメント番組』ってゆー副題がついてるのね…。

もう、アタシ、ホラー大っ嫌いやねーん!!

でも、双極性うつ病については自分にめっさ当てはまること多し。
やはりアタシは躁うつ病なのね〜。

・・・
「今やうつ病は誰でもなる病気です。」ということで、番組では性格を3つに分けて、かかりやすいうつ病となってしまった時の周りの対応を簡単に紹介しちょりました。

うつ病の原因を語られる際によく使われる「病前性格論」というのがありますが、それでしょうな。

番組で言ってたのを簡単に紹介♪

@メランコリー親和型(几帳面・真面目)
…単極性うつ病になりやすい。→「頑張れ」と励まさない。

A高揚気質(社交的・元気)
…双極性うつ病になりやすい→「お願い」と頼まない。

Bディスチミア親和型(自由・自己愛型)
…1970年代以降生まれの若者に多い。今多くなってきている型のうつ病→逆に「頑張れ」と励ます。

Bは最近新しく出てきた説ですな。
しかし、「頑張れ」って言ってもいいうつ病があるんやね。
てか、アタシ、1970年以降生まれなのに思いっきり性格や病気がA(@も入ってるな〜)ですな…。
ちょっとショック。

ビートたけしが番組内でちょこっと言ってたけど、「自分、うつ病の気がある。どうしても仕事に行きたくなくて休む時がある。」って。
しかも、性格の分類はアタシと同じAだった!
世界のタケシと同じだよ!

ふっふ〜。
(とここでまたハイテンソンになってはいけない。)

☆追記
番組HPに自分がどの性格なのかどうか調べられるページがあります。
ぜひやってみたらどうでしょうか?
http://www.asahi.co.jp/hospital/index.html
↑「うつ病三大性格問診」をクリック!

ちなみに今日の番組の内容は、2/5のところに紹介されてます〜。

今日のくろこ:夜にみんなが寝静まった時、アタシにしか見せないセクシーポーズ♪超レア画像よ!
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/2/4 | 投稿者: きちゅー

昨日は節分でしたね。
うちの昨日の夜ゴハンは、恵方巻きと雑煮モチ(!)というよく分からない献立でした。
ま、居候でタダで食べさせていただいてる身分ですので、どちらもしっかりいただきましたけどにゃ。
南南東を向いて食べました。あ、でも途中しゃべってまったわ。効果ナーシ!(汗)

てゆーか、節分で恵方巻きを食べるって元々大阪船場の風習よね。
こんなへんぴな東北地方まで行き渡ってるって不思議にゃ。

・・・
さて、不思議な話とは。

おとといのことだが、昼間フツーに起きてパソコンをして過ごしていた。
しかし、午後5時半くらいに予告なしに突然ぐらぁ〜と頭が重くなり、重心がくらんくらんしてソファにも座れなくなった。
およよよよ〜なんだかヤバいなと自分の布団に潜りこみ、横になってると数分後、おかあが仕事から帰ってきた。

…この絶妙なタイミングといい、格好といい、まるで夜ゴハンの手伝いを故意に放棄しようとしている感じではないか、自分。

しかし、声をかけられてもどうにも起き上がれない。
うつ特有の頭痛が強くなってきたので、なんか知らんがうつうつの波が来たのか?と思って薬を飲んだが全く効かず。
何度かゴハンに呼ばれたが起き上がれず、とにかくほっといて欲しい感じ。
とりあえず、アタシの分の夜ゴハンは冷蔵庫にしまって頂き、具合がよくなったら夜中にでも食べることにした。

とにかく頭が重くて熱があるように眠い(でも熱はない)ので、それに任せるまま寝ていた。
途中、相方はんから電話があったが会話にならず、すぐに切られる。

部屋のどこかから、うわ〜んうわ〜んという波のような音が聞こえる。
低周波か高周波か、簡単に言えばそんな感じです。
しかしこれはアタシが具合の悪い時によくあることなので、特に気にせず。
ただ、うっとおしいわぁぁ…神経に障って熟睡できない。
睡眠導入剤も効かない。
しばらくしたら、うわ〜んうわ〜んという波の音に呼応して頭痛がする有様だぜ!
ちょっとこれはあんまりないよ!

と、布団の中で死人のようにぐだーっとなってると、夜家族が寝る頃になって、いつもはおかあの腕枕で寝ているニャニゴが、戸を開けてアタシのいる客間に入ってきて、布団に潜りこんでアタシの隣にきた。
そして、くわぁ〜。と真っ暗な部屋の一隅を凝視した後、寝た。

その直後、あんなにうるさかったうわんうわん音がぱたっ…と消えた。

…それから自分は深い眠りに落ちていった気がする。

ニャニゴは朝方まで一緒にいたが、おかあが起きてきたらさっさと客間から出て行った。

朝方は元々いつも具合がよくないのと、昨夜から何も食べていないのとでフラフラで起きられない。
おかあに手を引っ張ってもらい、やっと起きてゴハンを食べました。
33歳にもなってどんな起こされ方しとるんや、自分。

ただ、あのひどかった頭痛やぐらぐらはなくなり快適っ!
ゴハンも食べて血糖値も上がって快適っ!

ネコの病魔よけ?厄払い?
ニャニゴが具合よくしてくれたんかなぁ〜?
いつもヘタレとか口が臭いとかヨダレが出てるとかバカにしてゴメンよ。。。(でもこれでもかわいがってるのよん)

と、ネコバカにも程がある話でした♪

でもニャニゴの「くわぁ〜」はめったに見られない表情っす。

今日のニャニゴ:リビングにあるノートパソコンをいじってても、このようにヒザに乗って丸くなってる。重いっちゅーねん!
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2008/2/1 | 投稿者: きちゅー

2月になりましたね…。

えー、去年の9月〜12月と3ヶ月も入院生活を送り、生活リズムも立派に改善し、実家でかなりよい療養生活を送っていると思われている皆様。

うあぁごめんなさい!!きちゅーはぐだぐだです!

朝というか午前中起きられないのよよよよよ〜ぅ(泣)。

ただですね、夜更かしは止まりました。
さすがに病院のように夜9時就寝とはいかないけど、お風呂は夜ゴハン前に済まし、テレビは11時までと決めて、遅くても12時には寝るようにしている。

最近は寝つきもよくなり、睡眠導入剤を減らして飲んでも気持ちよーく眠れる。
これは助かる〜。

そして毎朝目はパッチリ覚める。6時〜6時半に。
これは病院の起床時間のリズムがまだ残ってる証拠なのかもしれん。

がっ、ここからが問題!!
目は覚めるがカラダが動かない!
というか、動こうとする気が起きない…。


以前のように、ウツ〜という重い気分ではないが、自分、別に起きなくてもどうせいいんじゃないか、世間は変わらんやん、みたいなどよよよ〜んとした感じ。

…で、いつの間にかまた寝る…。

家族はアタシに対してどう対処したらよいか分からない、というかまだ様子見って感じなので、ムリに起こそうとしない。
起こすとたまにアタシの罵声が飛んでくるし、嫌なのもあるのでしょう。(←しかし罵声を出した本人は覚えていない…。)
朝食は作っておいてくれて、おとうもおかあもそのまま仕事に出かけていく。

家の中、し〜ん・・・
静か過ぎて余計眠りに落ーちーるー。
ばあちゃんがいますが、95歳でほとんど動かないので音立てないしね。

いつの間にかニャニゴが布団の中に入り込んできて、気持ちよく一緒に寝る…。
(夜はおかあと寝てます。)

しかし、ハラは減るっ!
これも、病院で3食きっちり食べるクセをつけたからだろうね。
さあ!これでちゃちゃっと起きて、隣のリビングに行けば朝食が待ってるるる〜。

…ということは頭の中では分かってるのに、その気力が出ない。
おなかはグーグー鳴ってるのに、起きる気力、布団から出る気力、食べる気力が出ない!

で、気がつくとお昼です。
不思議なことに、お昼過ぎになると突然カラダの重いモノがふっととれたような感じになる。
それ!このタイミングで起きにゃああああ!!!
そして、朝&昼食同時に摂る…。

こんな感じでここ1ヶ月強、実家の療養生活送ってきました。。。

おかあ曰く、
「普通の人はハラ減ってたら寝てられないよ〜。あと、午前中寝てるのは仮病(?)みたいにして寝てるのかなと思ったけど、よく見たら熟睡してるな。部屋のドアを開けても全く起きないし。そーゆーとこが普通の人と違うし病的だ。」
だそう。

うつ病の人は朝方弱くなるらしいが、身体的にはうつがまだ治ってないのかね〜?
自分的には、入院して抗うつ剤を強いのに変えてもらったおかげで、ウツウツはもうなくなったと思ってるんだけれども。

ただ、入院中も午前中は非常にツラかった気がします。
周り(看護師さんとか)は他人だし、何度も起こしに来るので、迷惑をかけたくなくて、気をつかってムリヤリ起きてた感じだったなぁ。

よく考えたら、過眠やん。
ネコ並みによう寝てるわ。

今日のくろこ:くろこは普通のネコよりやや長毛。しっぽはちょんぎれてる。
クリックすると元のサイズで表示します
くろこの座った場所はめちゃめちゃ毛だらけになる…。でも触りごこちはふわふわしてて最高にゃの♪

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!




AutoPage最新お知らせ