2007/12/31 | 投稿者: きちゅー

帰省した時は天気がよかったのに、だんだん天気が悪くなって、例年通りの日本海側らしい年末になってまいりました。

らっ、上空に強い寒気団がやって来たせいか、昨日はひどい頭痛にノックアウト!!
そのせいで全くカラダが動かない!
とりあえず朝食を食べてまた布団にもぐる。
救いなのは、気分の落ち込みがないことくらい。

しかし、おおぅ〜そおいえばこんなときのために退院時に大量に処方してもらった痛み止めがあったわ!とカバンをごそごそする…
が、ないっ!薬がなーーーい!

考えたら頓服薬、相方はん家のキッチンに置きっぱなしやったわ…。(泣)

実家の救急箱にあったバファ○ンを飲んだが、全く効き目なし。
うつの頭痛だから、あんまり優しい成分が多すぎると効かないのよ…トホー。

というわけで、年末だというのにひたすら寝る、寝る、寝る…。
換気扇掃除どころではない。
昼ごはんも食べず、夜ゴハンもパス。
(いつもの薬だけは飲んだ。)
動けなくなるほどのこんなひどい頭痛は久しぶり。。。

おかあがそんなアタシの様子を見て、
「ううむ、退院したとはいえ、やっぱりまだちゃんとは治ってないんだな。しばらくはおとなしぐしてなんねんだな〜。(おとなしくしてなきゃならないのね〜。)」
と。

しかし、夜11時からはNHKで『サラリーマンNEO』の特番があるので、その頃には頭痛も治って起きれるだろうとケータイのアラームをつけていたが、あまりにも具合悪すぎて起きれず!ぐわあぁ〜。
数日前から楽しみにしてた番組をパスせざるを得ないほどって〜!よっぽどヒドいよ。
(ちなみにテレビをめったに見ない相方はん家はもちろん、なぜかうちの実家にもDVDレコーダーはありません。妹ん家に録画頼めばよかったな…。)

しかし、昨日一日中死んだように眠ったおかげで今朝はちゃんと起きられた。
まだ頭痛はするけれども。
外を見ると雪で真っ白…。

昨日の夜ゴハンのメインだった『どんがら汁』(こちらの名物、寒ダラの味噌汁のこと)の残りを食べながら、
「さっ今日は大みそかだし、ちゃっちゃと掃除すっかな〜。」
と言ったら、おかんが
「無理にしなくていい!ゆっくりしてれ!」
とイキナリ優しくなっていた。(笑)

掃除はとにかく(いいのか?)、せっかくの大みそかだし、紅白はどうでもいいけど、『ガキ使スペシャル』は見たいなぁ。

では皆さん、よいお年を〜。

今日のネコ画像:今年最後は黒吉で締めるか。
クリックすると元のサイズで表示します
来年はいいこと招いてくれますように〜♪(…ってヤル気ねーな、黒吉。)

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2007/12/29 | 投稿者: きちゅー

今日で多分うちの会社が仕事納めだろうと、昨日うちの上司にメールを打っといた。
退院したことと、今実家に帰っていることを簡単に。

今朝、その返事が来た。

『少しは前より元気そうな文面で何よりです。
 ご両親も娘が手元に居ればひと安心でしょう。
 親孝行できて良いお正月になりそうですね。

 顔を見に行こうかとも思ったけどやっぱり場所柄ねェ、、、
 色んなこと想像しちゃって、、、行かなくてごめんなさい。』

入院前に、上司に病院の名前と場所をメールしといたのであった。
一応、忙しい中アタシんとこに見舞いに行こうとしてたのね。

しかし…やはり精神病院に行くのは偏見があるか…。
そりゃそうだよな。アタシだって2年前に心療内科にかかったことですら、自分自身でショックだったもんなぁ。
というか、逆さまに考えると、フツーの人っていろいろ想像力が激しいな。

最後に、
『退院したばかりじゃモヤシっ子になってるだろうから風邪
やら菌やら色々気をつけるんだよ。 』

と結んであったが、「とうとう精神科病院に入った」ことで、休職した以上にいろいろ思われてのかもしれんなぁ…。
ま、いいけど。

病気を治して働けさえすれば、そんな偏見はチャラ(?)になるやろ。
(と、かなり楽観的に言っちゃうところがそううつ病やな。)

今日のネコ写真:ヒザの上でニャニゴぐるぐる。
クリックすると元のサイズで表示します
このまま3時間…重いわ!

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2007/12/28 | 投稿者: きちゅー

今回の帰省でおかあとは1年ぶりに会ったが、アタシの顔色を見るなり、
「ふむ。病的な感じはかなりなくなってる。とりあえず安心した。あとは日常生活をつける体力をつけることだな。」
と。
ほーぅ。医者から言われた経過も話さないうちにそんだけ分かるとは。
さすが母親だのぅ。

と思ってたら、その言葉は、実家生活が去年と全く違うことになる前兆(?)であった。

ちなみに去年のお正月は寝正月一色。
うつがひどくてほとんど起きられなかったのだ。

しかし、今年はちがーう!!

退院後、優しい相方はんはアタシが朝なかなか起きてこなくてもそのまま黙って寝かせてくれていたが、今年のおかあは全く容赦ない。

「もう8時過ぎた!遅いっ!早く起きれ!!」

仕事がある両親は朝7時には起床する。
「朝ゴハンくらいみんなとそろって食べれ!」と言う。
いや、夕食もみんなで食べてるやんけ…。

起きるのがめんどくさくてふにゃふにゃしてると、リビングから何回も怒鳴ってくるぜ!

しかもおかあは、
「きちゅーが帰ってくるっていうから、家の大掃除少し残しておいたからな♪」
という。
まぁおかあは大みそかまで仕事があるからな。ちょっとは親孝行すっか。
しかしどこかとよく聞いてみると…台所の換気扇。。。
しかもうちの換気扇デカいよ。アミアミとかあるし。しかもしっかり1年分のアブラ付き。
重曹でなんとかすっか…。

あと、
「おばあちゃんの昼食もお願いな♪」
と頼まれた。
えっ…。
昼ごはんなんか冷蔵庫の残り物で済まそうと思ってたのに、おばあちゃんは暖かい麺モノが好きだから作らんといかんやん。
しかもうちのばあちゃん、バッチリアタシのことをアテにしているし(ばあちゃんはアタシの病気のことは全く知りません)、95歳だから半人前しか食べらんしいぃ〜。
正直めんどくさ…ぃぃぃ。。

しかも、今日はおかあの仕事が遅くなるので、夕食作りも頼まれた。
相方はんとだったら2人前で済むが、4人分(しかも1人は半人前で固いもの食べられん)作らなあかん。

というわけで、今日は豚のしょうが焼きを作りました。(あとその他副菜も少々)

いや〜、このリハビリ生活、とりあえずはおかんが仕事が休みになるまでの年末までもつといいがな。

今日の画像:こちらも久々!くろこさんです!15歳(人間でいうとばあちゃんくらいか?)!!のツヤツヤ美女ですわ〜。クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに抱くとニャニゴよりズシッっと重いです。約1キロくらい違うらしい。

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2007/12/27 | 投稿者: きちゅー

実は昨日、山形に帰ってきました〜。
山形といってもうちの実家は日本海側なので、山形新幹線は通ってません。
上越新幹線で新潟まで、そこから特急に乗り換えて合計4時間超…遠い。
でも、忘年会行くよりこっちのほうは源一郎(仮名)先生からあっさり許可されたしな…。

当日、東京駅で乗車券を買うと、案の定新幹線の指定席は満席。
(予定を立てて前もって動いておく、ということは想像できても行動に移せないのがうつ病患者。)
しかし!幸運なことに自由席で座れた!
まだ本格的な年末休みに入ってなかったので、乗車率がほぼ100%てな感じでしたな。

地元に着くと、めっちゃ晴れとる…。暖かい。そして穏やかな日本海。キモチ悪いほど珍しい年末だ。
これでは東京と変わらんではないか。

しかしどこまでも続く田んぼ、空を飛ぶ白鳥の群れ、雪で真っ白な山々。
ううむ、やはり北国に帰って来たのだな。

そして実家といえば、くろこさんとニャニゴ!!

だが実家に着いたとたん…2匹ともスタコラ逃げやがった!!
ゴラッ!2匹ともアタシの娘と息子だぞ!!親を忘れるとはケシカラン!
というか悲しいぃ〜(T_T)。

と思ったら、ニャニゴの方は夕食のハタハタ(こちらの名物の魚です)をちょっとあげたらあっさりひざに乗ってきたぜ!ある意味単純過ぎる。。。
ちなみにくろこさんは頭がいいので、そんな手にはやすやすと乗ってきません。

まぁぁぼちぼち久しぶりのネコと一緒の生活を楽しみつつ、ゆっくり実家療養します〜。

久々!ニャニゴ画像です!
クリックすると元のサイズで表示します
ムリヤリりりしく撮ってみましたがどうでしょう…?

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2007/12/26 | 投稿者: きちゅー

入院中、患者のおばちゃんたちが立ち話をしているのをたまたま耳に入ってきたことがある。

「私、C型肝炎なんだよねぇ〜。」
「あ、私も。」
「私もそうなのよぅ。」

…あ〜ん?ここ、精神神経科だよな。
50名ほどいる女性患者の中で、3人もC型肝炎て割合多くないか?
しかもみんな出産時に使われた、なんとかという製剤でなったとか言ってる。

肝炎てB型だのC型だの、いろいろあってよく分かんないけど大変やなぁ〜。

…と思って退院してみると、ニュースで裁判だの議員立法など、最近すごい話題になっている。
肝炎て、進むとガンになったりするんやね。コワー。

実は、うつ病というのは他の病気にかかってなる場合も多いらしい。
昔アタシがバセドウ氏病(甲状腺機能亢進症)になったことがあるので、うつ病になった時にかかった病院で、バセドウ氏病が再発してないか一通り血液検査された。
今回の入院のときも調べられた。幸いにしてアタシの場合は再発はなかったけれど。

話を聞くと、ガンなど重篤な病にかかるとうつ病を併発する人が多いらしいです。
インフルエンザでうつ症状、ひどいと本物のうつ病になる人もいるらしい。
まぁ考えてみれば、健康な人でさえ風邪をひくとうつうつした気分になるしね。

アタシの病棟では、事故に遭って下半身まひになって車椅子生活になり、うつ病にかかって入院してる人もいてました。

もしかしたら、C型肝炎のおばちゃんたちは体調の悪くなっていく中で、福祉支援の未来が見えず、精神が参っちゃってたのかもしれません。
とりあえず一律支援が決まってよかったね。まだどうなるか分からないけれども。

日本ではうつ病をはじめ、精神病の理解や国の福祉支援体制はまだまだ遅れている、と思っていたが、それ以下に支援の回っていない病気、重病指定になっていないというだけでいい治療法が保険外になってしまっている病気がたくさんあるんやな。

・・・

もひとつビックリしたこと。
…野菜がめちゃめちゃ高くなりましたね。
アブラも。
実家(山形)の灯油タンクが外にあるので、灯油ドロボーに遭わないかが心配だ。

今日の黒吉画像:エサ食べ中。なぜうつろな目に…。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2007/12/24 | 投稿者: きちゅー

毎朝きちんと目が覚めるのに、寒いのと現実を見るのがイヤで、布団の中からなかなか出られず、そのままうだうだと何時間も過ごしてしまう今日このごろ。
イカン・・・。これじゃ何のために3ヶ月も入院生活を送ってきたのか分からなくなるではないか。

今日もうだうだ楽しい夢を反復しながら布団でもこもこ過ごしていると、相方はんが、
「そろそろ起きて教会に行かないと座れなくなるぞ。」
と起こしに来た。

そう、今日はクリスマス・イヴであった。
実家がクリスチャンで中・高とキリスト教系学校に通っていた相方はんが年に一度、(多分)必ず教会に行く日である。

クリスマス・イブ礼拝は午後4時から。
時計を見たら・・・まだ(?)2時。
相方はん家から一番近い教会ですが、大きな病院に併設している歴史ある教会。
しかし、とても人気のある教会なので、時間通りに行くと礼拝堂の中に座れないのだ!

起きると行動が素早くなったのはうつ症状がよくなった証拠か。
30分ほどでパンを食べ、着替えて化粧して出かける準備を済ませてGOー!

礼拝が始まる30分以上も前に着いたのに、聖歌隊はもう歌っていて、礼拝堂もけっこう人で埋まっている。
なんとか座れましたが・・・おおぅ。

実家は浄土宗で、何かお願い事をする時は日本の神様にすがるという典型的な日本人のアタシですが、こんな異教徒でもなんというか、教会に行くと荘厳さと安らぎを感じますなぁ。

礼拝が始まる前に、祭壇をカメラでパチリ♪と思ったら、

「カードが入っていません。」との表示が。。。

カメラにメモリカードが入っていなかった。くああ、アホすぎる・・・。

↓仕方がないので去年のブログを。去年と同じ教会だしね。雰囲気は同じっす。
http://moon.ap.teacup.com/applet/kityur/20061224/archive

去年はリーゼ(精神安定剤)を飲み飲み礼拝に参加してましたが、今年は全くそんなことはなく。
この病気って年単位でよくなっていく病気なんだなぁとしみじみ感じました。

牧師さんが祈祷するところで、「病める人々のため」の一文があったのでそのご紹介を。(さすが病院の教会やね。)

『天の父よ、病のうちにある兄弟姉妹のために捧げる祈りをお聞きください。
どうかこの人々を憐れみ、み恵みによってその体と心を強め、病に打ち勝たせて下さい。
アーメン。』

そっか〜、病気を良くするっちゅーことは「自ら強くなって病と戦う」ちゅうことか。
逃げたら負けやんな。ふーむ。

来年のクリスマス・イヴには、今年よりもっと病気がよくなってるとええなぁ。

今日の画像:礼拝の後はあっさり俗世間の風習でケーキを食らう。
(フライドチキンで夕食をしっかり食べた後になのに、今日で跡形もなくなりました。)

クリックすると元のサイズで表示します

今日の黒吉画像:マターリ。すると黒ネコだから表情がよく分からなくなるな。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2007/12/21 | 投稿者: きちゅー

退院する時、今後どうしたらよいかと主治医の美紀(仮名)先生に相談したところ、アタシの病状は比較的よい位置で安定しているので、病院内の作業所(OTセンター)には通わず、日常生活でリハビリをすればよい、とのこと。
投薬治療は、美紀(仮名)先生が外来を担当するのは週に2日しかない上に、予約しても2時間待ちがザラだと。
前通ってたクリニックが合っていたようなので、そちらに『入院経過・治療報告書』を持って行けば問題ないでしょう、との結論。

「うちの病院、入院するにはいいとこだけど、外来はいわゆる『5分診察』が多くてね〜。結局、薬の調整だけで終わっちゃうから・・・。」
と美紀(仮名)先生、最後にホンネをぽろり。
まぁ、病院て多くはそんなもんだよなー。アタシが前に通ってた病院もそんなもんだったわ。

それに、自立支援制度はアタシは源一郎(仮名)クリニックとその1階にある薬局を指定しているので、今さらそれを変える手続きなんて面倒でやりたくないし、何よりも場所がチャリで行けるほど近いし。

・・・というわけで、先日久しぶりに源一郎(仮名)クリニックに行ってまいりました。

「きちゅーさん、入院はどうでしたか〜?ゆっくり休めましたか〜?」
と、源一郎(仮名)先生。変わってない。
「よかったです。いい病院でしたし。うつうつもなくなりましたー。」
と言うと、源一郎(仮名)先生、にこにこと報告書を読みながら、
「それはよかったですね〜。」
と。
「しかしだいぶ強い薬を処方されてますねぇ〜。副作用はありませんか〜?」
「幸運にもないですね。」
(ホントは口の渇きがヒドイが、ガムを噛めばなんとかなるので考慮には入れず。)
「そうですか〜。何か困ってることはありますか〜?」
「たまに(気分が)バンと上がってドンと落ちて、ガクッと(動けなく)なりますかねぇ。」
という、よく分からない擬音だらけの言葉でも、
「そうですか〜。(気分の)波がまだ落ち着かないかな〜。」
と、源一郎(仮名)先生はしっかり分かってくれるところがスゴイ。

「きちゅーさんの場合、人とコミュニケーションをとる時がんばっちゃうんだよね〜。その時ちょっと躁(そう)状態になって、それが落ちてガクッとなるのね。まだ退院して日にちが経ってないし、1ヶ月くらいは家でゆっくりいこうね〜。」
「はぁぁー。それは病院の先生にも言われました・・・。」
と答えた途端、思い出した!!
今週末、親友ねこまたが幹事の忘年会があるんや!!


「もちろん、ノンアルコールで通しましてですね、えぇぇ、その晩に帰りますよ、えぇ・・・。」
と切り出すと、源一郎(仮名)先生は報告書を手に困った顔で、
きちゅーさん・・・今回はやめましょう。。。また倒れちゃうと、きちゅーさんが大変でしょう?
と!!
ギャー!!忘年会、ものっすごく楽しみにしとったんに!!

多分、美紀(仮名)先生からの報告書に、友人モギーの結婚式の二次会に行った後の顛末が詳細に書かれていたと思われる・・・。

「んじゃ、帰省もダメでしょうかね?」
と言うと、
「帰省はいいですよ〜。」
とアッサリ。
えーと、実家はいいのか、実家は・・・。

アタシがあんまりガックリしてるので、かわいそうに思ったのか源一郎(仮名)先生は励ますように、
「きちゅーさん!来年また診察して、その結果よかったら新年会なら行っていいですよ。新年会ならね〜!」
と、よく分からないお許しが出た。

というわけで、新年会を目指すべくゆっくりゴロゴロいたします。

今日の黒吉画像:やっぱり凶暴か!
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2007/12/20 | 投稿者: きちゅー

退院して早1週間が過ぎました。

3ヶ月で身に付いた生活習慣というものは素晴らしいぃ。
まず、必ず朝6時前後にに目が覚める。
何時に寝ても、光が入らない真っ暗な相方はんの部屋で寝てても目が覚める。

しかし、なんぼなんでも早すぎるので、2度寝する・・・。
ここら辺は病院にいた時と同じ。

それと、1日3回お腹がすくようになった。
入院前は2食で済んでいたのに、体が3食求めるのだ。

しかーし、やはり入院生活と普通の生活のギャップは大きい。
まず、病院と違って家は寒い。なかなか体が動かない。
OTもないので、入院時より運動不足になってるような気がする。
その代わり、洗濯や掃除、買い物など日常生活の動きというものをしているが、けっこうこれはこれで大変・・・。
OTはせいぜい午前午後それぞれ1時間半で終わり、体調の悪い時は休むこともできたが、日常生活は休むことができない。どんどん仕事が積み重なっていくだけで悪循環になる。

一番大変なのは食事の用意。
病院では決まった時間に食事が出てくるが、家では献立を考えることから始めなければならない。
これがちょっとでもうつ〜としてると、「考える」という作業は本当に苦痛。
寒くても、冷蔵庫が空っぽだったらスーパーに買い物に行かなければならない。
時間がけっこう取られる→それが1日3回だから、これだけで1日が終わるような気がする。
まぁぁ会社に行けるようになれば、昼食は注文のお弁当や外食で済ませられるようになると思うので、今だけの苦労かなぁ。
でも、専業主婦の人はどうしてるのだろう・・・??(特に二人暮らしで子供いない人。)

この1週間を見ても、あまりにも面倒なので、お昼を抜かしたり、相方はんが仕事で夜家にいない時はスーパーの総菜や弁当を買って済ましたことが何度も。
食事を抜くのはイカンなぁ・・・。

でも、入院前と違ってうつうつはほとんどと言っていいほどなくなりました!!
煩雑な日常生活から離れ、ゆっくり休養をとり、薬を変えたからだと思う。
この快適さをうつうつで悩んでいる皆さんに分けてあげたいっ!!
ただ、薬は入院時と量は変わりませんがね・・・。

あ、変わったのは睡眠薬が減った。というか入院前と同じ量に戻った。
病院は同じ部屋にいろんな人(イビキ、しくしく声など)がいるので、やっぱりちょっとその辺はストレスだったのね・・・。

黒吉画像:ネズミとにらめっこ。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2007/12/19 | 投稿者: きちゅー

入院中は半袖でいたのに、シャバの寒さに当たりあっさり風邪引きました・・・。
葛根湯と甘酒(1%アルコール入り)でなんとか1日で治りましたが。
寒い、寒すぎる。皆さんも気をつけて下さい。

さてさて、黒吉再会の報告その2です。

考えてみれば、黒吉はもともと抱かれ好きではないことを思い出した。
ねこまたのお父さんもそう言ってたし。
というわけで、ナデナデから始めることに。

黒吉も「なーんかコイツ見たことあるな〜。」という顔をしている。
逃げない。
で、手を鼻に近づけてみる。
・・・・
と、突然「おお!嗅いだことがある!」
と思い出したらしい。急にゴロゴロいいだした!
で、おひざに乗っけること成功!!
そのまま丸くなって1時間ほど寝てくれた!
(嬉!が足がシビれた・・・)
クリックすると元のサイズで表示します

「黒吉がこんなに動かないでいるのは珍しいなー。」
とねこまたのお父さん。
そうか・・・そんなにうろうろ悪さばかりしてるのかコイツ・・・。

こうなったらこっちのもの。後はアタシが捕まえても逃げなくなりました。
ホホホ。楽勝だわ♪だって元々うちの息子ですもの。

黒吉はねこまた実家でお世話になってる間、かなり自由にのびのび育ててもらったよう。(但し家猫なので外には出しませんが。)
3〜4歳上と思われる「たぬき」(愛称「たぬー」。注:猫です!)とじゃれあって、いい兄弟関係になってるよう。この2匹はとても仲がよいので、引き離したらかわいそうかと思うくらい。
クリックすると元のサイズで表示します
↑「タヌキ」。洋猫の血が入っているものと思われます。

東京に帰る時、ねこまた父さん、ねこまた母さんから、
「またいつでも黒吉を見に遊びに来てね〜。」
と言われた。
この二人からも黒吉を離したらきっと悲しむだろうなぁ・・・。

って、黒吉は一応うちの息子なんだか心境複雑。

黒吉画像:こんなにおっきくなりました〜。
クリックすると元のサイズで表示します

↓ちなみにアタシが入院する直前の黒吉。ちっちゃ!
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

2007/12/16 | 投稿者: きちゅー

退院後一か月はなるべく病院と同じリズムで生活し、過活動は避け、職場復帰はまだするなと言われているきちゅーです。

師走の忙しさ、今年も免除。会社の皆さんスイマセン。(←と言いつつ、あんまりすまなく思わなくなってきたのは病気が回復してきた証拠…らしい。)

クリスマスまでは相方はんと過ごし、年末年始は山形の実家にゆっくり帰省する予定を立てた。

ついでに親友ねこまたの実家に預けている息子の黒吉を引き取り、一緒に山形に帰ろうと思っていた。
実家にはニャニゴとくろこさんがいるし、遊び相手には事欠かないかと。

…と思っていたところ、ねこまたから思わぬ待ったがかかった。
「あんな暴れん坊連れて帰省したらかなり疲れる。体に負担になるからやめろ。」
だと。
ねこまたが言うには、「過去いろいろな猫を20匹以上見てきたが、黒吉はその中でトップの暴れん坊だ。」
と。

…黒吉、一番…ワル?
誰に似た?(アタシか?)

んじゃもうちょっとこちらの生活が落ち着くまでもう少し…と預けさせてもらうことにした。
が、やはり退院したからには黒吉に会いたい〜!

というわけで、昨日今日と小田原のねこまた実家にお邪魔してきました〜!
久しぶりに山や海を見ながら電車に乗る。ちょっとした旅行気分だにゃ。

ねこまたと一緒にねこまた実家に行くと、さっそく玄関に黒吉の姿が!
おお!3ヶ月以上ぶりの再会!かあちゃんを出迎えてくれたか!
と思ったら…逃げられた↓

黒吉はふたまわりくらい大きくなって、黒光りしていたが、表情は幼い頃と変わらない♪
人間に例えると、小学校高学年から高校生になった感じかな。
でも相変わらずくりくりおめめでかわいい奴よのぅ〜と捕まえて抱っこしたら、するりとまた逃げられた(泣)。
相方はん連れて来なくてヨカッタ…とこの時マジで思った。もしいたら彼はこの状況に本気で泣くだろう…。

ガックリしていると、ねこまたのお母さんがアタシの退院祝いにとケーキを焼いてくれていた。
しばし親を忘れたコドモの冷たさなど忘れてケーキを堪能。
めっちゃウマー!以前にも書いたが、ねこまた母さんは料理がとても上手なのだ!(ちなみにその娘は普通だと思う。)

話では、黒吉はねこまた実家でも相当ワルをやってたらしい。
ゴミ箱はひっくり返す、金魚のエサをぶちまける、天井近くの桟に登る…本人はゴキを追いかけてたらしいが。

おおぉスイマセン(汗)。

続きは明日…。

2007/12/14 | 投稿者: きちゅー

前にも書きましたが、予告なくアタシのパソコンがぶっ請われて立ち上がらなくなったため(泣)、退院しても自由にパソコンを使えなくなってしまいました。

相方はんのパソコンをお借りしてお送りしたいと思うものの、パソコンは自営業相方はんの仕事必須アイテムの為、なかなかお借りできない。。。(マックやから、やや使いづらいし・・・人のパソコンに文句つけるなってか。)

というわけで、主にケータイから打ちつつ、画像は相方はんの寝てる間(主に早朝)にしゃっと添付したり、そんなこんなでこのブログを続けます。

ってことで、一番何が言いたいかというと、コメント返しがやはりできにくい状態である、ということです。
返事ないのでコメント書かない・・・という人ゴメンナサイ。でもアタシはとてもうれしく思っています。
ヒマさえあればケータイでコメントをチェックしてるくらいです。よろしくお願いします。

今日は下戸の相方はんが忘年会にお呼ばれして留守なので、相方はんのパソコンからお送りしております。

ので、前置きも長くなったことだし、病院生活を送った感じになれる画像を大公開しましょう。
ただし、病院内はホントは撮影禁止なので、アタシのベッド周りだけですが・・・。

まず、アタシが寝てたベッド。
クリックすると元のサイズで表示します
↑一緒に入院してた「とよげろ」さんです。大阪府豊中市の方から譲り受けたのでこの名前。
アタシの担当看護師さんは勝手に「ちゃちゃまる」と呼んでおりました・・・。
ちなみにピンクの枕は家から持ってきた「メディカル枕」(「通販生活」で購入)。アタシはこれでないとよく眠れません。10年ほど愛用しております。

ベッドが窓側に移って2ヶ月ちょっとの間の窓の外。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
退院する頃には葉っぱが一枚もなくなった。
季節の移り変わりってコワい。。。

最後の日の病院食(夕食)
クリックすると元のサイズで表示します
見た目はアレですけど、病院内で作られてる食事だったので、けっこうおいしゅうございましたよ♪

病院のネコ紹介:「くろみー」。凶暴な若いメスです。噛まれたこともあります。(アタシがちょっかいだしすぎたということもあるが)多分「くろむー」の子ども?
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/13 | 投稿者: きちゅー

今日は朝食を食べて、一時間でベッド周りの荷物を片付け、午前10時には早々と自分のベッドを追い出されました・・・。(次の入院患者が来るというので。)

相方はんが11時に迎えに来てくれることになってたので、その間荷物はナースルームで預かってもらい、入退院事務室に行って精算手続き。
(入院においくらかかったかは後ほどまたご報告しましょ。)

その後、また病棟ロビーに戻り、ナースルームで精算終了書と引き換えに一週間分の薬と、預けていたムダ毛剃り用安全カミソリを受け取り、ロビーでぼーっと待ってると相方はん登場。

残念ながらアタシの担当看護師さんは今日は休みだったので、代わりの看護師さんがナースルームにアタシを連れて行って、最後のご挨拶をすることに。

「きちゅーさん、退院でーす!」
と大きな声で言われると、ナースルームにいた方達全員がパチパチ拍手をしてくれて、
「おめでとうございま〜す!」
と言ってくれました。
「長い間お世話になりました〜!」と皆さんにお礼を言い、病棟から出て、外来待合室を通り抜け、正面玄関からを意気揚々と病院を去っていく。

おーもうここには来ないぞ〜!!(なるべく)

という思いを抱きながら駅に向かう。

…しかし珍しく雨。寒い。
そういや入院の時も雨だったなぁ…。

しかも、また問題発生!
駅の改札口に着いた途端、ない!カードケースがない!!

Suicaに障害者手帳、都営交通無料パスと三種の神器(?)が入ってるのに!
しかもSuicaはこないだ3000円もチャージしたばっかり〜!(泣)

病院で落としたカモこりゃ…。でもまた引き返して探す余力がないので、とりあえず帰ることに。

無事相方はん家到着〜!
でも入院中も週末は相方はん家に泊まっていたので、退院したという実感がまだないなぁ。

家に着くと、病院の庶務課からケータイに電話が。
「カードケース届いてますよ〜。」
と電話が。
おおおお、ヨカッタよぉぉぉ〜(←嬉し泣き)
大事なものなので、郵送ではなく明日直接病院まで取りに行って来ます。

…ってまた病院戻るのかよ。トホー。

病院のノラネコ紹介:「にゃにむー」。ニャニゴにやや似てますがメスです。天気と気分がいいとすり寄ってくるヤツでした。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/10 | 投稿者: きちゅー

退院の日もここまできたらもう確実確定だろうということで、医療保険を給付してもらうための書類を主治医の美紀(仮名)先生に書いてもらうことにしました。

しかし、そーゆー書類の受け付けは「入退院事務室」。そこを通して先生に書いてもらう仕組み。

書類代いちまんごひゃくえん…高いなぁ。これでカネ出なかったらどーしよ。

書類を出しましたよという証拠の書類に(ややこしいな…)日付とサインを書いてね、と言われたので、渡されたボールペンのフタを取ったらなんと!!

…右手人差し指の付け根になぜかボールペンの先が刺さった。
しかも結構奥深くまで。

しばらくワケ分からんでポヤーとしてると、ダラ〜〜と手のひらに流血。

「あらららっ!どうしたのっ!?血が!血が!」
と事務のおばちゃん、あわててテイッシュを持ってきてくれた。

…そう…つまり、
・おばちゃんが親切心でボールペンのフタを取って、反対側にさしこんでくれてからアタシに渡してくれた。

・ワタシその親切に全く気が付かず、フタがかぶってる方を下にして、思いっきりフタを引っ張る。

・そのはずみで自分の手にボールペンの先を刺す…。

ということでございます…。
トンマすぎ…えぇ、何を言われてもしょーがないわな、今回は。

テイッシュで止血をしたままボールペンを持ち、一応無事に書類手続きは終わる。

病棟に帰った後、ばんそうこうをもらおうとナースルームに立ち寄る。

そしたらアタシの担当看護師さんがいて、血だらけのテイッシュをつかんだ右手を見て、
「わっ、きちゅーさんどうしたのっその血!?」
と大慌て。

事情を一通り説明すると、ナースルームにいた人みんな大爆笑…。

「自傷だ自傷〜!わー大変!ワハハハ!きちゅーさんにとっては人生初の自傷じゃない?」
とからかわれながら、担当看護師さんに丁寧に消毒してもらい、ばんそうこう貼ってもらいました。

その場にいた看護師、准看護師、ソーシャルワーカーさんなどみんなから
「お大事に〜!」
「また自傷したくなったら早めに相談してね〜♪」
という言葉をたくさん頂きつつ、ナースルームを立ち去る…。

…絶対、絶対に数日間看護師達のネタにされる…。

と思いつつ、
「ま、それもオイシイやんな♪」
と思うアタシはやっぱりただのうつ病患者ではなく躁鬱病やな。

しかし案外イタイ…。ゴハンの時、箸がうまく持てなかったです。

2007/12/9 | 投稿者: きちゅー

=「帰りたくない!」という意味です。

今朝、イミなく早起きした。…というか「させられた」。しかも朝4時台にっ!

原因は例の「すすり泣きおばさん」。
夜、早々と寝るのはよいものの、中途半端な時間に目覚めたらしく、うめき声&すすり泣きが始まった…。

神経過敏で精神安定剤まで飲んで生活してるアタシのか弱い脳神経に、さすがにビシィッ!(怒)ときた。

しかしナースコールを押そうとすると、うめき声は止まり、寝ようとすると再開する…の繰り返し。
低血圧で入院3ヶ月目の古株患者のアタシにケンカ売るんかゴラアァ!(←かなり本気モード)

…と、退院数日前に朝っぱらから躁(そう)状態になるのもどーか。と冷静に思ったので、歩いてナースルームに行って報告。

がっ、土日は普段どこの病棟を担当してるかわからん当直医しかおらんので、これ以上の薬物治療ができないそう。(追加のお薬出せないので。)
アタシの「退院前にOTも何もない食っちゃ寝病院生活を満喫しよう!」計画はあっさりボツに↓。

担当看護師さんはお休みでいないし(唯一の話し相手)、天気もいいし、午後散歩がてら相方はん家に行くことに。昨日見舞いに来てもらったんだが。
ま、電車一本で帰れるからね。

こないだ相方はんが買ってきた爆笑4コママンガ『臨死!!江古田ちゃん』を読み、二人で大爆笑!(鬱な気分が吹っ飛ぶオススメ本♪)


その後、懐かしいユニコーンと奥田民生のアルバムを聞き、井上陽水奥田民生バージョンの「アジアの純真」(PUFFYより断然よろしおす。ギターかっちょええ〜)で二人でノリノリになってると。

…病院の夕食の時間だ。
あー宅配ピザ食いて〜な〜。

退院近いし、急な外泊許してくんないかな?
(規則では2日前に外泊届を出し主治医の許可をもらうことになってる)

………

「はっ。ワシら現実逃避しとらんかっ!?」
と相方はんが先に夢から覚めた。

アタシ:「○○線が爆破されて帰れないことにしよーぜ。」
相方:「そんなんすぐバレるがな。」
アタシ「あああ〜帰るのめんどくせ〜!」
…などと言ってるところに相方はんのケータイに病院から電話がっ!

「…本人疲れてるようで薬も余分に持ってますし、このまま家に泊まらせたいんですが…。」
と相方はん渾身の演技にも関わらず、病院の答えは、

NO〜!
(理由:主治医いないので夜勤の医師ならびに看護師では判断しかねる)

退院近いのになんでそこまでダダこねるかって?
も〜、17か18くらいで飲んだ酒やタバコって一番おいしかったでしょ♪それと同じ!(?)

2007/12/8 | 投稿者: きちゅー

12月も一週間が過ぎ、秋空を明るく覆っていた紅葉も、今じゃほとんど散って地面をいい感じに染めております。
ノラニャンコ達も毛を逆立てて、寒そうね〜。

しかし、病院の強化(多分)ガラスの内側の世界は常春の暖かさ。
…ってか、暖房効きすぎてあじ〜〜〜よ!
知ってる?今空前の原油高なんだぜ。いいのか、このゼイタク。

そういうわけで、アタシは未だ半ソデTシャツ姿です。下は綿の迷彩パンツが多い。(半パンは12月に入ってからさすがにヤメた。)寝る時もTシャツ。一応、アタシ低血圧&冷え性なんですけどねぇ。

そんなカッコでのたくた歩いてると、看護師さんや他の患者さんから、
「きちゅーさん、寒くないの?」
と言われますが、逆に皆さんに暑くはないのか?と問いたい。
さすがにアタシでも外に散歩に出てニャンコと遊ぶ時は綿パーカーくらい着ますよ。

年寄りなんかはパジャマに毛布の薄いみたいなよく分からない上着を何枚も羽織ってる。
ま、脂肪も表面アブラも枯れ切ったお歳だから仕方ないよね〜(毒)。せめてインフルエンザにかかりませんようお祈りしてます。
(精神科に入院してるのに、インフルエンザで死んだりなんかしたらなんか悔しいよな。)

で、冬の喫煙族。
奴らはゴハン後すぐにタバコを吸いたいがためにコートなど持って来てロビーで飯を食らい、終わったらコートを来て即、外の喫煙所へGO。
(前も書きましたが、うちの病院は施設内はもちろん敷地内も全面禁煙です。)

東京とはいえ、夜の外は寒いよ。しかも23区内とはいえ、端っこだし。
そこまでして吸いたいのか…。夏以上にかわいそうに見える喫煙族の姿。

今回の土日は残り少ない病院生活を満喫すべく、相方はん家に外泊せずに、珍しく病院で過ごすことに。
(外泊しても、一日のベッド代はかかっているので安くなるワケではないのだよ。)
しかし、土日はOT休みです。OTのない病院生活はヒマだ…ヒマ過ぎる。

と思ってると、突然相方はんがお見舞いに登場!久しぶりだ!
しかし、『外寒い→電車の中は暑い→また外寒い→病院死ぬほど暑い』
という過程(サウナか)を乗り越えてきた相方はんは、汗ビッショリで登場。
着いた途端に上着とセーターを脱ぎ、Tシャツ姿になってた。。。

やっぱ一般人には暑いんだってば、病院の中。




AutoPage最新お知らせ