2007/9/30 | 投稿者: きちゅー

あまり時事ネタは書きたくないのだが、ここ数日低気圧以外のことでモヤモヤしてること。

V6のイノッチが瀬戸朝香と結婚したー!
ショック!

アタシは別にジャニーズ帝国の熱烈ファンというわけではありません(コンサートはもちろん行ったことないし、グッズも買ったことない)。
が、なぜか、

同じ30代のジャニーズアイドルは好き♪
(10代、20代のガキはどうもアカンねん。息子に見える…)

イノッチ、家庭菜園であさつき育ててソバにかけて食べてるって…。
どうよー悦に入ったこの家庭生活っぷり!

…でもアタクシの本命、TOKYO城島リーダーじゃなくてよかった…(救)。

と、昨日の相方はんへのおやすみメールに打ったら、
「いらんこと考えんでええし、はよおやすみなさい。」
とあっさり系メールが返ってきた。
…まぁとにかくイノッチお幸せに〜。

で、今日、週末なのに激務に追われている相方はんが雨の中お見舞いに来てくれました〜。わーい♪

「小説が読みたい」というアタシのリクエストに応じて、相方はんの本棚から6冊も持ってきてくれました!
これで当分退屈することはないわ〜!

午後2時半に来てくれたのに、時間が過ぎるのは早い!
あっという間に夕食の時間。
相方はんが近くのコンビニで弁当を買って、一緒に食べることに。
ロビーはごちゃごちゃしてるので、『面会室』で二人で食べました。

考えてみたら、入院して今日でちょうど20日目です!明日からはなんと十月!
病院の生活にもだいぶ慣れてきました。
が、食事は未だに一人で食べてます。

ロビーの雑然とした雰囲気を見た相方はんは、
「別にこれからも無理してここで食べんでもええんちゃうか。」
と言ってくれました。
帰りぎわ、何度も何度も
「焦らんでええから、ゆっくり心の疲れを取ってな。」
と言われました。

しばらくはそうしますです。
主治医の先生からも、
「頑張らないように。」
と言われてますので。
3食しっかり食べて、のったり過ごしているせいか、看護士さんからは
「最近きちゅーさんの表情がスッキリしてきたねー!」
と言われました♪

この調子で、うまく体調がシャバに戻っても大丈夫なくらい回復したいもんですわ。

2007/9/29 | 投稿者: きちゅー

昨日の午後から頭がくわんくわんする。
こめかみの部分を中心に、頭の外側が痛い。

…うつの頭痛だ。
薬も変えて、うつうつ症状もなくなって久しいのにナゼ…。

はっ、これは低気圧が来て雨が降る!

隣のベッドの人が、
「明日息子の運動会だから、夜から外泊するんだー。」
と嬉しそうに言っていた。
昨日は東京の気温30度以上の夏日。
まさか明日雨が降るわけなかろう…。

と皆が思ってたその時、ロビーのテレビで天気予報が流れた。

「明日は冷えこんで、昼頃に雨が降るでしょう。」

ええ!とみんながびっくりしつつ、
「まぁ暑い日が続いたし、涼しくなるのはいいんじゃない?」
とある人の弁。

しかし!
アタシの頭の「くわんくわん」は夜になるにつれて「ぐわんぐわん」になってきた!
頭が痛くて眠れない!

頓服で処方されている痛み止めをナースルームに行ってもらいました。
…くっ、また低気圧に負けた…(泣)

看護士さんは、
「きちゅーさんは、ほんとに繊細ね〜。」
と、妹やねこまたが聞いたら大爆笑するような言葉をかけてなぐさめてくれました。

主治医の先生の話ですと、
「低気圧での頭痛は、根本的に治す方法はないので、痛み止めを飲む対処療法しかないですねぇ。」
とな。
ちっ、西洋医学も器がちっせーなぁ…。

そして今日。雨が降りました。
そしてさみーよ!東京最高気温17度だと!
昨日と差があり過ぎや!
さすがに病院内とはいえ、長袖着ました。
頭は痛み止めを飲んでるのでそれほどひどくはないものの、もやもやしてカラダがだるい。
んー、こんな症状、うつ病になる前まではなかったのになー。
と、相方はんにメールしたら、
「病気が治ったら、それも治るで!」
と励ましのメールが来た(嬉)♪

しかし、この症状、なんとかうまく商売にならないものか…(←またこの発想。)
予報は的確ですし〜。

ところで運動会は無事に行われたんだろーか?

2007/9/27 | 投稿者: きちゅー

数日前に担当の看護士さんから、
「きちゅーさん、うちの病院、実習の学生看護士さんを預かることが多いんですよ。
でね、急で申し訳ないんだけど、あさってからきちゅーさんに一人学生さんつけてもいいかな?」
と言われた。
今回、学生さんは3人だという。

おお。
この開放病棟には70名ほどの患者がいるが、このアタシに白羽の矢が当たったか。
素晴らしい。看護士さんの教育にぜひ役に立とうではないかっ!
「もちろんいいですよー!」
と答えました。

内心は、退屈な入院生活に飽き飽きしてて、病棟には特に仲良くしてる人もいないし(病人同士の人間関係が煩わしいので避け気味)、若い学生さんが来たら楽しい話相手になってくれるかなぁと思ったのでした。

実は、アタシに実習の看護士さんがつくのは初めての体験ではありません。
10年ほど前の大学生時代、バセドウ氏病で同じ大学の附属病院に入院した時もついたのでした。
その時は内科だったので、『同じ大学のよしみで』と採血の練習台にさせられたな…(遠い目)。

今回は精神科なので、
「採血の練習台にすることはないない。」
と、担当の看護士さんは笑っていましたがね。

で、アタシにつくという学生さんが、婦長さんと指導役の看護士さんと一緒にアタシのベッドまで挨拶に来ました。

すごくはきはきした女の子でいい感じ〜!

で、早速朝の血圧と体温を計ることからスタート。
水銀の血圧計は使い慣れないらしく悪戦苦闘。うむ〜かわいらしい♪

一通り体調を聞かれて、その後おしゃべり。
「きちゅーさん、作業療法に参加してますか?」と聞かれ、
「うーん、面倒だしあんま行ってない。」
と言うと、
「だめですよ〜!明日から私と一緒に行きましょう!」
と。
「お散歩には出かけますか?」
「うーんあんまり。ベッドがあるからついつい寝ちゃうんだよね〜。」
「だめですよ〜!涼しくなってきたし、明日から私と一緒にお散歩しましょう!」
…おお頼もしい。そういや『規則正しい生活を送る』というのが入院生活の目標でもあったな。
これでこれから楽しく体力作りができる〜嬉しいラララ♪

…とその後アタシは、用事があって外出。


帰ってきたら担当の看護士さんが。
「主治医の先生が『きちゅーさんにはゆっくり過ごして欲しいから』って。学生さんつけるの取りやめにしたの。ごめんね〜。」
だと!!

楽しいおしゃべりや散歩はー!?
躁鬱患者は難しいか…?

2007/9/26 | 投稿者: きちゅー

入院すると一番違うのは、薬の管理。
病室や手元に薬を一切置けません。
ナースルームで薬の管理を一元化しています。

これはOD(オーバードーズ・過剰薬物摂取)を防ぐという意味もあるのでしょうが、うちの病院はきちんと服薬させることに治療の一番の重点を置いてると思います。


前にも書きましたが、入院生活は起床・就寝・食事の時間はもちろん、服薬の時間まで決まっています。

時間になると、みんなコップ(割れないやつね)を持って、ぞろぞろとナースルームへ行きます。
そうすると、看護士さんが各自の薬が入った箱を渡してくれます。
そこから、薬を取り出して(お年寄りなど取り出せない人は看護士さんがじかに渡してくれる)、看護士さんに確認してもらい、看護士さんが見ている前で薬を飲みます。(水はナースルームに置いてある)

ここまで徹底しております!

飲み忘れると、看護士さんが病室まで呼びに来ます。
アタシもゴハンを食べて、ぬぼーとテレビを見ていたら、
「きちゅーさん、お薬の時間ですよ〜。」
と呼ばれたことが何度か…(恥)。

寝る前も睡眠薬を飲むので、就寝時間30分前になると、ナースルームにぞろぞろと不眠症の人は並ぶわけです。
そして眠れなかったら、嬉しいことに追加の眠剤を午前3時まで何度でももらえます。
(もちろん事前に医者の処方あり。)
午前3時を過ぎると、寝すぎると困るので精神安定剤をもらえます。
うむーこれは便利だ。アタシも何度か利用してます。
最初はホントに眠れなかったので、ホンマに助かりました。

外泊するときは、看護士さんがその分を用意して、帰ったら空袋を渡さなければなりません。(飲み忘れたらそのままで)

うむー、服薬は精神病治療の基本ですな〜。

というわけで、皆さんも薬の飲み忘れには注意してください。
あと、コーラで睡眠薬を飲んではいけません!
コップにコーラを入れてナースルームに来てめっちゃ怒られてた人(おっちゃん)がおりました。
コーラは覚醒作用があるのかな?よー分からんけど…。

2007/9/24 | 投稿者: きちゅー

昨日〜今日と相方はん家に初の外泊をしてきました。

初日は体調もよく、相方はんが作ってくれたゴハンもたくさん食べられました。

がっ、翌日疲れが出てダウン…。
別に外出はしてないのですが、行きの電車が満員で立ちっぱなしだった疲れが出たようです…。
それと、あまり動かない病院生活ではちょうどよい薬の量が、ちょろちょろ動く日常生活を送るにしてはちょっと少ないのかも!?
これは後で主治医の先生と相談だー。

まだまだムリは禁物やなぁ…と痛感させられました。はー。

ところで、黒吉の近況がねこまたのブログに載っていますので、左のリンク集から飛んでいって見てやってください。

奴はますます凶暴化してる…?
あー会いたいなぁ。

2007/9/21 | 投稿者: きちゅー

入院11日目にして、時間になると目が覚め、時間になるとハラが減り、時間になると眠くなる、という優等生的患者になっているきちゅーです。

もちろん外出してそのままばっくれるなどという問題行動も起こさないので、担当の看護士さん(同い年…)からは、
「きちゅーさん、手が掛からない〜。なるべく長く入院してて〜(笑)」
と言われました。

しかし、スタッフさん達がいくらいい人ばかりとはいえ、元気になったらアタシはこんなとこさっさとおさらばしたいです。

今日、主治医の先生と面談した結果、
「お薬の量もこのままでいいみたいだし、今後は退院後の生活を見据えて、外出、外泊をして様子を見てみましょー。」
と言われました♪

ただし、焦ってはダメです。
またすぐ調子こいて、バターンといきますからな、自分は…(汗)。

そして現在飲んでいるのは、源一郎(仮名)先生とこでもらってたルボックスや青木さん(アモキサン)よりも強い薬。
それを忘れないようにせねば…。

とにかく、予定入院期間より早く退院できたらうれしい。
いい形でな〜。

2007/9/20 | 投稿者: きちゅー

入院生活早くも10日目に突入しました。
カラダの調子は、規則正しい生活(薬飲む時間まで決まってる!)と3回の食事、薬物療法のおかげですこぶるよろしい。

ただ、熱だけがイキナリ38度近くまで上がったりして、看護士さん達をびっくりさせてはおりますが…。

体調がよくなり、生活環境がよいと、人はすぐ調子に乗ります。

病院生活ヒマ過ぎるわ…(´A`)。

毎日ラジオ体操(自由参加)や、もっと体を動かしたい人のためのちょっとしたジムもあります。
みんなといろんなことをして楽しむ作業療法のメニューも日替わりであります。(自由参加)

しかし…イマイチ内容が年寄り向けなんだよな〜。
もうちょっと体が動かないような重症患者向けとか。

で昨日、相方はんに、
「明日体調良かったら外出して帰るわ〜。」
と連絡しといたのでした。

病院と相方はん家は30分以上と遠いけれども、電車で乗り継ぎナシで行けます。

ふっ、入院して初の遠出だぜ…(心境的には脱出に近い)。

らっ、今日の朝またイキナリ発熱!!
看護士さんに、
「今日は水分多めに摂って、ゆっくり過ごして下さいね〜。」
とな。

うわーせっかくの外出(脱出)計画がっ!

しかし、お昼を食べてから自分で熱を計ったら、平熱に下がってる!

よっしゃー!とお出かけ支度して病棟を抜け出す〜♪
(外出の際は名前と出発時間、帰宅予定時間を記入する紙があります。)

久しぶりの相方はん家〜!
まず、シャワーを浴びました。
病院では月水金と入浴日が少ない上に、昨日の貴重な入浴日(水曜日)を発熱で逃してたのでした…。

サッパリしたところで相方はんと一緒に「サラリーマンNEO」(NHK総合火曜夜11時)のDVDを見る。
久しぶりのお笑い番組〜めっちゃ笑いました。

時間はあっという間。
帰らないと病院の夕食に間に合わない!
あああ〜DVDまだ途中なのに!帰りたくない〜!(シンデレラか)

後ろ髪引かれつつ泣く泣く帰りました。
相方はんが駅の改札口まで送ってくれました。ありがと〜。

夕食にはギリギリ間に合った!

てか、今度相方はん家に外出する時は、朝から外出するか、外泊(別の用紙提出が必要)だな。

思ったより疲れを感じずに帰ることができてよかったです!

2007/9/18 | 投稿者: きちゅー

今日は大学院時代の友人Kちゃんがお見舞いに来てくれました。

いやいやありがたい。

「マンスリーよしもと」という、吉本興業が出してる小雑誌を4冊も持ってきてくれた。
(や、他にもいろんな雑誌持って来てくれたけどさ)

夜9時には消灯、テレビも読書灯をつけるのも一切ダメという病院生活。
テレビが真横にあるのにお笑い番組が見られなーい(怒)。

お笑いに飢えてるのよ!
昼間の「笑っていいとも!」だけじゃモノ足りないのよ!

Kちゃんはうつ病になったことがあります。
一年休学して、アタシ達より一年遅く卒業しました。
今はバリバリ(に見えるがマイペースだという)仕事しております。

Kちゃんが、
「病気治るんが、元通りになるのとはちゃうで!昔のきちゅーはあくまで昔なんやからね!」
と。
…確かに昔のアタシは感心するほどよく働いてましたなぁ〜。
今ではホンマに夢の出来事のよう…。
「ペース落として働けんかったら、今の会社に別にこだわらんでもええんやからな!仕事はいくらでもあるわ。」
とまで言われた…(驚)。

おぉ、今の会社辞めるなんて考えたことなかったわ。
でも、会社側が、元のバリバリきちゅーを期待して待っていたら、それに応える自信は、はっきり言ってないですな。
ぶっちゃけもう歳やしさぁぁ(爆)。

アタシより若く、病気経験者のKちゃんに言われて、なるほーどーなー、と思うております。
「待っててくれてる会社を裏切ったらアカン!」
と勝手に強く思い込んでる所が正直ありました。

うちの会社は株を公開しているので、堂々と病気を理由に従業員を解雇できない、というのは薄々分かってます。
会社の対応すべてが善意に基づくものではないことも知っております。

まぁいろいろ選択肢はあるねんなぁ、と感じつつ、今日もゆっくり寝ましょう。

2007/9/17 | 投稿者: きちゅー

今日は一週間ぶりに相方はんが来てくれました。
着替えとかタオルとか、アタシのリクエストに応じて枕まで(爆)持って来てくれました。
これでもっと安眠できる〜♪

一週間前に比べて「顔色がよい、元気になってる」と言われました〜(嬉)。
この調子でいくどー!

ところで、アタシのいる病棟にはいろんな患者さんがいます。
うつ病、そううつ病の人ばかりではありません。
いろんな精神疾患を持った人がいます。
中には頭のネジが一本足りない人や逆に多いくらいの人もいます。
一日中笑ってるような、笑い上戸のような人もいます。
軽い痴呆を持った人もいます。(うちの病院には痴呆専門の病棟もあります。そこに入るには症状の軽い人だと思う)
車椅子の身体障害者もいます。

うちの病棟は日中は普段着で過ごす人が多いです。
いろんな人がいるわいるわ…。
「ここ病院だよな?」
と思わせるようなきらびやかなワンピを来た若い女性もいれば、マルキュー(渋谷109)の前にたむろってるような眩しいミニスカートをはいたギャルもおります。
毎朝違う帽子とシャツでパリッとキメてるおっちゃんもいます。

…要するに、TPOがちょいズレてる人が多いですな…。これもある意味病気の症状なんでしょうが…。

一瞬「なんでこんな奴らとアタシが一緒…。」と泣けてくる時もありましたが、まぁぁそれはお互い様かなぁ、と思ってあまり気にしないようにしてます。

そういう心境もあり、未だ一人で食事は食べてます。
あと、好きなテレビ見ながら食べたいんやもん。

こんなアタシこそ「あの人変わり者」と思われてるかもしれませんな。

2007/9/15 | 投稿者: きちゅー

はるばる小田原市(神奈川県)から、親友ねこまたがお見舞いに来てくれました。

で、雑誌2冊と綿棒(これはアタシがリクエスト)を持って来てくれた。
それと、庭園史の分厚い本を貸してくれました。

病室では休んでる人もいるので、あまり大声では話ができず。
ロビーでは、今日は暗くしてDVD観賞会をしてたので、外に一緒に散歩に行くことにしました。
ちなみにアタシは基本「薬と食事はしっかり摂って、あとは自由に過ごして下さい。」
と主治医に言われております。

ねこまたがいつの間にか、『病院の近くによさげな園芸店がある』という情報を仕入れて来てたので、そこに行ってみました。

実は今回、入院してから外出するの初めて。
病棟の外すら出たことがありませんでした。

いやーシャバの空気は…
めっちゃあっづいやんけ!
テレビでは気温30度って言ってたな…。
しかも早速蚊に刺された(T_T)。9月も半ばだというのに、なんでやねん。

郊外の園芸店なので、値段安っすいわ〜と思って見てたら、ねこまたは
「藤沢(小田原市の近く。ねこまたの勤務地)より高い!」
とぶつぶつ文句。
そりゃ〜都内だもん、神奈川県と比べりゃ〜な…と思ってたら、ねこまた、しっかり3点お買い上げ〜。

暑いし、久しぶりに紫外線を浴びたアタシは1時間もしないのに多少疲れた…。
二人で病院に戻って、ケータイで話ができる部屋(があるのです)でおしゃべり。
病院内は涼しいわ〜。

メールでやりとりは毎日してるけど、実際会って喋るのは楽しいねぇ。
ねこまたは、また来週も来てくれるとか。うれしいぃ。

ちなみに黒吉は、
「ねこまたの実家に10年もいるみたいにくつろいでる」
そうな。
…若くて順応性があるとはいえ、ずーずーしい奴…。

ねこまたはお昼で帰りましたが、熱も下がり、胃の調子もよくなったアタシはこの調子で午後もちょっくらお出かけしよか…とも思いましたが、
飛ばし過ぎはよくない。(今までの教訓から)

午後はおとなしく本を読んだり、うたた寝をして過ごしました。

しかし胃潰瘍の薬の威力はすごい。
半分しか食べられなかった食事が、3食ほぼ完食できるようになりました。

…このままいくと、太る…。
毎日散歩するようにしよう。

2007/9/14 | 投稿者: きちゅー

勃発しております。

躁鬱(そううつ)病で入院したはずが、

昨日イキナリ発熱38度!
胃が痛い!→ゴハンが食べられない!
神経がピリピリして落ち着かない!→眠れん!

入院してから薬がガラリと変わりました。
青木さん(アモキサン)とルボックス、あっさりおさらば〜。
アナフラニールとかいう三環系のお薬と、デパケンだけになりました。(デパケンは前から飲んでる)

主治医の話では、この薬の副作用とは考えにくいとのこと。

発熱は、排卵による高温期と、環境の激変によるストレスが重なったと考えられます(T_T)

胃も元々酒とストレスで痛めているので、ストレスのせいかも。
胃潰瘍の薬を処方してもらいました。

神経ピリピリは、これも環境変化によるストレス。
静かな相方はんの家で、ほとんど引きこもり状態で過ごしていたアタシの脳は、病棟の雑踏の音にかなりダメージを受けたもよう。

これは社会復帰に向けて、ぼちぼち慣れんといかん!

と修行のように思ってたら、主治医から、
「我慢しなくていいからつらいことはなんでも言ってね。」
と、あっさり精神安定剤を処方してもらいました。
眠れない時は、ナースセンターに行けば、眠剤を追加でもらえる仕組みになっております。

…あ、そんな感じでええのん?

というわけで、まだ微熱はあれど(アイスノン借りて頭にあててる)、かなり楽になりました。

あとは日中少しでも起きて体を動かせたらええな〜と思うとります。

ちなみに今日から関西出張の相方はん(最近激務が続いてる)から、大阪の虹の画像が届きました。

ありがと〜!てか、大阪は雨やったんやね。
ああ、タコ焼き食いたい…。

2007/9/12 | 投稿者: きちゅー

さて、アタシが入院している病棟は『急性期開放病棟』といいます。
何をもって『急性』なのかは分からず…。
『急性アルコール中毒』の『急性』とは違うのは確かなようです。
というのは、この病棟に入院できるのはMAX3ヶ月まで。
比較的症状が軽く、3ヶ月以内に社会復帰ができることを目標に治療計画が立てられるようです。

薬物治療の他、作業療法、集団精神療法などもあり、外出、外泊も大切な治療の一環に入るそう。
なので、病棟がフツーの病棟より社会生活に近い環境になっております。

真ん中にナースセンター、その前には大型テレビが置いてある、通称「ロビー」があり、食事はここで出されます。
さながら社員食堂のようですわ。

ちなみにアタシはいっぱい人がいる場所で食事をするのはまだキツいので、部屋に持っていってヒッソリ一人で食べてます〜。

それと、日中はベッドではなく、なるべくロビーで過ごすよう言われてます。
ま、これも各自の体調次第でいいんですがね。

それができたら外出や外泊とレベル?をあげていきます。

ただ、夜間(夜7時〜朝6時)は病棟全体に鍵がかけられるところが、やっぱフツーの病院と違うとこなんですかねぇ。

なんか今日の内容は、パンフ写したみたいになっちまいました。

ちなみにアタシの主治医が書いた「入院計画表」には、
『推定入院期間 2ヶ月』
とありました。

…えっマジ!?

せいぜい一ヵ月程度と思ってたのに!

黒吉がデカくなる〜!(T_T)

あ、その前に
『相方はんと別れてる時間が長くて淋しい!』
と書くべきやった。

2007/9/11 | 投稿者: きちゅー

アタクシ、ブログを書くのに義務感はないですよー(^O^)
書きたいから書いてるだけっす♪読みたい人が読むのと同じです。

入院したら、いやぁ書きたいネタありすぎ〜(笑)

でもケータイからなんで、小出しにしていきます。

あと、アタシの入院目標に、
『日中寝ないで夜寝るようにする』
というのがあります。

まだ検査検査で外出許可が出ないので、はっきり言ってやることなくてヒマやー!!
なので、日中アップするようにします。(今日は夜だけどさ)

というわけで、KANAUさんの大吉デーはほぼ毎日続きます(笑)。←昨日のコメント参照。
では今日はこの辺で〜。

2007/9/10 | 投稿者: きちゅー

さ、いよいよ今日から入院生活ですっ!

早速、駅で病院と真逆の出口から出てしまい、気付かず1キロくらい歩いたでしょうか…(泣)
しかも大雨に降られ、傘を持ってても相方はん共々ズブ濡れになりました。

てな感じで、
「やっぱお祓い受けたほうがええんかもな…」
と相方はんがぼやきつつ、ようやく病院に到着。

最初はソーシャルワーカーさんとの面談。
なんとアタシの担当ですと。まー。

その後、主治医の診察を受ける。
主治医はめっちゃイケメン…ではなく、若いしっかりした感じの女医さんでした。
源一郎(仮名)先生からの紹介状とカルテがあるので簡単に終わるかな〜と思ったら、案外しっかり聞かれた…。
その後病棟へ案内されました。
開放病棟ですが、夜9時〜朝6時まで鍵がかかります。おおぅ。

あと、看護士さんから入院生活の説明などを聞きました。
なんと、その看護士さんもアタシ担当なんだそうです。
主治医、ソーシャルワーカー、看護士さんがセットになってアタシのケアをしてくれるそうで。
この辺は今まで入院した病院とは違うなぁ。
「はぁ〜はぁ〜ほぅ〜」
とテキトーに話を聞いているアタシの横で、ノートにメモをとる相方はん。。。
そんな熱心な付き添いの人見たことねー!!

うちの親に報告してくれるそうです…ありがたや。

一通り終わるまで、お昼までかかりました…。(到着が遅れたからね)
お昼ゴハンから出るというので、相方はんと食べることに。

「ワシの分も出るんですか?」
って、出るわけねー!(爆)
相方はんは売店で弁当買って食べました。

その後、相方はんは帰って行きました。いろいろありがとさんでした。

それからアタシは身長体重血圧心電図レントゲンと検査検査。

…ま、初日はこんな感じです。
いろいろ書きたいことありますが、やっぱケータイからだと大変だー!

ちょっとずつリポートしていきますのでお楽しみに。

ちなみに巻末についてた『ランキングぽちぽち』は、昨日のうちに左横に移しておきましたので、よろしくお願いします♪

2007/9/9 | 投稿者: きちゅー

まず皆様にコメントのお礼申し上げます!
レス返す事が出来ず申し訳ありません・・・。
ちゃんと読んでおりますが、明日から入院生活が始まるので、最近何かといろいろバタバタたてこんでおります。
というか、半日ほどはうつ病のためバタッとしてるんですが・・・。

とか言いつつ、今日は相方はんがナント、吉本新喜劇に連れていってくれましたー!
ビックリ、東京公演があったのです!

いやぁまさか、東京で新喜劇を観られるとは思ってませんでした!(嬉)
「エキサイティングツアー07」だそうです。
名古屋・もちろん大阪も回るみたいです。
ちうことは、毎年東京に来てたんだろうか?

吉本新喜劇では、山形でテレビで何度か放送しているのを観ておりました。
そして、社会人1年目の職場で新人ながら、
「慰安旅行を大阪にしてほしい!そしてタコ焼き食べて新喜劇を観たい!」
と訴えたらその願いが通り、大阪のなんば花月で初めて生で観て感激♪

その後の関西での大学院生活では2回観に行きました。
関西では、週末必ずテレビで新喜劇の放送をやっています!夢のようだー!

しかしそんな吉本帝国も東京ではあまりメジャーではなく・・・。
テレビ放映なんかしてくれない(涙)。

今回の新喜劇は「エキサイティング」の名の通り、毎週なんば花月でやってるものではなく、すっごいゴーカ版!
まずメンバーが豪華!
えーと、皆さんが知ってる人は・・・
辻本茂雄、池乃めだか、島木譲二、Mr.オクレ(いるだけで爆笑!)、藤井隆、末成由美、島田珠代、未知やすえ、山田花子・・・
てな感じ?

石田靖も出るって聞いたから観たかってんけど、名古屋・大阪公演のみやて!残念〜。
その代わりに東京公演のみ藤井隆が出演らしいです。

セットも何回も変わり、2時間ぶっ続けで新喜劇のみという・・・。
(普通は一時間弱で、あとは漫才やコントなどがあります。)

いやー、堪能しました!満足。

帰ってからは、入院の準備準備。
割れないコップも買いました。歳に似合わず「リサとガスパール」ちうキャラもんを買ってしまった・・・。
だってカワイイんやもん。

明日からはケータイからぼちぼちで更新しますのでよろしうです!
では行ってきますぅ〜。

昨日の黒吉:まさか小田原に連れて行かれるとは知らずの直前マッタリ。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!




AutoPage最新お知らせ