2007/4/20 | 投稿者: きちゅー

今日は源一郎(仮名)先生のクリニックの日。
ギリギリまで芋虫状態でしたが、なんとか這い上がって行きましたよ…。

題名の「自立支援医療費支給」は、正式な認定書はまだ来ていませんが、申し込みした時点で認定されたらしいので(詳しくは4/5ブログ「自立支援医療費支給認定」←クリック!)、さっそく診察券と一緒に申請書の控え用紙を出しました♪

らっ、
医療費3割負担→1割負担に!!
一番大きいのは薬代も1割負担になったこと。
(ちなみにこれはアタシの場合。生活保護世帯などもっと所得の低い人は0円もアリだそうです。)

精神疾患系の薬価はかなり高いので、ホントーに助かります!(涙)

今回、薬の種類が増えたのにもかかわらず、いつも1回3000円〜4000円台していた薬代が1000円台に!!
(ちなみにこれもアタシの場合であって、所得によっていろいろあるらしい。)

ちなみにこの「自立支援医療費支給」制度は、医療機関に所定の書類を書いてもらって役所に申し込みさえすれば所得に関係なく認可が下りますので、まだの人は急いでチェキラッ♪(←古いDJか。)

ちなみに今日の診察ですが、最近の冬眠した芋虫状態になってしまう(?)件で、源一郎(仮名)先生と相談した結果、また青木さん(≒アモキサン)を復活することに。ああぁ、再び青木さんこんにちわ〜。
前は30rでしたが、また過食による罪悪感が出ないように、20rで様子を見ましょう、と。
でも、飲んでた頃は調子よかったからな〜元々は自分に合う薬なんやろうな。

あと、傷病手当金支給のゴタゴタなどの金銭的ストレスが病気悪化の原因になってるのではないか、とも言われた。
くっそ〜健保組合め〜許せん!


ところで、なぜ医療費の公費負担制度を「自立支援」て言うのやろ?と『厚生労働省』のホムペで調べましたところ、
 「精神障害者の方々の社会復帰の促進、自立と社会経済活動への参加の促進」
という2大テーマの下にできたシステムだそうです。。
詳しくは…厚生労働省「障害者福祉」←クリック!

あ、最終的には障害者も自立して働けってか。
まっ、国としてはそう考えるのは当然やんね。

こんないろんなところがボロボロ状態なアタシでも、最終的には病気以前のように、いやそれ以上に稼ぎたいとはもくろんでおります(笑)。

まぁ、ぼちぼちまいろう〜。

今日のニャニゴ画像(多分再掲載):ガンつけ。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!




AutoPage最新お知らせ