2007/3/18 | 投稿者: きちゅー

アタシはトーホク出身ですがお笑い(基本的に吉本系のベタなやつ)好きです。
昔「オレたちひょうきん族」の最終回を見て泣いた女ですから(笑)。
確か当時アタシは小学6年生。

関西に住んでた頃(大学院時代)、テレビにかじりついてはお笑いの番組を見まくり、「神戸国際会館」や本場大阪の「なんば花月」まで行って吉本新喜劇の舞台を観に行ったりしてました。
関西はテレビもラジオもオモロイし、今考えたら天国やったわ〜。

最近、テレビではお笑いブームですが、それでも東京はお笑い温度が低い。ラジオも全っ然おもろくない。
それと不思議なことに、関西のテレビではかなりはっちゃけてた芸人が、いざ東京で全国区のテレビに出ると、スカした感じになって、テンションが下がり気味に見えるのはアタシだけではないはず。

ジブンも東京に来てからは、仕事が忙しくテレビを見るヒマがなくなり、ついでに(?)うつ病にかかってテレビを見る気までなくなってしまい、相方はん家に来てからはもうテレビなしの生活になっている(相方はんはテレビ嫌い)。

ああ、お笑いからは遠い生活…。
(まぁ相方はんがおもろいヒトだからいいけどさぁ。)

新宿に「ルミネtheよしもと」という若手中心の舞台は毎日あるものの、若手だけじゃー物足りんのじゃ〜。
アタシはもっとコテコテの上方漫才もガッツリ見たいんじゃー。


しかし上方の大御所はなかなか東京まで来てくれない。
テレビには出てるけどやっぱり生で見たい。
考えてみたら、東京に3年もおるのに、お笑いの舞台を観に行ったのは去年の6月に「中川家&間寛平」の舞台を表参道まで観に行っただけやんか!(→6/26のブログ『剛に勝手に親近感』クリック!
6月て。もう少しで1年経つがな…時の流れは速いのぅ。

と、前置きが長くなったが、吉本興業が去年の秋ごろから浅草で舞台を始めました。
その名も「浅草花月」(←クリック!)。
なんと毎週!土日を中心に開いてる。

今日は相方はんとそれを見に行ってきました〜♪

本場のように「新喜劇」はないものの、出演者は若手からベテランまで揃ってる!(嬉)
今日の若手は「品川庄司」「cowcow」「まちゃまちゃ」など。ベテラン陣は「大木こだまひびき」「今いくよくるよ」などなど。

前列から3番目の中心席といういい席で、2人で思いっきり笑ってきました。
先週は会社に全く出勤できず、体調は壊滅状態だったというのに…こういうときだけ元気。

「元々お笑い好き」なのに「うつ病」「躁うつ病」になるって、健康な人から見れば不思議なんやろなぁと思う。
と考えると、ムリにお笑いを見てこれらの病気を「予防」したり「治す」ことはできないのかもしれん。
軽い「うつうつ状態」をよくすることはできるかもしれないけれど。

でも「笑うこと」ってうつうつするよりも確実にカラダにはいいことだよにゃ。
実際ココロが楽しいしー。病状も軽くなる感じがする。

というわけで(?)、来週の日曜日分もチケットとれたので行ってきます♪

ちなみに今日は姪っ子No.1(小学1年生)の誕生日でもありました。
夜は妹宅におジャマしてケーキ食ってきました。
もう7歳…乳歯と永久歯が入れ替わって生える時期。ぐああ。

君が生まれた時、アタシは別のヒトと結婚したばかりで、まだ雪の舞う山形に住んでいた。
まさかその1年後には離婚して、関西や東京に来てビョーキになった挙句、コテコテの関西人と付き合うなんて夢にも思っていなかった。人生てフシギねー。
と、どーでもいいことを毎年思う伯母なのであった。わはは。

今日のニャニゴ?:7歳の画力。
クリックすると元のサイズで表示します
…児童画は奥が深いのぅ。

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!




AutoPage最新お知らせ