2007/3/4 | 投稿者: きちゅー

週末、引っ越しの最終片付けをしました。
(部屋の最終引渡し日は今日)

まず電化製品の大物を人にあげる!冷蔵庫!洗濯機!
売り買いのやりとりはメンドイので、ミクシィの「欲しい人いたらもらってください」コミュニティで募集して、先着順でタダであげることに決定〜。

洗濯機は大阪の人に送料負担してもらって無事もらわれていきました。

佐○のセールスドライバーには「中古洗濯機は水漏れするからイヤだ」と無下に断られ、○通には3月の土日はトラックに空きがないと断られ(しかも料金高い…1万円以上)、結局黒いネコに頼むことに。

対応が優しくて、しかもどんな会社よりも安かったです!ナント洗濯機1台(一人暮らし用)4000円台で送れました。
ちょっと大きめでどうかなーという荷物は黒いネコがオススメ!
さすがネコや〜(笑)

冷蔵庫は東京の区内の人が車で取りに来るとのこと。
「男2人で行きます〜」とメールがあって、到着した車から降りてきた人はナント…黒人さんでした!
(ヘルパー&車のドライバーは日本人)。

その日の夜はアタシの大学院の先生が東京に来るということで、八重洲(東京駅隣接地区)でゴハン会がある予定でした。
2人がよっこらよっこら冷蔵庫を運んでいる間、相方はんから
「調子はどないや〜?」
と電話が来て、
「今、冷蔵庫引き取りに来てもらったとこ。これから八重洲に向かうんや〜。」
と言ったら、それを聞いてたヘルパーさん(日本人)が、
「八重洲でしたら僕ら通り道なんで、車でお送りしましょうか〜?」
と!

「え〜まぁ〜それじゃーお言葉に甘えて…。」
と、ズーズーしくも乗り込んじゃいました(笑)。

そして、初対面の人といろいろお話しました。

話によると、冷蔵庫をもらってくれる黒人の彼はオーストラリアンで、ソ○トバ○クのインターンシップで来日した大学院生だそうです。
何度も日本に来ている&日本語勉強しているので、彼はめっちゃ日本語堪能であった…よかった…。
でも東京に住むのは初めてだそう。
「日本はいいねー。」連発。東京タワー見て、目がキラキラしてました(笑)。

「えー。オーストラリアの方があったかいし、いいと思いますけどねぇ。。。日本の何がそんなにいいの?食べ物は分かるけど。」
と聞き返してしまった。
「人も文化も食べ物も全ていいぃ!」とのことですよ、皆さん。
職があったらずっと日本に住みたいそう。日本に彼女でもおるんかいな?(そこまでは聞かんかったけどさ…さすがに。)彼の前世は日本人かな。

数年前、神戸や石川県に住んでたこともあるそうで「標準語は難しい。」とも。
いや、関西弁知ってたら便利やし怖いもんなしやで!と強く主張しておきました(笑)。


それを妹に話したら、
「きちゅーってさぁ、なんでそういうとこ無防備なんだ?初対面の男2人の車に載るんだよ?怖くないのか!?」
とな!
えっ?そんなところ突っ込まれるとは思わなんだ!!

うーむ…、簡単に言えば、『悪い人じゃない』ってゆー感覚が働くからだな。
それまでいろいろメールとか電話でやりとりしてたし、名前も本名知ってるし。
(日本人のヘルパーさんの名前だったけど)

あと、「カーテンいる?いらなかったらヤ○ーオークションにでも出すけど。」
と言うと、
「よくネットの世界でそーゆーやりとりできるねぇ。私は怖くて絶対できない。なんかあったらどーすんのさー。」
と妹。
いや、どーもないってば。いろいろ心配性やなぁ…。
世の中、性善説でいこうよ〜性善説でさぁ〜(←無意味に楽天的)

しかしなんで1つ違いの姉妹でこんなに性格や考え方が違うんだ?
しかもチョロチョロ大胆に動くわりかし、うつ病でヘトヘト復職中なアタシ…。

「こないだ医者に『60〜70%で動きなさい。』って言われた〜。自分、130%で動いて突然20%以下になって引きこもるからなー。」
と言ったら、
「そこまで分かってるんだったら…。」
と言われた。
確かにな。でも…難問や…すぐ調子に乗るからなぁ自分…。

でもね、まぁ、楽しいもんですよ、人とのやりとりってさぁ。
とりあえず、「暗い〜。」とか、「人見知り〜。」とかっていう『性格』でうつ病になるワケではなさそうです。

今日のネコ:ネコ公園の壁画と。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!




AutoPage最新お知らせ