2006/2/7 | 投稿者: きちゅー

今回は去年の11月終わり頃に話はさかのぼります。

大学病院で一通り検査結果をY先生にお話してもらった後、
「どうしますか?今は○○クリニック(最初に行った心療内科)の薬を飲んでるみたいですが、向こうの治療を続けますか?それともうちの病院で治療しますか?
何か不安があったら別のところで診察を受けてから決めてもいいんですよ。
 


って、今の病院ってそこまで言ってくれるんですねぇ!!(感動〜!)

でも、血液検査や尿検査、MRIや脳波まで検査してくれて、しかもチャリで10分という好立地な大学病院、しかもY先生は優しそうな上、ゆっくり話しを聞いてくれるので(関西流?の冗談は通じにくいが…)
「ここで治療したいです。」とお願いしました。

しかし、○○クリニックで処方された薬が5〜6種類だったのに比べ、病院から処方された薬はメイラックス1mgとルボックス25mg(当時)の2種類だけだったのでちょっと心配に…。(いや、ちゃんと説明は受けたんですがね)

家に帰って、ハイパー薬事典で、○○クリニックで処方してもらった薬を調べたところ、飲み合わせの悪い薬がいくつかありましたわ!
(しかも現在のうつ病治療薬としては少々古い薬まであった…繰り返しますが○○クリニックでは問診だけでこの処方ですよ。)

…ううむ、今の時代、一人の医者の言うことを鵜呑みにしてはいけないのかもしれませんな。
(結果的に、上司と総務の親玉の命令通りに、別の所で再診察してもらってよかったのかもね…)


ちなみに正月に帰省したハワイ在住の友人(うつ病経験者)に薬のことを話したところ、
「ルーボックス(英語読みだとこう読むらしい)飲んでんの?やっぱり日本は遅れてるね。アメリカじゃそれ、もう第三世代の薬よ。」と言われた…。

第三世代ってゆーのは一番最新型じゃないんか? 
(携帯電話ではそうやん?)


ちなみにアメリカではもっと効果が強く早く治る薬(第四世代?)が主流で使われているらしい。
でも副作用が強く出る場合があるらしいので日本ではまだ厚生省の認可下りてませーん。

今日のニャニゴ:どアップ!(安いカメラはやっぱボヤけるなぁ。)クリックすると元のサイズで表示します

↓お気に召したら↓
人気blogランキング





AutoPage最新お知らせ