猫シェルター

2014/4/16 | 投稿者: きちゅー

旦那さんがネットで見つけたNPO法人東京キャットガーディアンが運営している、猫シェルター兼猫カフェに行ってまいりました。

施設から引き取った猫を収容・保護するだけではなく、猫カフェとして開放し、気に入った子がいたら里親として引き取ることができます。(ただしいろいろな制約&費用の負担あり)

猫カフェといっても、入場料は任意の寄付金、飲み物はセルフサービスのお茶と水だけです。

広くみえますが、東京のマンションの一室なので実はだいぶ狭い。
クリックすると元のサイズで表示します

収容している猫数が多いので、すべての猫が遊べるスペースはなく、ボランティアのお姉さんが代わりばんこにケージから出して遊ばせてる。
クリックすると元のサイズで表示します

猫同士仲が良いのもいれば、
クリックすると元のサイズで表示します

仲が悪いのもいる。
クリックすると元のサイズで表示します

ケージとケージの間に、ゴージャス三毛猫を発見。
クリックすると元のサイズで表示します

先ほど「引取りに費用の負担がある」と書いたが、最低でも34,000円はかかるそうな。
内訳は健康診断、ウイルス検査、ノミ・ダニ・腸管寄生虫の駆除、3種ワクチン接種、去勢不妊手術、の実費らしい。
とはいえ、中途ハンパな気持ちでは引き取れない金額…。
まぁこの団体は儲けてるわけではなし、引き取ってから自分で猫にしなければならないことがすべて済んでる、という利便さを考えれば、里親さんになる人からすれば納得できる金額…だろう。

子猫もいれば成猫もかなりいる。
いい里親さんが見つかるとええのぅ。
クリックすると元のサイズで表示します


応援にせひ毎日ポチポチっと押してください〜!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

猫を飼いたい?ペットショップはやめてコチラへどうぞ!
  



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ