不思議な医院

2011/10/9 | 投稿者: きちゅー

昨日ですが、だんだん風邪の症状がひどくなってきたので医者に行くことにした。
というか、見かねた旦那さんが「行きなさい!」というので渋々であるが。
しかしコチラに来てから近所の医者には歯医者以外行ったことがないので、どこに行ったらいいのかサッパリ分からん。

旦那さん(ジモティー)が赤ちゃんの頃からの行きつけの内科がある、というのでそこに連れてってもらうことに。
女医さんだというのでまぁいいかなと。

しかし…着いたら住宅と住宅との間に挟まれた、入るのを一瞬躊躇するほどものすっごく小さい地味な建物。
「○○医院」という看板がなかったら見逃して通り過ぎてしまいそう。(てか、何度もこの前を通っているのだが今まで存在に気付かなかった。)
玄関ドアが普通の家のよりも小さい。
そのドアを開けると、靴が5足置けばいっぱいになるようなタタキがあって、すぐ待合室。
その待合室も大人5人が座ればいっぱいになるL字型のソファが壁ぎわにあるだけで超狭い。
待ってる人は2人。

恐る恐る入って保険証を受付に出そうとするが、受付のオバチャンと患者のオバチャンがおっきい声でしゃべってる。
なんでも、患者のオバチャンの旦那が胃がんで手術をうけたそうで、
「食べられればそれだけで本当に幸せよ〜」
と、受付のオバチャンが話していた。
横にあったお皿に保険証を置いてソファに座る。

診療室のドアは開けっ放しで、先生が座っていない。
状況を観察すると、ナント受付にいたオバチャンが先生なのであった。

受付で保険証を受け取るのも先生で、診察室に入っても先生は椅子に座る気配は全くない。
立ったまま患者さんのノドの奥を見たり、歩きながら患者と話をやりとりして、受付の後ろで薬を選んでたり、話の途中で奥の部屋に行って何やらパソコンで打ち込んでプリントアウトしてたりと全くジッとしてない。

今流行ってる風邪は、頭痛がし、お腹を下し、でも熱は上がらない…というものらしい。
くしゃみと鼻水が主症状のアタシの風邪とはちょっと違う。
「ここら辺は昔ほどではないけどまだ自然が多いからね〜。ブタクサの季節だし、花粉症の疑いもあるなぁ〜。」
と言われた。
しかし、去年花粉症に似た症状が出て耳鼻科に行った際、花粉症の検査もしてもらったのだが、ブタクサを含む主要アレルゲンに対して全部シロだったんだが。。。
というアタシの話を聞きながら、先生は受付の後ろで薬の箱をガサゴゾやってる。
で、診察室で2種類の薬を渡されて薬の説明をされる。
「症状が治まったら飲まなくてもいいからー。」
と言われ、もし余ったらこういうときにも効く薬だから、これは細菌性の膀胱炎にも効くよ、などとを教えられる。
「それと、この薬はどっちも2014年2月までの消費期限だからねー。」
と、薬の入ってる箱の消費期限を見せられながら言われる。
医者から処方薬の消費期限を教えてもらうのは初めてだ。

で最後に、奥の部屋から打ち出してきた明細書と領収書を持ってきて、
「1200円ねー。」
と。
しかし領収書をよく見ると「1280円」になっているのだが・・・。
5000円札を出すと、「あと200円ない〜?」と言うので100円玉2枚を出すと、ナント横から(多分自分の)財布を取り出して、千円札4枚を出し、
「はいおつりね〜。」と。
・・・レジがないのかここは。
しかも、80円とはいえ、医者でマケてもらったってのは初めての経験である。

そしてここではいわゆる「診察券」というのは作ってないらしく、返されたのは保険証だけ。

小さな医院ではあるが、絶え間なく患者さんはやってくる。
くるくると先生が一人で動いている。
後で旦那さんに聞いたら、昔はおじいちゃん先生がやってて、受付と薬は先生の奥さんが担当してたそう。
今やってるのは娘さん。といっても、オバチャン先生は多分もう60歳以上だな…。
オバチャン先生は、ここを継ぐ前は隣の市で病院勤務医をしていて、学生時からの専門は白血病だそうです。(先生と他の患者との雑談からの情報による。)

ちなみに処方してもらった薬を飲んだら、劇的に症状が良くなりました!
健康ってシアワセ〜。
やっぱ市販の薬はダメなんだな。
5日分処方されたのだが、飲みきっても治らないときはやっぱ花粉症の疑いアリだそうな。ギャー。

今日のててこ:なんだかオッサンくさい。
クリックすると元のサイズで表示します

★アマゾンは全商品送料無料だよ★


猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中
うちのててこもこのサイト出身です♪



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ