擬似PTSDに注意

2011/3/17 | 投稿者: きちゅー

3月11日の大震災以来、テレビをつけるとどの局も地震と津波の映像がオンパレード&そのリピテーションばかりであった。
最初はとにかく現状把握と情報収集ということもあって、テレビを終日つけっぱなしにしていた。
が、月曜の朝あたりからどうもなんとなく具合が悪くなってることに気がついた。
月曜は電車が止まって、未来の旦那さんを車で送っていったのだが、車内で彼がカーナビでテレビの音声を大きくして震災のニュースを聞いているのに思わず、
「もうそれ止めにしようよ!」
と声を荒げて言ってしまった。

「えー?でもまた緊急速報が流れるかもしれないじゃん!」
と言われたので、
「じゃあ音低くして聞いてっ!」
と高飛車にお願いをする。

とにかく、なんだか本当に憂鬱になったんだよー。

考えてみれば、津波に飲み込まれる街の映像と避難所生活の過酷さの映像、悲痛な被災者の声の繰り返しで、まるで、自分がものすごい勢いで津波が来るを実際に見て、自分の街を津波が襲って壊滅状態するのを目の当たりにし、自分の家族を津波にさらわれて、寒い体育館で避難生活をしている・・・
ような気になったのかもしれない。

いやいや、アタシは単に東京で震度5強の揺れに遭っただけだって。
超コワい思いはしたけれどもケガはしとらんし、家族も家も無事だ。
今は暖かい部屋にいる。
恵まれすぎだべ!
・・・。
うわーん。自分が生まれた東北ででっかい災害が起きたのに、自分は何もできないし!

・・・ハッ、これなんかおかしいぞ!
と思ったのは、twitterで心理士の方がつぶやいてた以下の二つの文を読んだときだった。

『身体がだるくなる、ボーッとする、涙が出てくる、妙な罪悪感が湧く、催眠にかけられたようにテレビの前から動けなくなる、不安状態にある自分に気づいたら、即刻テレビを消すか、必要なニュース速報のみが流れてくる全く違う番組に。http://bit.ly/ft9uJI

『災害が起こったとき「もっと大変な人達がいるのに自分は情けない」「何も出来なかった」と思うことからPTSDになる人がとっても多い。そんなことない、みんな怖いし、無力。悲しんだりショックを受けて当然なのです。どうぞ、自分を責めないで、自分に優しく。』


・・・ナルホド、テレビの威力というかマイナスの引力は恐ろしいな。。。
実際に津波に遭った方がPTSD(Post-traumatic stress disorder:心的外傷後ストレス障害)になるなら当然であり仕方のないことだが、
被害に遭うことなく、生かせてもらっている我々までもPTSDになることはないやんけ!

阪神淡路大震災でもそうだったように、今回も震災からの回復は長期化すると思われます。
震災直後の今、直接被災者の皆さんを助けられるのは、自衛隊や救助隊のゴッツい力のある兄やん達や専門知識のある医療関係者の皆さんでしょう。
しかしこの期間が一段落したとき、私達ができる助けもきっとあるはず。
被害に遭われた方たちがそれを必要とされる時、それに応えられるように備えておこう。

というわけで現在、自分の生活に直接関係のある情報以外は、シャットアウトしております。
アタシのように感受性の強い老若男女の方々は気をつけましょう。

ちなみに、うちの未来の旦那さんは地震以来、なんとなく「躁」状態になってるようです。
アタシの妹家族が被災したと聞いて、すぐに仙台市の緊急避難場所、炊き出し場所、給水所、急患受け入れ可能病院リストなどを速攻で調べ上げ、いつのまにか妹にメールしてた。。。
あと、非常グッズを超短時間でズラッと取り揃えたり、ハタから見ると「有事で張り切ってる」感じ。
こういう方々もまた、後でガックリ来ないよう充分気をつけましょう…。

今日のてるちゃん:避難場所。
クリックすると元のサイズで表示します

応援にぜひポチポチッとな!→人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

★アマゾンは全商品送料無料だよ★


猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中
実はうちのてるちゃんもこのサイト出身なんです♪



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ