一か月分の薬

2010/1/7 | 投稿者: きちゅー

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ ランキング参加中!

各地でドカ雪の情報が出ておりますが、うちの地元では
雪がキレイサッパリなくなりました〜。
年が明けたら、なんだか暖かい(といっても5℃前後)の日が続いて、降ってくるのも雪ではなく雨なんすよね。

その代わり、雪などめったに積もらない大陸(北京とかソウルとか)に降ったようですねぃ。
ま、雪がないのはよいことじゃ〜♪

しかし、だからといってこっちの体調はよくなるわけでもない。
あ〜なんか新年なのに気分が上がらないわぁ。

今日たまたま気付いたのですが、「一か月分の薬」って医者によって量が違うんすね。
ケーシー先生からもらう「一か月分の薬」は「30日分」なのに、バセドウ病でお世話になってる内科からもらう「一か月分の薬」は「28日分」である。
ビミョーな違いなようで、長い年月かかってると結構大きな差になるような。
てか、「28日分」って少なくね?そもそも28日しかない月なんて2月ぐらいしかないやん。

今朝、たまたまバセドウ病の薬を見てみたら、今週でなくなることが分かった。
が、今月は薬をもらう前に採血検査をしなければならないので、検査後数日経ってからまた処方箋をもらって薬を受け取らねばならない。
今日行けば土曜日までには検査結果が出るかな、と思っていたが、今日はなんだか気分がダルダルで内科に行けなかった。
じゃあ明日に検査に行けば月曜には検査結果が出るな…と思ってカレンダーを見たら、
世の中、1月11日(月)って祝日なのね…。(月曜日に振替休日すんのやめようや〜…)

12日の火曜日まで薬がもらえないのか。
そう考えると、「一か月分の薬」があと2日分多くあればよかったのになーと思ったのでやんした。
でも、バセドウ病の薬(メルカゾール)は、抗うつ剤や精神安定剤のようにそれを飲まないとその日具合が悪くなるというような薬ではないので、数日飲まずともそんなに影響はないんですけどね。

今日のくろこ画像:去年の画像なんですが。新年明けましておめでとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します
ニャニゴより元気に動き回っております(夜中)。

応援にぜひポチポチッとな!→人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ