サドバビッチな詐欺師たち〜SAD-BAD-BITCH★FAKERS 

【OUT】vo.【如月アキラ】のブログ
官能妄想大暴走の夜露死苦!哀愁!

 

カレンダー

2022
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

【Sadie Sads 】

クリックすると元のサイズで表示します
【Sadie Sads 】

日本のインディーズ/ポジティブ・パンク史における
唯一無比の存在、【サディ・サッズ】


メタル・パーカッションを大胆に取り入れた
その無機質で硬質なインダストリアルサウンドや、
アート嗜好の強い異端的パフォーマンスは強烈な個性を放ち
何処にも属さない類を見ない独特の世界観である。


サディ・サッズは
1982年にヴォーカルのサッドを中心に結成。

サッドの創作言語による無国籍風唱法、
スライドを用い舞踏的な要素を取り入れた
ステージパフォーマンスと独特の世界観で
ファナティックな存在感で際立っていた。


邦楽?洋楽?とかそういうレベルでなく
前衛的なアート感覚の実験音楽的を奏でる
無機質で斬新な呪術的異端児【サディ・サッズ】

ビジュアル的にもカッコヨク、
クールでシュールでカッコヨカッタ!


クリックすると元のサイズで表示します
『Box With Little Doll』
Released 1985

01.Day Dream / 02.Japana / 03.Junk College / 04.W.S.D.G. / 05.L.H.O.O.Q. / 06.Glas Brugh / 07.Psi-Tech House U.N.O. / 08.Holding Eazy / 09.Ai Thought / 10.Box With Little Doll


『ボックス・ウィズ・リトル・ドール』
このアルバムの装丁の異様さと言ったらなく、
複数のデザインから成る3000枚限定の箱入り仕様、
2枚組のLPは面によって33回転と45回転が混在するという
極めて異質な当時の自主制作盤では
考えられぬ豪華さであった。


今現在、こういう貴重な映像が見られるというのは
個人的に信じられない現実である。(画像は悪いですが・・・)
ただ、2,30年前のアングラ映像が
新世代の人達にどう映るかは別として・・・
サブカル全盛の一つの貴重な欠片です。

↓【Sadie Sads 】"Angora"
http://jp.youtube.com/watch?v=NC5c_4rk0to&feature=related





3
投稿者:如月
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ