サドバビッチな詐欺師たち〜SAD-BAD-BITCH★FAKERS 

【OUT】vo.【如月アキラ】のブログ
官能妄想大暴走の夜露死苦!哀愁!

 

カレンダー

2008
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

『ジュリー』

クリックすると元のサイズで表示します


♪毎日ボク眠れな〜い
やるせない!Ha!Ha!Ha!♪

本日は
70年代日本を代表するスーパー★スター!
『ジュリー』こと【沢田研二】だぁ〜!

『ザ・タイガース』、
『PYG』 1971年結成
(ジュリーとショーケン2大アイドルスター
 によるツインボーカルが話題)
(補足・この頃ショーケンは
太陽にほえろのマカロニ役で大ブレイク!)

〜を経て【沢田研二】ソロとして出発する
色々な意味でジュリーにとって
下積み時代と言っても過言ではない〜
(まだ、ギラギラとした派手さがない〜)

当時は歌と併用して
ドリフなどのバラエティ番組などにも
よく出演していたのでTVアイドル色が
印象強くあるのだが・・・

それは間違いだと思う!

『ジュリー』は次第に自分自身を最大限に
テレビというアイテムを巧く操縦して
時代とS E X したスーパー★スターだ!

また作詞:阿久悠、作曲:大野克夫の
ゴールデンコンビあってのジュリーだ!(下記参照)

『時の過ぎゆくままに』
TBS系テレビドラマ「悪魔のようなあいつ」主題歌
この頃の『ジュリー』は地味

クリックすると元のサイズで表示します

『勝手にしやがれ』
第19回日本レコード大賞受賞

『憎みきれないろくでなし』
 
『サムライ』
ビーズを施したシースルーの上に着た
ナチス親衛隊の衣装が物議を呼んだ
クリックすると元のサイズで表示します

『ダーリング』
クリックすると元のサイズで表示します

『カサブランカ・ダンディ』
ウイスキーを口に含んで霧を吹くパフォーマンス

クリックすると元のサイズで表示します

『OH! ギャル』
女性用のメイクで煙草を吸いながら
歌うパフォーマンスは賛否両論 本人曰く「最も嫌いな歌」


だが!何と言っても〜
ジュリーのNo.1の曲は★『TOKIO』★だ!
作詞:糸井重里、作曲:加瀬邦彦、編曲:後藤次利

クリックすると元のサイズで表示します

【TOKIO】映像↓(夜ヒット出演Ver.)
http://www.youtube.com/watch?v=lN1ynBWfah0&feature=related

この時の衣装がまた素晴らしい!
重さ13kgで製作期間2ヶ月 製作費用250万円だとか・・・
のちにビートたけし氏(北野武)が
「オレたちひょうきん族」の「タケちゃんマン」に
フィードバックしたためカッコイイと思ってる方が少ないかも(笑)

また、上の映像はギター&キーボードメインのアレンジだが、
ザ・ベストテン出演時はピアノのバッキングのアレンジで
個人的にはコチラのアレンジがGOOD!
映像的には(夜ヒット出演Ver.)がGOODだったので・・・

『ジュリー』はホント・・・
カメレオン的に曲を出す度に
イメージを変え
世の中に挑戦し
『あっ!』っと言わせた

勿論、歌だけではなく、
役者としても活躍した(汗)
一般的に代表作は
『太陽を盗んだ男』 
クリックすると元のサイズで表示します

『魔界転生』
クリックすると元のサイズで表示します
2作品が挙げられるんのだが、
ワタクシはTVドラマの
『悪魔のようなあいつ』が一番好きです。
3年前くらいに改めて観たけど新鮮でした
流石!久世光彦(「寺内貫太郎一家」「時間ですよ」など)
原作は阿久悠が描き三億円強奪事件をモチーフとした作品
本来は実際の時効成立まで
ドラマが続く構想であったという無謀な計画だったとか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

観ていない方は是非!

とにかく
『ジュリー』こと沢田研二は
度肝も抜くド派手なスーパー★スターだ!
電飾好きだしね〜(笑)
多分、日本で最初にカラーコンタクトや電飾ギターを
使用したアーティストはジュリーだと思います
とっても、センセーショナルだった!
電飾ギターの映像探したけど見つけきれなかった
(残念!削除されたかな???)

ジュリーVS あのギターリスト・・・
http://www.youtube.com/watch?v=BPWPs8r2EaQ&feature=related
ジュリー★ダイジェスト
http://www.youtube.com/watch?v=3Jy-Z2bPYf0&feature=related

SEE YOU NEXT!
0
投稿者:如月

『漫画日和でギャグマンガ日和』

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

今日は嗜好を変えて
コンナ感じで楽しんでくれ〜

『ギャグマンガ日和〜増田こうすけ劇場』を
御覧になった事があるだろうか?

最近お疲れの其処のアナタ〜
観てください!
疲れがぶっ飛びますよ〜
コンナ感じで〜↓(爆)

クリックすると元のサイズで表示します

『月刊少年ジャンプ』(集英社)に
2000年1月号から同誌が休刊となった
2007年7月号まで連載されたギャグ漫画!

2005年にはテレビアニメが
キッズステーションで放送され、
2006年には第2弾も放送された。
さらに第3弾が2008年3月17日により放送開始。

ココ最近の漫画では如月的に一番かな・・・
ストーリー展開とか何も考えなくてよく
非常にシュールなギャグやブラックユーモアを盛り込み、
全体的にダウナーな印象を与える不条理ギャグ漫画である。

この馬鹿さ加減の奥深さが素晴らしい!
アニメはテンポが抜群!

では如月的チョイスで何話かお楽しみ下さい↓
第1弾OPの曲の歌詞は素晴らしいね(笑)↓

【ギャグマンガ日和 第1話】
http://jp.youtube.com/watch?v=Yn83H1_KwSc&feature=related
【ギャグマンガ日和 第4話 終末】
http://jp.youtube.com/watch?v=ojen4GCGJqI
【ギャグマンガ日和2 第6話】
http://jp.youtube.com/watch?v=aClDbbeaU1Q&feature=related

SEE YOU NEXT!
0
投稿者:如月

『ROCK★STAR』

クリックすると元のサイズで表示します
DAVID BOWIE


ROCK STAR No.1★ = DAVID BOWIE
世界で一番素敵な表現者
〜デビットボウイ〜

今更改めて語る必要はないのだが、
まだ出逢っていない不幸なアナタの為に・・・

誰もが一度は名前は聞いた事は
あるだろう〜世代にもよるが・・・

ハッキリ言ってコノ人物は
一筋縄ではいかない〜
ただの音楽?ロック的観点だけでは
語れない〜

どっぷりと【DAVID BOWIE】という沼に
入り、グチョグチョにならないと
理解できないと思う!

簡単に理解できるわかりやすい
売れた曲などでわかったつもりのアナタは
もったいない〜

まぁ〜何につけても好みが
ありますからね(笑)

ヤッパリコレでしょ〜グラムロックの集大成↓
クリックすると元のサイズで表示します
『ジギー・スターダスト』
The Rise and Fall of Ziggy Stardust
and the Spiders from Mars(1972年)

コノ時期のグラム時代のボウイの映像なら↓
クリックすると元のサイズで表示します

何が凄いかって全てにおける、
ファッション、カルチャー、フューチャー、
宗教、哲学、政治などのイデオロギーを
コンセプト的に劇的に音楽に合わせて
虚構と現実の融合を醸し出した
世界で最もエキセントリックな
ROCK'N ROLL SHOW!を世界中で表現したロックスター!★

Ziggy Stardust映像↓
http://www.youtube.com/watch?v=6dQWzdUVMbI

奇抜な衣装は山本寛斎デザインで
冒頭のシーンは歌舞伎から取り入れた〜

コチラは個人的に好きなPV2作品↓
http://www.youtube.com/watch?v=CTuZVexkCQo&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=8ILryOHUXXQ


クリックすると元のサイズで表示します
今ではデヴィッド・ボウイは
超一流アーティストだが、当時は異端なカルト・スターだった。


自分をバイセクシャルと公言したり、
確かに↓あのルーリードとKISS?
・・・もう一人真ん中に・・誰?
クリックすると元のサイズで表示します

正解は↓
クリックすると元のサイズで表示します
ストーンズのミックジャガー

噂は噂かも知れないけど
明らかにそうです(笑)超越してます!

ボウイのアルバムで一番好きなのは難しい
ただ言えるのは一番好きな時期は
『世界を売った男』 - The Man Who Sold The World(1971年)
『ハンキー・ドリー』 - Hunky Dory(1971年)
『ジギー・スターダスト』 Ziggy Stardust (1972年)
『アラジン・セイン』 - Aladdin Sane(1973年)
の時期が一番ギラギラしててカッコイイ!

グラムロックは『T−REX』もいいのだが
ボウイに比べると比べ物にならないくらい
チープに感じてしまう。

爆発的に売れたのは
クリックすると元のサイズで表示します
『レッツ・ダンス』 - Let's Dance(1983年)
http://www.youtube.com/watch?v=30AVhf-ZLwM
http://www.youtube.com/watch?v=vF3SBrLrgmE&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=qSfndZfKFNU&feature=related

映像を見ていただければお分かりだろうが、
コノ頃のボウイはカルトスターではなく
超一流のPOPスターだ!
このカメレオン的な変わり映えが魅力である

1983年はボウイの年と言っても過言では
ないくらい大ヒットした
シングルカットするする〜

このブログでは書き記す事が
不可能だが、
チョッとだけでもアナタの人生のヒントに
なれば幸いです

最後にPVをどうぞ!↓

BOYS KEEP SWINGING - 1977
http://www.youtube.com/watch?v=OHg4MhX2XMw&feature=related
DRIVE IN SATURDAY - 1973
http://www.youtube.com/watch?v=jgJAyu-1ocI&feature=related
「1984 」 1974
http://www.youtube.com/watch?v=gH9WnSOISv0&feature=related

★ROCK STAR No.1★ = DAVID BOWIE★
「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」
0
投稿者:如月

あの頃のショーケンはカッコヨカッタ!(完全過去形)

クリックすると元のサイズで表示します
傷だらけの天使/木暮修

またまた、遡って
『傷だらけの天使』はご存知だろうか?

1974年10月5日から1975年3月29日まで、
日本テレビ系で放送されたテレビドラマ。
全26話

ヤッパリ、オープニング映像でしょ!

井上堯之バンドによる軽快なタッチの
オープニングテーマ曲で
皮ジャンを着て、ヘッドフォンを付け、
水中眼鏡を付けた修が眠りから目を覚まし、
冷蔵庫の扉を開き、新聞紙をナプキン代わりに首から下げ、
トマト、コンビーフ、ナビスコリッツ、
ソーセージに次々とかぶりつき、
口で栓を開けた牛乳で喉に流し込む。

カッコイイね〜あの頃のショーケンは〜

クリックすると元のサイズで表示します

一般的には、ビギの衣装をまとった
木暮修演じる、ショーケンを絶賛するが、
ワタクシは
片島三郎演じるショーケンを絶賛する!

そうです。
『前略おふくろ様』である。
クリックすると元のサイズで表示します
前略おふくろ様/片島三郎

表面的な派手さはないが
(むしろダサくてカッコ悪い不器用男)
内面的に滲み出るダンディズムが
またまた堪らない!
流石!倉本聰である

この作品もその街の世界観が
よく描かれていて人間模様が面白い!
特に
クリックすると元のサイズで表示します
渡辺組・半妻さん(室田日出男)

クリックすると元のサイズで表示します
渡辺組・利夫(川谷拓三)

クリックすると元のサイズで表示します
岡野海(桃井かおり)が
サブちゃんとおりなすヒューマンドラマが
面白い!

冒頭で
「前略おふくろ様〜・・・」と
ナレーションも手紙を読んでいる設定で
ショーケンが素朴な感じの語りがまたいい!

このナレーションの手法は後の
『北の国から』にも採用された。

こんな無垢で生真面目な男もまた憧れた
片島三郎!男とは内面そんな感じである↓
岡野海!また女とはそんなものである↓
http://www.youtube.com/watch?v=8bMcuFmcO_c&feature=related

嗚呼〜あの頃のショーケンはカッコヨカッタ(完全過去形)
1
投稿者:如月

探偵物語〜男は黙って工藤ちゃん!

クリックすると元のサイズで表示します
工藤俊作/松田優作

『探偵物語』はご存知だろうか?

1979年9月18日〜1980年4月1日に
日本テレビ系列で全27話が放送されたテレビドラマ。
主演の松田優作の中期の代表作。
(注・映画の『探偵物語』ではありません)

クリックすると元のサイズで表示します
工藤ちゃんと言えば帽子にスーツ。

実際に番組中に使用していたスーツ等は
"天下の銀座英國屋"謹製である。
(テーラーマツモト製との新説もある)

シャツは原色系で当時としては珍しい
ワイドスプレッドカラーの襟です。
間違っても「ボタンダウン」や「タブカラー」は御法度です。
シャツと同じ色のポケットチーフを忘れずに。

煙草の銘柄はキャメル(ソフトパッケージ)です。
(注・「マルボロ」と堂々と報じられておりますが
あれは間違いです)
補足:太陽にほえろではチェリー、俺勲ではMr.SLIMでした
クリックすると元のサイズで表示します

ライターはカルティエのシルバーのモノを愛用していたようです。
(注・百円ライターと記載されていますが、これも間違いです)
ココが肝!火力は最大!ボゥーッ!(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

コーヒーはサイフォンで
キリマンジャロ1:モカ2:ブルーマウンテン3のブレンドにこだわる。
基本的にはコーヒーに砂糖とミルクは入れない。
酒はドライシェリーのティオ・ペペを愛飲する。

クリックすると元のサイズで表示します

↓たまには事務所で魚を焼いたり〜(爆)
クリックすると元のサイズで表示します

寝るときはコレ!
クリックすると元のサイズで表示します

愛車は白のべスパPX150
クリックすると元のサイズで表示します

コレだけディテールに拘ったキャラクターは
中々お目見え出来ない!
流石!【YUSAKU MATSUDA】である
日本で一番好きな俳優である
作品で一番好きなのは『野獣死すべし』1980作品
その中でのリップ・ヴァン・ウィンクルの話を
しながら引き金を引き続けるがシーンは圧巻!
コレはまた別の機会に・・・

話を『探偵物語』に・・・
この作品は人によっては
松田優作入門編と言う優作フリークが多いのだが、
コレは決して入門編ではなく決定版なのだ!
放映当時マイナー的要素が多く
異色作としてとらえられていたが、
今となってはどうだろう〜?
その当時では理解できなかった多くの人達が
今では大絶賛しているではないか!

そうなんです。全27話で
工藤探偵事務所にまつわる人間模様と世界観を
描いた素敵なハートボイルド作品だ!
決してハードボイルドではなくハートボイルドだ!
わかるかな〜(汗)

この探偵物語はキャストも凄く新鮮で
中でも『竹田かほり』がメチャメチャ可愛い!
(現在・甲斐よしひろ氏の奥様)


クリックすると元のサイズで表示します
見ていない方は是非!
『探偵物語OP』↓
http://www.youtube.com/watch?v=Co17q2iBV_A
1
投稿者:如月
1 2 3 4 | 《前のページ | 次のページ》
/4 
 
AutoPage最新お知らせ