« 翌朝 | Main | 影響 »

2007/5/6


●板前レシピー第三弾・・・

今回は本格的かつ危険な料理をご紹介いたします。

題して「紅の豚料理」

クリックすると元のサイズで表示します


●用意していただく食材は・・・

*豚肉の角切り
*水菜
*長ネギ
*白胡麻
*焼酎25度以下(芋・麦・泡盛どれでもお好みで!)
*みりん・醤油
以上の何処でも手に入る食材・調味料です。


●ステンレス製の鍋が理想です・・・

焦げにくいステンレス製の鍋をご用意して下さい。
贅沢を言えば圧力鍋があれば最高です。

クリックすると元のサイズで表示します

鍋に豚角5cm角程度を入れ、焼酎が豚角に浸すまで注ぎます。
醤油・みりんは1対1の割合で、焼酎に色が付く程度(麺つゆの半分の濃さ)
かなり薄くて結構です。


●紅の豚は・・・

これからが危険な調理になります。
必ず調理が終わるまで鍋から離れないで下さい。
離れる際は火を止めて下さい。

強火で鍋に火を入れ、沸騰する直前に中火に切り替えます。
中火にしたら鍋の内側にライターで火を点火する。
これは焼酎のアルコールを飛ばす意味です。
この作業は危険ですから絶対子供は真似しないように注意して下さい。
焼酎、特に泡盛を使用する際は25度以下の物を使用する。

クリックすると元のサイズで表示します


●火が点かなくなったら・・・

出来れば圧力鍋で15分煮込むと良いのですが、無い場合はアルミホイルを使用。

クリックすると元のサイズで表示します

画像の通り、真ん中に切り込みを入れ落し蓋代わりに応用して下さい。
煮込み時間は、たれになる位に煮詰める事が大切です。

クリックすると元のサイズで表示します

この様にたれが飴色になれば出来上がりです。
およそ15分位です。


●仕上げは水菜を・・・

鍋にお湯を作り、おひたしを作る感覚で水菜を仕上げて下さい。
皿に水菜をひき、角煮を添え長ネギを白髪葱に切り白胡麻を添えれば出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します

以上ですが、くれぐれも火の扱いにはご注意ください。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ