2007/12/8

白子  

●揚げ出し・・・

以前焼き白子をご紹介いたしましたが、今回は白子の揚げ出しをご紹介!

白子を天ぷら粉で揚げます。
だし汁を注ぎます。
ただそれだけです。

しかし家庭では中々。。。


そんな手間を掛けずに当店で召し上がっては如何でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/8

頑固  

●食事中のマナー・・・

某牛丼チェーン店での事だった。
昼時に牛丼屋で昼食を取っていた。

カウンター席で食を取っている我輩の横に、50代の男性は食後の一服。
とは違い、食後の鼻かみというのか?
勢いよく我輩の横で鼻をかむのだ。

これって非情に不愉快であり、飲食店内での最低なマナー違反である。
我輩はそれでも我慢・我慢と自分に暗示をかける。
しかし。。。


●食後の挨拶を・・・

我輩 「食事中に鼻かむ馬鹿はいないだろ!」

男 「仕方ないだろ!鼻が出るんだから!」

逆ギレである。

我輩 「だったら便所でやれよ!」

男 「・・・」

無言というか、無視である。

我輩 「大の大人がマナーを知れよ!」

マネーには、マナーをというCMの通り、財布で背中を叩いてあげた。

男 「すっ、すいません」


こんな昼下がりの事であった。。。


●オヤジの説教は・・・

そう言えば我輩の頑固親父も「○○○な馬鹿はいね〜だろ!」

と怒りの一声が、この文句から始まっていた事を思い出し、苦笑したのであった。

やはり血は争えないと言う事だ。。。




あっ!でも一声の雄叫び以前に拳骨が飛んだな。。。


●思い出した・・・

我輩の幼少時代のしつけと痛み。

幼稚園時、TV観覧を夢中になると、口を開けてぼ〜っと見てしまう。
「口開けてTV見る馬鹿いね〜だろ!」と拳骨。


小学生低学年、階段に物を置くと、「ここは物を置く所じゃないだよ!」と拳骨。


中学時代、ステレオの操作を親父に説明すると、「そんな事、解ってるんだよ!」と拳骨。


反抗期時代「進学しないで働くんだ!」そんな我輩にグーてパンチ!


そんな頑固親父の怒りの鉄拳にて痛みを耐えたのだが、今では我輩の一番に尊敬する男である。。。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ