2007/7/18

接客  

●あるラーメン屋での出来事である・・・

ランチタイムと言うお得な価格販売は何処にでもある。

「お得なランチタイムサービス! ラーメン+半チャーハン 500円!」

これは安いぞ!
安さに釣られての入店!

別に旨さを求めた訳ではないので、旨い・不味い。
その点はどうでもいい話だ。
出来事とは?


●我輩がカウンター越しでラーメンをすすっていると・・・

次なる客がオーダー!

「ランチサービスの半チャーハンを大盛りに出来る?」

様はラーメンとチャーハンを注文すればいいのだが。
半チャーハン大盛りって?
半チャーハンの半の意味が解らないのだろうか?

店員 「半チャーハンの大盛りは無いんですよ!」
   「それでしたらラーメンとチャーハンを注文して下さい!」

客  「じゃ〜いいや〜」

ランチタイムという時間帯は可也忙しく、人権費など掛けていたら利益はでない。
店員はホール一人で走りながらこなしている。
そんな中、馬鹿な客の接客は大変であろうに。

我輩にも、これに近いお客様を接客する事が希にある。。。


●そう言えばこんな客が・・・

随分酔っての3名様来店だ!
冷酒の注文だった。

枡にグラスを入れ、グラスから枡にこぼれる程度の提供を行っている。
そんな提供に、こんな事を言ったのだ!

客「ちょっとー!おねえさん!もっとこぼしなさいョ!」

これ以上こぼしては、テーブルを濡らすだけと判断した我輩。

我輩「ママ、注がなくていい!」

客 「なんでよーもっと入れなさいよ!」
ママを睨むかのように怒鳴る客。

我輩 「それ以上こぼしてどーすんだよ! テーブル濡らすだろ!」
怒鳴られたら、相手より大きな声で怒鳴るのが礼儀だ!

客 「怒られちゃった〜!」

同席していた男性客は、流石に無言だった。


1時間後、そんな客は帰っていただいた。。。



出禁である。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ