2007/2/9

仕事  

●先週の仕事を振り返り・・・

今週ご来店して頂いたお客様のご要望が多かった料理は?

「白子」「塩辛」「しめ鯖」。。。


●日本の四季・・・

エルニーニョ現象や温暖化などの自然現象において怪奇となる。
冬なのに雪が降らない東京。
波乗り時に感じる、水温の高さは異常。
日本ならではの四季感が崩れ、旬を堪能できる事が少ない。

そんな怪奇現象といえる世の日本も、経済まで破壊する。
スキー場にすれば、去年と比べ売り上げが下がるというのは必然である。
我輩の仕事にしても、冬という季節に伴う料理注文は減り、海という自然環境も壊れ、魚介類の仕入れも困難になり、値は上がる一方。

逆に大繁盛と笑う声もある。
ゴルフ場、ディズニーランドなどの歓楽街。。。


●それでも勉強しなければ・・・

お客様のご要望がある限り、旨い・安い・安心の料理提供に力を入れます。

*今年の真鱈は、漁獲量は少なく値は高騰するばかり。
そんな冬ならではの白子を仕入れました。

*スルメ烏賊も去年と比べ、値も上がり仕入れが困難である。
なにせスルメといえど、烏賊わたが詰まった上物でないと塩辛のネタにならない。
そんな上物のスルメを仕入れ、自家製塩辛を仕込む。

*夏の旬、ひかり物の代名詞である鯖。
この冬の時期は脂の乗りが悪いながらも。贅沢に仕入れた鯖は!
関鯖を仕入れ、脂の乗った青光りしたネタをかる〜く〆た〆鯖を仕込みました。

そんな海鮮ものを日本の四季に拘り、旬という味を、旨い・安い・安心を提供する店。


「ひろ八」
です。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ