2018/12/8

冷え・・・・・  健康

今日は朝から曇り空の一日でした。

今年は冬らしくない陽気が続いているけれど、さすがに寒さを感じてる日が多くなってきました。

冬は身体が冷えやすくなるのも常なので、冷えについて調べてみました。

人間の平均体温は36.5℃位で、平均体温は体内の酵素が最も活性化され働く温度で、体温が1℃下がると、免疫力の低下や基礎代謝の低下、体内酵素活性の低下が起こると言われています。

その結果、風邪や感染症等病気にかかりやすくなったり、アレルギー症状がでやすくなったり、太りやすくなる・・・・・などの症状が出てきます。

体温が低くなることでおこる症状では、「風邪をひきやすくなる。」「太りやすくなる。」「疲れやすくなる。」「妊娠しにくくなる。」「早く老けやすい。」 「ガンになりやすくなる。」などがあげられるようです。

季節に関係なく、生活習慣や体つきでも、体は冷えやすくなります。

暑い時期は冷房や冷たい飲み物などで、体を冷やしてしまう事が多いと言われますが、他にも体が冷える要因として、「筋肉量や力が少ない。」「運動不足。」「お酒、たばこの影響。」「活動量の低下。」などがあります。

冷えを防ぐ生活習慣として、定期的に運動をするのも効果的です。
筋肉は熱生産するので、筋肉が増えると体温が上がります。また、基礎代謝も上がり、痩せやすい体作りにも繋がります。
有酸素運動は、全身の血液循環を促す効果もあります。

体を温める服装も大事で、腰、お腹が冷えないような服装、また手足等体の末端は血流が滞って冷たくなることもあるので、手袋や厚手の靴下の着用や指先の体操なども効果的です。

それからお風呂も血流の促進、リラックス効果などの効果も期待されます。シャワーだけでは体の芯まで温まりません。湯船にじっくりつかりましょう。

聞けば当たり前の事だけど、意外と忘れてしまって、冷える生活をしてしまいがちです。
もう一度あらためて思い出して、健康な冬を過ごしましょう!
(;^ω^)




4

2018/11/16

栄養ドリンク・・・・  健康

今日は朝からお天気の良い一日でした。

残業が続きや、睡眠不足や疲れぎみの時に、栄養ドリンクやエナジードリンクを飲んでパワーアップを試みる人は多いのではないでしょうか?

そんなドリンクについての記事がでていたので、ご紹介したいと思います。

「ある医師によると、「それらのドリンクは、ほんの一時的に、しゃきっとしたかのように脳を錯覚させているだけで、常用すると、疲労はむしろたまる恐れがあります」とのことです。

栄養ドリンクやエナジードリンクには、成分として大量のカフェインが含まれていて、目を覚ます、興奮する、血圧を上昇させる作用があります。

また、微量のアルコールが配合されているタイプもあります。これも興奮や気分を高揚させるように働きます。お酒が苦手な人が飲むと、その作用は大きく現れるとのことです。

こうした成分の作用で眠気がとれて疲れが軽くなったと感じることはあるでしょうが、それは錯覚であり、疲労が回復したのではありません。

アメリカでは、栄養ドリンクやエナジードリンクの飲みすぎによる健康被害や、影響を否定できない死亡例もあると聞きます。日本ではコンビニやスーパーで売っているので、危険性を意識しない人は多いと思います。

両方ともカフェインの覚せい作用を利用して、「元気になった」、「疲れがとれた」と錯覚させる点では共通しているのですが、疲労感を隠す作用はありますが、栄養ドリンクもエナジードリンクも、疲労を回復させる効果は実証されていません

本当は疲れているのに、こういったドリンクを飲むことで疲労感だけをとるのは、疲労を見すごして無意識のうちに蓄積させるため、非常に危険なのです。

栄養ドリンクの成分としてよく耳にするタウリンは肝臓で胆汁の生成を促進するなど、肝臓に働きかける作用が知られていますが、現在のところ、疲労を回復するという医学的な根拠はありません。
これもCMの文言をよく聞くと、「タウリン〇r配合」とうたってはいますが、「疲労が回復する」とは言っていません。

医学的に立証されているのはイミダペプチド(イミダゾールジペプチド)という成分で、鶏の胸肉や、マグロやカツオの尾びれに近い筋肉にも豊富に含まれています。

疲労の原因は、脳の細胞が活性酸素による酸化ストレスでダメージを受けることですが、イミダペプチドにはそれを軽減する抗酸化作用があることが明らかになっています。

イミダペプチドは、1日あたり200rを2週間ほどとり続けると疲労回復効果が現れます。鶏の胸肉の100gに含まれる量です。

鶏の胸肉は安価で調理もしやすいでしょう。イミダペプチドは水溶性なので、蒸す、ゆでるなどした場合は、残り汁もスープにして食べると、成分をあますところなく摂取できます。

疲労を改善するには、こういった成分に注目した食生活を送り、また睡眠の量と質を充実させながら、ストレスをためない日々を考えるべきです。

鶏の胸肉という身近な食材に疲労を回復させる成分が含まれていて、日常的に簡単に摂取できるのですから、疲れたからといって栄養ドリンクに走るよりも、まずは日ごろの食事を見直すことから始めたいものです。」

との事でした。
心当たりのある方、気をつけた方が良いかもしれませんよ!?


5

2018/11/6

まじっすか?・・・・・・・・  健康

今日は朝のうちはお天気も良かったのですが、午後からは雨が降ってきました。

患者さんの中には、血圧が高いとの医師に私的されお薬を飲まれている方がとても多くいます。
でも、ちょっと面白い記事を見つけたのご紹介いたします。
ちょっと長いですが、読んでみてください。

高血圧は脳卒中を引き起こすという説が、現代医療の常識となっています。
血圧が140を超えると降圧剤が処方されて、飲み続けることになるのですが、薬で血圧を下げると、かえって脳梗塞のリスクが高まるという調査結果もあるそうです。
本当に薬で下げる必要があるのでしょうか?

ある医師の話では、血圧は一日のうちでも大きく変動し、平気で50や60は上下するそうで、この医師自身の場合でも上の血圧で見ると、起床時は110くらい、車に乗って職場に着くと130になっていて、仕事を終えた直後は、緊張感が持続して160になっているし、駅の階段を上っているときなどは、200近くになるそうです。

「患者さんに階段を駆け上がらせて、てっぺんで医者が血圧計を持って待ち構えているようなもので、それで『あなた、血圧高いですね。薬飲みなさい』というのが今のやり方のようで・・・・一番のんびりしている時間帯に測って、低ければ何も問題はない」との事です。

しかも、高血圧の診断基準はどんどん下げられてきたようで、以前は、医療機関での受診を勧める「要医療」は180mmHg/100mmHg以上だったとの事です。

ところが、正常血圧を130/85未満とし、140/90以上を高血圧と判定した事で、治療の対象者数は190万人から一気に2670万人まで増加したそうです。

高血圧は作られた病気で、血圧の基準値を下げれば当然、治療対象者は増えます。
欧米では90年代に製薬企業が多くの降圧剤を開発し、その売り上げを伸ばすために政治家や臨床学会に利益供与を行い、WHO(世界保健機関)などに圧力をかけたそうで、彼らは“高血圧マフィア”と呼ばれ、日本もその影響を受けたわけです。

その後、欧米では歪められた基準に対して改革の機運が高まり、米政府は13年に、60歳以上で“年齢プラス90”までが基準値で問題ないと発表したそうです。

日本の医者は『本態性高血圧=原因不明』という病名をつけて、降圧剤を処方していますが、血圧は必ず理由があって上がるのです。その原因を突き止めようとしないで、血圧が高いから下げるという対症療法は最悪で医者の怠慢というほかないと言われる先生もいます。

原因を取り除かずに薬で下げても、また血圧は上がってくるので、薬の量を倍にしたり、複数の薬剤を併用したりするようになります。

現在、血圧を下げる薬には、めまいやふらつきを起こすなど副作用も少なくなく、転倒による事故や風呂場での水死につながる事例もあるが、最も懸念されるのは脳梗塞になるリスクが高まることだとか!?

脳梗塞は血圧が低いときに起きる疾患で、脳の血管が詰まりかけたとき、血圧を上げて血栓を押し流そうとしているのに、薬で血圧を下げたら命取りになります。

「私は降圧剤を飲んでいたせいで脳梗塞になった患者さんを何人も診てきました」・・・・と言われる先生もいらっしるようです。・・・・・・

いかがでしたか?
考えさせられる内容じゃないですかね?・・・・・


8

2018/10/2

だるい・・・・ですか?・・・・  健康

今日は朝からお天気の良い一日でした。

夏の疲れがそろそろ出始めている方も多いのではないでしょうか?
そこで、ちょっと調べてみました。

人間の身体は外気温に関わらず、体温を一定に保とうとする働きがあります。
上昇した体温を下げるために、汗は大切な役割を果たしているのですが、湿度が高いと汗の蒸発が妨げられて、体温調節などの自律神経の乱れが起こり、身体の不調を引き起こします。

それにより、食欲不振や消化機能の低下、また暑さによる睡眠不足が重なり、慢性的に疲労がたまる・・・・これが「夏バテ」の原因と言われているようです。

夏の疲れをとるためには、栄養バランスの良い食事を摂る事が必要だそうで、なるべく冷たい物は控え、温かい食べ物・飲み物を摂り、胃腸に負担をかけないように1日3食をバランス良く食べる事が大切。また疲労回復や体調維持のため、ビタミン・ミネラルの補給も大事だとか。

それから、生活の中でも、シャワーだけで済ませず、38〜40℃のぬるめのお風呂にゆっくりと入ることで、副交感神経が優位になるので一日の疲れも取れ、リラックスして夜もぐっすり睡眠がとれるようにもなり、回復力のアップにもつながります。

これらの方法を実践してみて、それでもなんだか良くならないときは、市販の栄養剤や胃腸薬などを活用してみるのも良いかも!?・・・・・

ご参考ください。
m(__)m

※明日は出張のため院はお休みになりますので、ご了承ください。


2

2018/9/22

ビタミン!・・・・・  健康

今日は朝から雲は多かったものの、お天気の良い一日でした。

何気に「ビタミン不足」の方が多くいらっしゃいます。
でも、ビタミンってそもそもなんなんでしょうかね?

って事で、少し調べてみました。

ビタミンというと、健康をイメージする方も多いでしょう。
実際に、ビタミンの「ビタ」(VITA)は、「生命」とか「活力」を意味する言葉で、生命に不可欠な物質という意味をこめて、名づけられたようです。

まさに、三大栄養素である脂肪、糖質、たんぱく質などとともに人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養素の一つなのです。

体の中でビタミンは三大栄養素の代謝を助ける働きをしていて、ミネラルと並んで微量栄養素といわれます。
脂肪・糖質・たんぱく質のように、エネルギーになるものではありませんが、それがないと体という“機械”がスムーズに働かない、いわば“潤滑油”のような働きをしているのです。

微量でも、その役割は大きいビタミンですから、不足すると病気に結びついてしまうこともあります。

例えばビタミンB1が欠乏すると脚気になるということをご存知の方は多いでしょう。

昔は玄米や七分づきの米を食べたので、ビタミンB1の多い外殻の部分もいっしょに食べていました。
でもいまは、おいしい白米を食べるので、精白でビタミンBやミネラルが失われています。

もちろん、精白米を食べたからビタミンB1が不足するというわけではありませんが、おいしい食べ物、豊かな食卓は必ずしも十分なビタミン摂取には結びつかないわけです。

ほとんどのビタミンはホルモンなどと違って、体の中ではつくれないので、どうしても食べ物など外から摂取しなければなりません。

日常の生活の中で、いつもビタミンの補給を考えることがとても大切です。

ビタミンCなどはよく話題にのぼるけど、他にビタミンの種類はどのくらいあるか御存知でしょうか?

実はビタミンには大きく分けて全部で13種類あります。

そして、それらは水によく溶けるビタミンB群やCの「水溶性ビタミン」と、水にはほとんど溶けないビタミンA、D、E、Kの「脂溶性ビタミン」に分けられます。

水に溶け易い水溶性ビタミンはたとえ大量に摂取しても、体に余分なものは尿と一緒に排泄されてしまうのでとり過ぎによる過剰症の心配はないとされています。

水溶性ビタミンは保存の仕方や調理によって壊れ易いので、どうしても不足しがちにもなります。

これに対して脂溶性ビタミンは、Eを除くA、D、Kのいずれも、大量に摂取すると体内に蓄積され、過剰症を起こす恐れがあります。

といっても通常食品からとっている量では心配いりません。

との事なんですけど、結局ビタミンと言うのは身体を活性化させたり、身体を軽く動かすのには必要な栄養素!って事です。

なんで、ビタミンと言えば果物!これとっても大切です!!


3

2018/6/12

梅雨の時期には・・・・・  健康

今日は朝から曇り空の一日でした。

ここ近年はお天気もなんかおかしくて、体調も崩れやすのではないでしょうか?
特にこの梅雨時はさらに不調になりやすいような・・・・・って事で、そんな時期を乗り切るヒントを調べてみました。

5月7日頃に奄美地方、続く8日に沖縄地方が梅雨入りしたと発表されました。
平年より1日ほど早く、昨年に比べては5日ほど早い梅雨入りとなりました。西日本・東日本は6月5〜12日頃、北日本は12〜14日頃に梅雨入りすると予想されています。また梅雨明けは例年7月21日前後となっています。

梅雨時期に起こりやすい体調不良と言えば、気温や湿度のばらつきによって自律神経の乱れが引き起こされ、その結果「体がだるい」「頭痛」「腹痛」といった症状が現れます。
また、一日の温度差の激しさから、「冷え」や「肩こり」の症状が出たり、風邪をひきやすくなったりもするそうです。

そんな時「ビタミンB群」を摂取することが対策となります。

ビタミンB群の中の「ビタミンB1」は、糖質を分解して、疲労やストレスに対して絶大な効果を発揮します。
ビタミンB1を多く含む食材には、玄米・発芽米・全粒粉パンなど胚芽つきのもの、豚もも肉、豚ロース肉、紅鮭などがあります。

また、「ビタミンB2」も、糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに変えるときに必要なビタミンで、ビタミンB1とともに、エネルギーを得て疲労回復するには欠かせない栄養素だそうです。

ビタミンB2を多く含む食材には、魚介類、牛乳乳製品、卵などの動物性食品や、納豆や緑黄色野菜、キノコ類にも比較的多く含まれています。

それから、食べ物には「体を温めるもの」「体を冷やすもの」があります。
梅雨の時期にはなるべく「体を温めるもの」を積極的に取り入れることがおすすめだそうです。

体を温める食材は、色が「赤・黒・オレンジ」のものが多いそうで、ごぼう、人参、レンコンなどの根菜、卵、赤身肉、チーズ、魚介類があてはまります。

逆に、温かい季節に育つ食材、例えば、トマト、キュウリ、ナス、スイカなど夏に旬を迎える食材は、体を冷やす性質があるので、食べ過ぎには要注意です。

また、たんぱく質の不足は免疫力の低下にもつながり、梅雨の不調からの夏バテ・・・・の負のスパイラルに入ってしまうので、注意が必要です。 

それから、睡眠も非常に大切です。
快眠のためにエアコンを上手に活用するのも一つです。

冷房で室温を26度前後に保つと寝やすくなります。つけっぱなしにすると体を冷やしてしまう原因にもなるので、タイマー機能を使って可動時間を調節することも!

それと、運動も大切です。
ストレッチと筋トレなど、1日10分からでもいいので実施してみると良いそうです。
運動のタイミングは、体の温まった入浴後が最も効果的ですが、空いた時間や気が向いた時でも大丈夫です。自分の負担にならない範囲で挑戦してみて下さい。

また、運動を行う前には水分補給を行うと得られる効果が高まります。水分を取り入れることで基礎代謝が上がります。その結果、水分の排出や体脂肪の燃焼が効率良く行われることに繋がります。

食事、睡眠、運動。普段の生活習慣の意識が梅雨時の体調を大きく左右する・・・・そうです。
ご参考ください。





5

2018/5/23

内臓の影響も・・・・・  健康

今日は朝から曇り空で、午後からは雨がパラついてきました。

肌荒れや肌のトラブルで悩んでいる方は結構多いようで、色々なクリームや化粧品に頼ったてられる方が多いようです。

でも、意外に「内臓が原因の場合も多いので、ちょっと調べてみました。
特に影響している内臓として「肝臓」と「腸」のようです。

病気にならないまでも肝臓の働きに負担をかけ続けていると、代謝が追いつかず、血流に乗って体の他の部分に有害物質がまわってしまい、肌荒れの原因になることがあるそうです。

さらに血色が悪くなり透明肌とは程遠くなるので、美肌を維持したい方にとって、内臓の問題は大いに気を配る必要があります。

また、肝臓は栄養の貯蔵庫でもあり、働きが悪いと摂った食べ物の栄養素が貯蔵できないため体に行き渡らず、これが肌に必要なビタミンB不足などに繋がり、肌荒れを引き起こすこともあるそう・・・・・。

バランスの取れた食事や、適度な運動が重要になってきます。
肝臓によいといわれるビタミンB群なども意識し、積極的に摂ることも良さそうです。

腸と肌荒れに密接な関係があるのは、ご存知の方も多いかもしれません。
でも、大腸の腸内環境悪化だけではなく、食物が通る順番に遡って、小腸や胃のコンディションも重要なようです。

腸は、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸の順になっています。胃で撹拌された食物は、小腸で栄養のほとんどを吸収し、大腸で水と一部のビタミンを吸収しています。
栄養素を吸収する腸が不調になってくると、必要な栄養が全身に行き渡らず皮膚の健康が損なわれ肌が荒れてきます。

ですから極端な便秘になると、体外に排泄しようとしていた毒物が腸内にとどまってしまい、本来の腸内環境を乱し善玉菌が減少、悪玉菌が繁殖します。悪玉菌の産生したガスなどは、血中に吸収され、また肝臓に負担をかけた結果、ニキビや湿疹などの皮膚トラブルを引き起こす原因にもなるそうです。

このように、ただ肌に栄養やお手入れしただけでは、なかなか改善されないわけです。
まずは、内臓を元気にしてあげてみてはいかがでしょうか?

ご参考ください。
m(__)m


3

2018/4/23

お天気で・・・・  健康

今日は朝から曇り空で、肌寒い一日でした。

ここのところお天気がころころ変わったり、温度差が激しくて、バテそう・・・・・なんて思いませんか?

実際、気象によって体調不良が引き起こされる「気象病」と言うものがあるそうです。

梅雨のこの時期、なんだか眠気が取れなかったり、体がだるい、頭が痛い、めまいする…などの症状が出る人いませんか?
「今日は低気圧だから…」というセリフもよく聞きますよね。でも、家族や友人に症状を言っても、「怠け者」扱いされたりすることも・・・・。

実はこれ、天気の変化で不調を感じる「気象病」という症状なんだそうです。

気象病って言うのは、天気の変化によって、体調不良を起こすことをすべて気象病と言い、熱中症や花粉症も含まれるそうです。
そういった中でも、低気圧の接近によって、頭痛や肩の張り、めまいや腰痛っていうような症状が悪化する“天気痛”があります。

昔は雨が降ると古傷やリウマチが痛くなったりしても、病院では「気のせい」と言われてきました。
ドイツでは古くから「気象と健康」を研究してきたたそうですが、科学的な裏付けはほとんどされていなかったそうで、20年ほど前になって、動物を使って“気温・気圧が下がると痛みの症状が悪化する”という発見をした結果、今では気象病や天気痛は病院でも認められるようになりました。

低気圧の接近、ジメジメした湿度が高くなることによって、自律神経が乱れることで、肩こりや疲労感などを感じたりします。

梅雨時期や3月末から5月頃、そしてこれからの台風シーズンは気圧の差が大きい季節のため、「天気痛シーズン」になるのだそうです。

実は、耳の奥の内耳という部分に、“気圧をキャッチするセンサー”があることが研究でわかってきているようで、気圧をキャッチすることで、実際に体が動いていないのに、動いているような錯覚を与えてしまうそうです。それが自律神経に作用し、様々な体調不良を引き起こしてしまうとのこと。

エレベーターや新幹線など耳がツンとしやすい、気圧の変化を感じやすい人は、天気による体調不良を感じやすいようです。

対処方法としては、まずはストレスを溜めないこと。
内耳の血流を悪くしないように、耳の後ろや付け根の部分をマッサージしてあげること。
さらに酔い止め薬も効果があるのだとか。

やっぱりそんな時期は家でのんびり過ごす事が一番?なのかもしれませんね・・・・
(;^ω^)

3

2018/3/30

減塩は・・・・  健康

今日は朝からお天気の良い一日でした。

患者さんのお話を聞いていると、「減塩」をされている方も少なくないようです。
個人的には「塩」と「塩分」は別として考えているのですが、「塩分や塩は身体に悪い」と言われる方が多いようです。

ところが、あるニュースの中で「塩分」と「高血圧」にはなんの因果関係も無い・・・・との記事を目にしました。
もし、関係があるならば、世の中減塩、減塩・・・・・と騒がれて、そういう風潮になっているのに依然として「高血圧」の人が減らない・・・・・とも書かれていました。

それが事実かどうかは分からないですけど、「塩」に関してはある程度の摂取は必要なようです。

もちろん、「塩」と呼ばれる物は自然のミネラルを含んだ「天然のお塩」です。一般的な安いお塩は「塩化ナトリウム」と言う化学物質です。

で、天然塩と言うのは、ミネラルが豊富なので、摂取すると血液がサラサラになるそうです。
「塩」と言うのは人の身体にはとても必要なもので、減塩で体調不良を起こされていめーる方も実際にいらっしゃいました。

また、昔からお塩と言うのは、とても貴重なもので、古代ローマでは兵士の給料に塩が支給(サラリウム・アルジェンタム)されていて、サラリー(給与)と言う言葉はそこからきているそうです。

兵士はその塩で他の商品を得ていて、塩が貨幣的役割を果たしていたわけです。
20世紀でも花嫁をもらうのに塩をいくら出す、と言うことが残っていたとの事です。

もちろん、過剰な摂取はダメだけど、適度な「塩」は絶対的に必要なのですから、これからの時期、特に汗で排出されてしまいがちですから、ちゃんと摂取されると良いと思います。

4

2018/2/14

外反母趾ってね・・・・・  健康

今日は朝からお天気の良い一日でした。

来院される患者さんの中には、「外反母趾」で悩まれている方も少なくないように感じます。

では、この「外反母趾」はなんでなるんでしょうか?
一般的には先の狭い靴を履くから・・・・なんて言う感じの知識が多いと思います。

ある整体の先生から教えていただいた話なんですが、「実はその逆で、幅の広い靴を履くからなるんです。」との事でした。

足と言うのは、平らな骨ではなくて、手の指と同じような感じで、その先に足の指がある感じになっています。
簡単に言えば、その指で浮いているような感じになっていて、その浮いている部分が「土ふまず」です。

ところが、幅の広い靴や大き目の靴を履くと、緩いので無意識に足の指を持ち上げて、靴を安定させようとします。(スリッパなども同じです。)
そうすると、土踏まずの所の骨「中足骨」と呼ばれるところが、親指側に倒れてきて、母指球のあたりを圧迫するようになって、外反母趾になっていく・・・・・と言う話です。

そう言えば以前農家の方が来られた時に、「外反母趾が痛くて」と、相談されたのですが、なんとその方、両足の親指が人差し指に乗っかるくらの外反母趾で、聞くと「私らハイヒールも洒落た靴も履いたことないよ。毎日ほとんど長靴だよ」と言われていました。

そう、長靴なんて幅広の代表のようなもので、その先生の言われている事がドンピシャな気がしました。

施術も曲がってしまった部分はさすがになかなか戻らないけれど、痛みはちょっとした工夫で改善したり、普段からなるべく鼻緒のある履物「草履や下駄」など言ったものがお薦めだそうです。

これ腰痛対策や予防にも効果があるそうです。

ちょっとした工夫・・・・これはなかなか文字や言葉で伝えるのは難しくて、誤解されたり逆効果・・・・なんて言う事もあるので、避けますけど、試しに家の中だけでも草履や鼻緒のある履物で生活してみるのも良いかもしれませんよ!?・・・・・

m(__)m

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ