2020/3/29

知らなかったもので・・・・  健康

今日は朝から雨が降っていて、寒い一日でした。

今流行りのコロナさん・・・・

ところで、ウイルスって何なのか?
皆さん知ってますか?

私、分からないので調べてみました。

まず細菌というものがあるのですが、それは、目で見ることはできない小さな生物です。
一つの細胞しかないので単細胞生物と呼ばれているそうです。

細菌は栄養源さえあれば自分と同じ細菌を複製して増えていくことができて、人の体に侵入して病気を起こす有害な細菌もいるようです。

一方で人の生活に有用な細菌も存在していて、人の体には多くの種類の細菌がいて、皮膚の表面や腸の中の環境を保っています。

ヒトに病気を起こすことがある細菌として、大腸菌、黄色ブドウ球菌、結核菌などが知られていて、抗菌薬(抗生剤、抗生物質)は細菌を退治するための薬です。

でも、抗菌薬が効かないもしくは効きにくくなった細菌もいて、これまでなら効くはずの抗菌薬が効かなくなると、感染症の治療が難しくなるだけでなく、手術の時や抗がん剤治療で免疫が低下したときの感染予防など、さまざまな医療が困難になるそうで・・・・・


で、本題のウイルスですが、細菌の50分の1程度の大きさで、とても小さく、自分で細胞を持っていなようです。

ウイルスには細胞がないので、他の細胞に入り込んで生きていきます。

人の体にウイルスが侵入すると、人の細胞の中に入って自分のコピーを作らせ、細胞が破裂してたくさんのウイルスが飛び出し、ほかの細胞に入りこみます。このようにして、ウイルスは増殖していくそうです。

人に病気を起こすことがあるウイルスとして、インフルエンザウイルス、ノロウイルスなどが知られていて、コロナさんもその一つです。また風邪はさまざまなウイルスが原因とされているようです。

ウイルスは大きさや仕組みが細菌と異なるので抗菌薬(抗生剤、抗生物質)は効きませんし、実際には、抗ウイルス薬というのは、まだ少数しか開発されていないとの事です。

コロナさんに対しての有効なお薬がなかなかできないのも、今の現状では仕方ないのかもしれませんね・・・・・

やっぱり自分の身は自分で守るしかないのかもしれません・・・・・「自分だけは大丈夫!」・・・一番怖い事かもしれません・・・・・・


4

2020/3/8

病気と性格?・・・・・  健康

今日は朝から雨が降ったり止んだりの一日でした。

性格と病気と言うのは相関関係があるとか?でだそうです。

で、性格と長寿の相関関係をめぐっては多くの研究成果が報告されているそうで、宮城県大崎保健所管内の40〜79歳の約5万2000人に対し性格や生活習慣を問うアンケート調査を実施して、その後12年間にわたって生存状況を追跡したそうです。

アンケートと言うのは「日常生活の中で大切なもの」を対象者に聞いたそうです。
そこでは、「仕事」と答えた人の死亡率が11%と最も低かったのに対して、死亡率が最も高かったのは、「名誉」と答えた人(28%)だったとか。

仕事に励んだことで『金銭』や『地位』『名誉』も得られるだろうし、それを目標に頑張る人もいるだろうけど、その3つが大切だと答えた人の死亡率は高かったとの事です。

金銭や名誉ではなく、目の前の仕事のやりがいに燃える人の方が長生きする可能性が大きいということのようです。

それから、せっかちな人は心筋梗塞になりやすいとかで、海外では命にかかわる病気と「性格」の関係を探る研究も続々と進んでいるそうです。

アメリカの心臓外科医の研究で、カリフォルニア州で働く39〜59歳の男性3154人を対象に、8年半の間に心臓疾患の発症率がどれくらいだったかを調べた結果によるもので、せっかちで競争心が強い」タイプはそうでないタイプに比べ、心筋梗塞の発症率で2.12倍、狭心症では2.45倍も高かったそうです。

さらに、「人の悪口をよくいう」人も心臓病のリスクが高まるそうです。

また、後の調査でそういうタイプの人は死亡率やそれ以外の病気のリスクも高まるという結果が出ているし、別の研究では言葉の暴力が激しい人は早く肺がんになりやすいとの結果が出ているそうです。

怖いもんです・・・・・
(;^ω^)


3

2020/2/28

マスクって効果あるの?・・・・  健康

今日は朝からお天気の良い一日でした。

最近は、ほんとマスク姿の方ばかりです。

ところで、マスクって本当に効果があるのでしょうか?・・・・・って思ったもので、調べてみました。

ある記事によると、マスク着用者の実に7割が「つけ方が間違っていて、感染予防効果がない」そうです。

ちなみに、中国で「普通のマスクはダメ。N95でないと防げない」という噂がSNSで出回ったそうなんですけど、N95のマスクは0.3マイクロメートル(スギ花粉の100分の1)の粒子を95%除去できるとされ、医療従事者が使用するものなのだそうです。

で、今が旬の新型コロナウイルス粒子の大きさは0.1マイクロメートルで、フィルターの穴を通過するため、飛沫は充分に防げるものの、感染を100%防げるわけではないそうです。

ドラッグストアなどにあるマスクは唾液や飛沫などの飛散防止を目的としていて、ウイルスの遮断が主目的ではないそうです。

でも、正しく使用すれば、新型コロナウイルス感染の予防効果は期待できるとの事です。

そもそもマスクは何のためにつけるかと言えば、「自分のせきやくしゃみの飛沫を遮り、他人に感染させないのが第一です。
もちろん、周囲からのウイルスをブロックするのが第二だし、のどの乾燥を防ぎ、汚れた手で顔を直接触らせず、接触感染防止にもつながってはいます。

「マスクは鼻の脇、頬や顎の下などに隙間ができやすいので、自分の顔のサイズにフィットしたマスクをつけること。

ウイルスはマスクの外側に付着するので、着用後は惜しまず捨てることだそうです。」

また、せきやくしゃみを手で受けると、手のひらが汚染源となり、他人に感染させかねないので、マスクもティッシュペーパーもない時は、二の腕やひじの内側、または服の胸元を引っ張り、服と体の空間に向けてするのがエチケットですよ。

最後に、コロナはどれだけ怖い?かと言えば・・・・・現状では、致死率は2%とされ、正しく予防すれば心配しすぎる必要はないとの事です。

あまりマスクを信用していなかったのですが、それなりの効果はあるようですね。
でも、ちゃんと付ける事、そしてマスクで感染を予防する・・・・と言うよりは、飛散防止?だと言う事を認識が必要かもしれませんね・・・・・?!


3

2020/2/5

こんなんでした・・・・・  健康

今日は朝からお天気の良い一日でした。

最近の話題は新型コロナウイルス・・・・なんですけど、そもそもなんだそれ?・・・・って事で調べてみました。

コロナウイルスとは、形態が王冠「クラウン」に似ていることからギリシャ語で王冠を意味する「コロナ」という名前が付けられたそうです。

人に蔓延している風邪のウイルス4種類と、動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類が知られていて、人に日常的に感染するコロナウイルスは、4種類あり風邪の10〜15%(流行期35%)はコロナウイルスが原因とされているそうです。

冬に流行のピークが見られて、ほとんどの子供は6歳までに感染しているそうです。。

ほとんどの感染者は軽症ですむそうですが、中には高熱を引き起こすこともあり、2種類のコロナウイルスが最初に発見されたのは1960年代であり、後には2000年代に入って2種類のコロナウイルスが新たに発見されたようです。

過去に大流行したSARS(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)やMERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)もコロナウイルスの一種だとか!?

新型コロナウイルス感染症の現状からは、人から人への感染の程度は明らかではないし、過剰に心配することなく、風邪やインフルエンザと同様に、まずは咳エチケットや手洗い等の感染症対策を行うことが重要との事です。

ウイルスに感染したのち、症状を発するまでの期間を「潜伏期間」と呼んでいるのですが、新型コロナウイルスの潜伏期間はまだ明らかになっていなようで、(SARS)や(MERS)の例から「最大14日間程度」ではないかと推測されているそうです。

結局まだ良く分からなて・・・・・・って言うのが現状のようだけど、「質の悪酷い風邪」みたいなもののようで、対策は風邪と同じようです。

あまく見ては良くないけれど、あまり神経質にならなくても良いようですね!?

早く落ち着くと良いですね・・・・・・




2

2019/10/18

意外と・・・・・  健康

今日は朝から曇り空の一日でした。

最近は何気に鼻水やくしゃみ、微熱、頭痛、喘息気味・・・・・なんて方が多いようなんですが、いかがですか?

実はこれ秋の花粉症で、意外と知られていないので、ちょっと調べてみました。

つらい鼻炎を引き起こす花粉は、スギ花粉、ヒノキ花粉以外にもほぼ一年を通じて日本中で飛散しています。

秋はブタクサ、ヨモギ、カナムグラの花粉に注意です。

花粉は春だけではなく1年を通して飛散しアレルギー性鼻炎(花粉症)を引き起こしています。
その中でも、秋の花粉症は要注意で、夏から秋にかけて花粉の飛散シーズンを迎える植物にはキク科のブタクサやヨモギなどがあり、全体の15%の人がこの季節に目や鼻の症状を訴えています。

時期としては、8月〜10月が中心のようです。

特徴としては、秋の花粉症の原因であるキク科のブタクサやヨモギは、河原や公園、空き地など市街地にも多く生息しています。

秋の花粉症であることを自覚しないまま、ジョギングや散歩の際に吸い込んでしまい、症状を悪化させる例もあるそうです。

スギ花粉症などのアレルギー性鼻炎(花粉症)の方は、秋の花粉症にもかかりやすいので、注意が必要なようです。

春の花粉と秋の花粉にはどういった違いがあるのでしょうか?

「通年病」になりつつある花粉症ですが、原因となる植物によって症状はそれぞれ異なります。

春のスギ花粉の場合は、花粉粒子径が大きいため、鼻粘膜に留まりやすく、下気道への影響は少ないとされ、そのため春の花粉症は鼻水やくしゃみが代表的な症状とされています。

一方、秋の花粉症の原因のひとつ、ブタクサ花粉は花粉の粒子が小さいため、気管に入ってぜんそくのような症状を引き起こすケースもあるとか!?

花粉の特徴によって症状が変わる場合もあります。
気付かずに放置してしまうと大変なので、鼻ムズを感じたら早めの対処が必要です。

なんだか鼻がむずがゆい、鼻水とくしゃみがとまらないなど、スギ花粉症患者の70%の人が季節を問わず、他の花粉症を発症しているといわれています。

意外と無防備な季節だけど、意外と春の花粉症よりも辛かったりする場合もあるので、注意です。

院でも「Foxy カード」のバージョンアップ版がもうすぐ入荷予定です。
もうしばらくお待ちください。
m(__)m

3

2019/8/24

秋の果物には・・・・・  健康

今日は朝からお天気の良い一日でした。

最近は、私も大好きな果物、梨も出回ってきて、そんなとこからも「秋」を感じさせてくれます。

秋の果物には肌を潤す効果があるものが多いとかで、美容効果?もバツグンなようです。
秋は空気がカラカラに乾燥し、体の中も外も乾燥しやすい状態になります。

夏の旬の野菜が体の熱を取ってくれる効果があったように、秋の果物は乾燥しがちな肌を内側から潤してくれる効果があります。

水分が多い、秋が旬の果物を選ぶと乾燥対策になるそうです。


「梨」は、薬膳では「生津(せいしん)」「慈陰(じいん)」などの効果を持ち、体の中から潤してくれる食材として有名です。
また、カリウムを多く含み利尿作用があり、梨に含まれるペントザンという成分は、肌のザラつきや吹き出物を防ぐ働きがあります。

それから、梨のシャリシャリ感を出す「石細胞」と言われる食物繊維は、血中のコレステロール値を減らす働きがあります。

美肌もダイエットも叶うかもしれません!


「ぶどう」は、ポリフェノールが豊富に含まれ、活性酸素を抑え老化を防ぐアンチエイジング効果がありますが、特にポリフェノールの一種である「レスベラトロール」にはシミ・しわの原因になる活性酸素を解消する嬉しい効果があります。


「いちじく」にもぶどうと同様、アントシアニンなどのポリフェノールが豊富に含まれています。
中でも注目したいのが、メラニン色素を抑え、美白効果がある「ザクロエラグ酸」。

夏の紫外線ダメージが残るこの季節は、いちじくの美肌効果で少しでも早く日焼けをなかったことにしたいところですね!?

また、水溶性の食物繊維を多く含み、腸内環境を整える効果もあります。美肌は腸の影響も大きく、秋に多い女性の便秘の解消にもお薦めです。


やっぱり旬な食べ物と言うのは、その時期に合った必要な効果を持っているのですね!?

特に今年は梅雨が長かったり、気温差が激しかったりして、体調も狂い気味で、秋に突入・・・・なんで、秋の果物、しっかり食べて体調整えてくださいね!
^^) _旦~~


2

2019/8/10

ちょっとお勉強〜?!  健康

今日も朝からお天気の良い、猛暑日の一日でした。

よく「免疫」と言う言葉は耳にするけれど、あまり詳しくは分からない・・・・・方が多いのではないでしょうか?

免疫と言うのは、おもに白血球の仲間で、さまざまな役割を持った「免疫細胞」がお互いに連携することで成り立っているシステムで、ウイルスや細菌の進入をブロックしたり排除する働きと、損傷を受けた体内の細胞を識別して排除する働きがあります。

免疫細胞は体中のいたるところに存在していて、その細胞が生まれる場所、訓練をする場所などもあります。

よく風邪をひくと扁桃腺が腫れるのは、免疫細胞が活発にウイルスと戦っている結果として炎症が発生しています。
( ..)φメモメモ

特に、免疫機能のカギは「腸」にあると言われていて、全身の免疫細胞の約7割が終結しているそうです。
腸って大事ですね!?

免疫には常に体中をパトロールしてくれている細胞と、その結果や伝達を受けて動き出す細胞の2つがあります。

パトロール部隊は、「マクロファージ」や「NK細胞」と言った時々健康番組でも名前を聞く細胞たちで、その後に控えている後援部隊は、その侵入者に対して効率的な対応で仕掛けたり、記憶したりして、次の進入時にもより早く対応したり、より攻撃パターンを増やしたりして体を守ってくれています。

なかなか凄い防衛システムを備えた人間さまの身体ですよね!?

身体の中では、そんな細胞一つ一つが必死に生きようと頑張ってくれているのですから、宿主の私たちも、もっと身体を大切に、生きていられる事を当たり前に思ったりもできないわけですよね。

生きている、命があるって、ほんと凄い事です!

4

2019/8/7

ここのところ・・・・  健康

今日も朝からお天気の良い、猛暑日の一日でした。

ここ数日、急に風邪?で体調を崩された方が、多くいらっしゃいました。
なるへく睡眠と、水分、そして、負担のかからない食事・・・・など気をつけられた方が良いと思います。

ちなみに「薬を飲めば治る!」と思っている方も、何気に多いかもしれませんけど、風邪薬には風邪を治す成分は入っていないそうなんで!・・・・・・

ただ症状を緩和させて楽にしてくれるだけなので、薬を飲んで治った・・・・・と思ったら大間違いですから、やっぱり良く寝る事が大事!なようです。

寝ると言う事は、身体を治すのに必要な時間で、副交感神経ってやつの活躍する時間でもあります。
なので「入院」と言うシステムがあるとか!?

夏は暑いので、汗をかいたり、エアコンで冷やしたりして、風邪がなかなか治りにくい環境でもあるので、風邪くらい・・・・・なんて油断をしていると、長引いたりして体調不良が続いたりもします。

折角の夏、体調管理に気をつけて、エンジョイしちゃってくださいね!
( ^^) _U~~

4

2019/6/29

梅雨を乗り切る「食」!?  健康

今日は朝から曇り空で、時々小雨がパラつくお天気の一日でした。

梅雨真っ只中の最近ですけど、そんな時期に「食」で体調を管理する記事を見つけました。

梅雨の時期になんとなく感じるだるさは、理由がはっきりしないだけに、どう対応していいかわからない人も多いでしょう。

中医学の教えに基づいて捉えてみると、梅雨の時期にあたる臓器は『脾(消化器官)』と捉え、具体的には消化機能全般の働きが悪くなる季節と考えます。

症状としては、胃もたれ、下痢、食欲不振、むくみ、関節の痛み、目やに、胸悶感、痰、ジュクジュクした皮膚の炎症、アトピー性皮膚炎など、胃腸や皮膚の不調が多いのが特徴だそうです。

いずれも身体の中に余分な水分が停滞することによって起こるのだそうです。

「湿気が絡むと特に身体が重だるくなり、痰やおりものが増えたり、締め付けられるような頭痛を起こしやすくなります。

この症状に陥りがちなのは、ビールやお刺身などの冷たいものや生もの、甘いもの、生野菜やフルーツが好きな人、また汗をかかない人も要注意です。

対応策としては、外と内から湿気を取り除くこと。

スポーツで汗をかいたり、辛いものや身体を温めるものを食べて汗ばませると良いし、芳香成分のある食材で気の巡りを良くしたり、『脾(消化器官)』を整えたり、利尿作用を促すものを食べるのが効果的だそうです。

では、芳香成分のあるものや、「脾」を整えるもの、利尿作用のあるものとは一体どんな食材なのでしょうか? 

「自然に沿ったものを食べる」という薬膳の基本的な考え方について教わりながら、具体的に見ていきましょう。

「薬膳の基本は、その人に合ったものや自然の流れに沿ったものを食べて生活をすることです。その人に合うというのは、体質やその日の体調に合ったもの。自然に沿うとは、簡単に言うと旬のものを指します。

特に日本はきちんと四季がある国なので、季節ごとの旬の食材には、その時期に起こりやすいトラブルを解消してくれるものが豊富です。

体質に合ったものや自然の流れに沿っていくと、『未病を防ぐ』ことやエイジングケアに繋がります。

梅雨の時期に食べると効果的な旬のもの

1)汗をかかせるもの  しそ、しょうが、ねぎ、香菜など

2)脾の働きを整えるもの トウモロコシ、ハトムギ、ソラマメ、カボチャ、サツマイモ、スズ キ、鯛など

3)利尿作用のあるもの 冬瓜、小豆、黒豆、サクランボ、アサリ、ハマグリ、昆布、緑豆、とうもろこしのひげ根など

また、季節の変わり目のことを、「土用」と呼びます。梅雨明け直後の時期は、ちょうど1年に4回ある「土用」のうちの1つに当たります。

『土用』は消化機能ととても関連の深い時期です。
季節の変わり目は体調を崩しやすく、特に胃腸が弱りやすいという方も多いのようです。

ちなみにうなぎは湿気を取って精力をつけてくれる働きが、また山椒にも食欲増進や湿気を取ってくれる作用があるそうです。

今年の梅雨は身体に余分な湿気を溜め込まないよう意識して、快適に過ごしたいですね。

いかがでしたか?

「食」って大事ですね!?
( ..)φメモメモ



6

2019/5/6

振動(波動)医療の現場で・・・  健康

今日は朝からお天気は良かったものの、風が強く吹いていた一日でした。

ドイツには「振動医学」と言うものがあって、いわゆる「波動治療」なのですが、そんな本の中に面白い話題が載っていたのでご紹介いたします。


日本の医療関係者がドイツの「振動(波動)医療」の視察に行った時に、そこのクリニック(一般内科)の先生が「ここでは患者さんの85%が治癒しています。」との話に、驚きの声が上がったそうです。

この驚きは、日本の医師に限らず、世界中の医師も同じ反応をするのではないか?と言うのです。

現代人は、病気になったら、病院に行けば良い。医者にかかればたいていの病気は治る」と錯覚しています。
でも、残念ながらそれは間違いで、本当に治せるのは、初期のガンや抗生物質が有効な一部の感染症くらいです。

他の病気は本人の自然治癒力で治ることはあっても、医学の力ではほとんど治せない・・・・と言うのが現実です。

「風邪を治せる薬ができたら、ノーベル賞もの!」と言われているそうで、薬を飲んで治ったように見えるのは、発熱などの症状を薬で抑えて、自然治癒力が働いてひとりでに治っているのです。

そんな内容の記事でした。
m(__)m

※明日から10日まではお休みをいただいております。グッズの発送やお問い合わせの対応など、11日以降になりますので、何卒ご了承ください。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ