2021/11/13

実際は・・・・・  整体師の独り言・・

今日は朝からお天気は良い一日でした。

グッズの「バスタイム ONE」が入荷いたしました。
よろしくお願いいたします。
m(__)m


来院される方で、腰痛や首痛の方など、お医者さんで「何番の骨がズレて痛みがでている」「何番が潰れていて神経を圧迫して痛みがでている」・・・・・と言われて来院される方も少なくありません。

でも、実際にそれが原因で痛みがでているのか?・・・・と言えば、一概には言えないようです。

そのズレや潰れている・・・・なんて言うのは、昔からかもしれないし、もしかしたら生まれつき・・・・なのかもしれません。
大体は、痛みがある時にしか、レントゲンなどで見たりしないので、痛い原因をそのレントゲンなどで見た部位にしているだけにすぎない・・・・場合も多くあります。

実際、ある施術の講習会で出会った先生の話ですが、その先生の頸椎(首の骨)の何番かは、レントゲンで見ると、90度ずれていたそうで、お医者さんが「これじゃ、痛みもそうだけど腕も痺れて大変でしょう・・・・」と言われたそうです。
でも、その先生、全然平気で、ただ興味でレントゲンを撮ってもらったら、そんな事になっていたそうです。

他の先生の話では、知り合いの整形外科の先生がレントゲン写真を持ってその整体の先生の所にきて、「これどう思う?」って見せてくれたそうです。

その写真を見ると、腰椎の4番、5番(一番下の骨です)がくっついて隙間もないくらいで、「これじゃ、歩けないだろうな〜」って判断したそうです。

でも、実はなんとその写真、その整形外科の先生自身のもので、やはり興味で撮ったものだったそうです。

ところが、その整形外科の先生は、トライアスロンも完走するくらいの方で、痛くも痒くもなくて、それ以来、患者さんにも骨がズレていて・・・・・とか、神経の圧迫が・・・・とか、言えなくなってしまったそうです・・・・・・

なので、あまりレントゲンなどの結果から、判断して直ぐにメスを入れたり、諦めたり・・・・と言うのはしない方が良いかと思います。

ご参考までに!・・・・・・・


※明日、明後日は出張のため、お休みになりますので、ご了承ください。
 m(__)m


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ