2021/9/13

秋の健康・・・・・  健康

今日は朝からお天気の良い一日でした。

最近、なんとなく身体がだるかったり、スッキリとしい方も多くなってきした。
季節の変わり目は・・・・・ってやつ?でしょうか?!・・・・

そこで、ちょっと秋の健康について調べてみました。

秋は寒暖の差があらわれやすい季節で、体調を崩してしまう人も多く、「毎年秋になると体調不良になる」などと体質に悩みを抱えている方も少なくありません。

夏に職場内の冷房や冷たい飲み物による体の冷えは胃腸の機能を低下させ、そのまま秋へと持ち越してしまいます。

秋は朝晩の気温差が大きくなり、身体が感じる冷えによってさらに胃腸の機能を悪くしてしまう恐れがあるため注意が必要です。

また、寒暖差は自律神経を乱し、身体のだるさや疲れ、頭痛を引き起こしたり、寒暖差によってアレルギー症状を発症することがあります。

寒暖差アレルギーの場合、目の充血はなく鼻水が透明であるという特徴があって、大きな気温変化によって鼻炎が生じる場合は寒暖差アレルギーである可能性が高いです。

それから、秋は空気も乾燥してくるので、汗をかいてもすぐに乾いてしまうため、水分を失っていることに気付かず、水分補給がおろそかになってしまうことがあるので注意です。

日照時間の変化が気分の落ち込みを引き起こし、季節性うつ病へとつながることがあります。

そんな秋の健康法は、身体を冷やさないように温かい飲み物や食べ物を食べて、お風呂にはしっかり浸かるようにする事・・・・

また、秋は喉の渇きを感じにくいので、そのぶん積極的に水分補給することが大切です。
水分を摂るときは、体を冷やさないよう常温のミネラルウォーターや白湯を飲むことをおすすめします。

それから、太陽の光を浴びることも大事で、自律神経の働きを高め、気分の落ち込みを解消することができると言われています。

規則正しい生活も有効で、正しい生活リズムを身に付けましょう。

秋は旬の食材が美味しい物が多く、また栄養効果も高く、サンマなどの青魚は良質なたんぱく質だけでなく、血液をサラサラにしてくれたり、悪玉コレステロールを減らしてれる成分が含まれています。

ほかにも、ナスは血管の柔軟性を上げる働きがあるし、ぎんなんは高血圧を改善し滋養強壮の効果が得られると言われています。

体調を崩しやすい秋・・・・・ちょっとした意識で健康に過ごせるのですから、気をつけてみてくださいね!

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ