2021/4/29

お休みでした。  整体師の独り言・・

今日は朝から雨風の強い一日でした。

私は20代の時に、いまで言う「パニック障害」になりました。
当時はそんな言葉さえなくてお医者さんに行っても「気のせい」なんて片付けられてしまいました。

そりゃそうですよね?!色々な検査をしても異常は見られなかったのですから、それを元に治療をしていくお医者さまからしたら、健康!としか言えませんし・・・・・

で、その時から、お医者さんはもちろん、民間療法や霊視?的なものまで頼って、なんとか改善しないものか?・・・・・とあちこちに向かいました。

なんせその頃は一人暮らしだったので、苦しくても、身体が動かなくても、働かなければ生活ができなかったので、冷や汗かきながらも、貧血?みたいな症状になりながらも会社行ってました。

でも、そんな時期に限って、出張が多くなったりして、乗り物に乗れば決まって、不安感と異常な汗、食事をすれば腹痛・・・・・で、カバンの中には正露丸1瓶突っ込んで、乗り物に乗ったら目をつぶって狸寝入り?を頑張ったり・・・・・・でした。

そんな生活をしていて、結局「もう治らないのかな〜・・・・」なんて思ったし、だったらもっと色々な仕事をして経験をしてみたい!と思って、居心地の良い会社を退社して他の職種に転職しました。

そうしたら、これがやった事の無い、私には苦手な職種だった事もあったし、住居も一新したもんだから、朝から晩まで・・・・いや24時間、必死?に生活をするはめになって・・・・・そうしたら気が付いたら・・・・・なんとパニックの発作がでなくなっていました。

後になって、思い出してみたら、乗り物に乗って外回りもしていたし、イベントなんて言うのにも参加しなければならなかったり・・・・・で、その必死な時間の中で、知らず知らずに発作も起こさず過ごしていたわけです。

それ以来、私のパニックはほぼ改善してしまいました。

病気って、待っていても治らないし、お薬やお医者さん等に依存しても改善しないし、必死になったり、気持ちを切り替えたり、開き直ったり・・・・結局自分で改善させるしかない・・・・のかもって、思いました。

こんな事言うと、先生は強いから・・・・なんて言われるけど、そうではなくて、もっと生きる事に命かけても良いのでは?って思います。

ほんと私、その時それくらいの決意で転職と引っ越ししましたから・・・・・



5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ