2020/7/10

免疫って・・・・・  健康

今日は朝から曇り空の一日でした。

よく、風邪やインフルエンザが流行っている時になど、良く寝るなど、規則正しい生活をするように・・・・と言われるけど、何故、規則正しい生活で風邪などの予防につながるのか、気にした事ってありますかね?

実は、免疫と「自律神経」って関係があるんです。

免疫機能は、身体を若々しく健康に保つ力でもあるのですが、ストレスが過剰になったり生活習慣が乱れたりすると、正常に機能できなくなります。
免疫が正常に機能するための鍵となるのは、自律神経がバランスよく働いているかどうかです。

自律神経には交感神経と副交感神経があって、交感神経はおもに日中、優位になって働いてくれる、活動力を高める神経で、血圧や血糖を上げたり、血液を筋肉や脳に集める働きがあります。

副交感神経はおもに夜間、リラックスしているときに優位に働いてくれて、身体を回復させる神経で、内臓の機能を高めたり、免疫機能を正常にする作用があります。

ストレスとかは、まったくない状態もダメで、多少はある方が生活にメリハリがつき、仕事や勉強も進めやすくなります。

でも、長期間にわたって強いストレスにさらされると、自律神経の働きが乱れ、常に交感神経ばかりが優位になってしまって、身体を回復させてくれたり、免疫機能を正常にしてくれる副交感神経が活躍できなくなってしまいます。

自律神経の働きは、心理状態に大きく影響されるようで、ストレスに対処することがポイントで、運動の習慣をつけることも大切です。

運動は免疫機能を向上させる他にも、生活習慣病を予防したり、脳を活性化させるなどの効果があります。

また、免疫機能を維持するためには、良質なタンパク賃、ビタミン、ミネラルが必要ですし、昼は交感神経が、夜は副交感神経が優位に働くという自然な切り替えをするためにも、睡眠のリズムを確保することは重要ですよね。

眠れなくても、決まった時間には暗くして、布団に入って横になるこれだけでも良いと思います。(スマホなんか見てちゃダメですよ・・・・・・)

それから、笑うと副交感神経が優位に働くと言われていて、NK細胞という、免疫をつかさどる細胞が活性化されることが分かっています。
面白い事に、たとえ作り笑いでもそのような効果がみられるそうです。

身体を温める事も良いようで、お風呂はぬるめのお湯でゆっくりと入浴されるのがベストで、シャワーだけでは身体が温まらず、交感神経が刺激されるため、あまりリラックスできません。

よい生活習慣の人ほど長生きであるという研究があるそうで、「喫煙をしない」「飲酒は適度か全くしない」「定期的に運勤をする」「適正体重を保つ」「7〜8時間の睡眠をとる」「朝食を食べる」といった習慣が多くある人ほど、身体的・精神的な健康度が高くなっているそうです。

生活習慣を改善する時期は若いほどよいのですが、年をとってからでも遅すぎるということはないのですから、こんな時期でもあるので、今からでもバランスのとれた生活をしてみてはいかがでしょうか?




3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ