2020/3/8

病気と性格?・・・・・  健康

今日は朝から雨が降ったり止んだりの一日でした。

性格と病気と言うのは相関関係があるとか?でだそうです。

で、性格と長寿の相関関係をめぐっては多くの研究成果が報告されているそうで、宮城県大崎保健所管内の40〜79歳の約5万2000人に対し性格や生活習慣を問うアンケート調査を実施して、その後12年間にわたって生存状況を追跡したそうです。

アンケートと言うのは「日常生活の中で大切なもの」を対象者に聞いたそうです。
そこでは、「仕事」と答えた人の死亡率が11%と最も低かったのに対して、死亡率が最も高かったのは、「名誉」と答えた人(28%)だったとか。

仕事に励んだことで『金銭』や『地位』『名誉』も得られるだろうし、それを目標に頑張る人もいるだろうけど、その3つが大切だと答えた人の死亡率は高かったとの事です。

金銭や名誉ではなく、目の前の仕事のやりがいに燃える人の方が長生きする可能性が大きいということのようです。

それから、せっかちな人は心筋梗塞になりやすいとかで、海外では命にかかわる病気と「性格」の関係を探る研究も続々と進んでいるそうです。

アメリカの心臓外科医の研究で、カリフォルニア州で働く39〜59歳の男性3154人を対象に、8年半の間に心臓疾患の発症率がどれくらいだったかを調べた結果によるもので、せっかちで競争心が強い」タイプはそうでないタイプに比べ、心筋梗塞の発症率で2.12倍、狭心症では2.45倍も高かったそうです。

さらに、「人の悪口をよくいう」人も心臓病のリスクが高まるそうです。

また、後の調査でそういうタイプの人は死亡率やそれ以外の病気のリスクも高まるという結果が出ているし、別の研究では言葉の暴力が激しい人は早く肺がんになりやすいとの結果が出ているそうです。

怖いもんです・・・・・
(;^ω^)


3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ